スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏が来ていた 

TRPG絡みのメモをわーどなぷれすさんにまとめたからこっちに上げてた分消そうかなって思ったら、まるっと一年前の記事でびっくりしました。今年だと思っていた……… ということは一年前は探索者3人だったってことか。
折角だからこのまま置いておこう。
ちなみに増えたと言っても今の探索者、ロストも含めて11人なのでめちゃくちゃ増えたと言うほどでもなかった。参加してる回数がそこまで多くないから継続もあまりしてなくて、ちょっとうずうずしている。継続させたい。
今月はKPでもPLでも数回遊ばせてもらえてありがたかった&楽しかったです!
そして一度遊ぶとまた遊びたくなる罠すごいよな。

っていう、あっという間にブログ空けて一ヶ月経っていたのでバタバタ書きに来たのだった。
連日書いた反動かな……
アホみたいに熱い日続いててげんなりしてるけど、ほどよく生きていきたいです。
環境ごちゃごちゃ変わってるのが疲れそうだーーー
楽しいこと考えよう。
FGO水着イベが思ってたよりボリュームあってひーひー言ってます。楽しい。モーさんかわいい。
モーさんかわいすぎてサモさん欲しい欲しいって念込めてたらピックアップできてくれました嬉しい!!!
種火はいつも通り使い尽くしたあとだった!!!
あとモーさんと言えばあぽくりふぁが楽しいです。赤槍格好良すぎないか……好き………
しかしあぽくりふぁはみんなさらっと名乗っちゃうのな。敵陣営にも名乗っちゃってるの見ると、いいの?!ってなってしまう。
※ブログを書いていない間にFate/sn全部とUBW映画版を見ていた人
※ついでに地獄少女一期も全部見た
活撃もすげーーーーーかっこよくてびっくりした。楽しいし楽しみだ。
配信で見てるのでどっちも一週遅れくらいの気持ちでいます。
あとは何あったっけ、珍しく家具を買い換えたり、廃棄予定の家具がまだ部屋に鎮座してたり、部屋改造計画やりたい!って意気込んで中途半端で飽きてたり、思い切ったお高めバッグを買ってみたりしたくらいだった……ような……

スポンサーサイト

連日書くのは反動みたいなもん 

フォルダ構成の整理していて今さら気付いたけど、私フォルダがたくさん並ぶの好きじゃないんだな?っていう。ファイルは平気。なのでフォルダ階層が深くなるし大分類が謎めいていくんだけど、20個30個とフォルダ並ぶよりはそっちの方が落ち着く…
結局突発データフォルダは解体できなかったし創作ネタは創作ネタフォルダに放り込まれただけです。
データとしてのまとめは別途作るしかない…
なんか数年に一度くらいのペースでデータベース的な物作りたいとか思い立ってそう。
毎度のことながら作り上がらずにいるんだけど。
そんなこんなで古いファイルとか見ていたら、昔読んでいたお話とかのデータもまああるので、こう、とてもなつかしいきもちになりました。古いファイル、しれっと10年以上前のファイルもあるから油断ならないよね…
バックアップの環境を整備したい。

んんん、書くネタないな?!
今日はなんか創作とは違うこと考え続けてたら創作構想ストップしました。早かった。
ところで来週にはもう7月に入るって昨日気付いてまじすかーってなっていた。1ヶ月ってあっという間…
旅行行きたい(脈絡がない)

引き続く 

今日のメモ。
紅葉やっぱり孤児院育ちじゃないかなって。で、女性同士のカップルに引き取られて育てられた。近所に住んでた宮菜夫妻は、男手が必要になることもあるでしょって時々手伝ったりしてた。実際男の子育てるのに分からないこともあって、宮菜夫に聞いたり朔良ちゃんに聞いたりとかしていた。朔良兄もたぶん遊んだりはしてたけど、弟できたみたいで嬉しかった朔良の方が構いまくってお兄ちゃんぶってたんじゃないかなって…
紅葉から見て女性二人は母親二人っていう形だけど、戸籍上は母と姉にあたる、三人の血は当然繋がっていない。本人たちが呼びやすいように呼んでいいって言ってるから、母さんと呼んだことはなくて名前で呼んでる。
……って考えていたけど、実際のとここういうのってどれくらい可能なんだろうかって考えてしまって決めきれずにいる。別に現代日本が舞台なわけではないから現代日本の法律に縛られる必要もないんだけど、というかそもそも法的に云々より、実際そういう暮らしをしている方たちがどういう感覚で生きているのかの方が個人的には興味ある。人それぞれだとは思うんだけど。
でもそんな境遇だったらなおさら朔良は紅葉に対して返事渋るんじゃないかな… 否定することもできないしする気もないけどすぐに頷くには迷いが多い、っていう。朔良兄は若干偏見持ってるだろうかってちらっと思ったけど、多分この家族でならいずれ解消はされるんじゃないかと思う。(どのみちそういうシーンは書きたくない)
これレナ側の話だったら育ての親だ!血の繋がりなんてないよ!ってさらっといけるんだけど、やっぱり現代(って言ってるだけではあるけど)側の話になると迷ってしまうな……

それにしても自分の中の創作構想捗るターンが雲錦→隼雪荘→カンナ君たち、辺りのループになってる気がして、Enとアナザ……って気持ちにはたまになる。新しく考えることが少ないから仕方ないにせよ。考えてる最中って楽しいんだよね。

そして雲錦物語のメモ見つけたよーーー 見たはずのページを完全に見落としていた。創作全般雑多の方。
まあタイトルしか書いてないんだけどな。

もそもそと 

ちぇすの家族構成と年齢差を、そういえばアナログでしかメモしてないぞって思って打ち込んでた。
PC内のファイル構成がもうぐっちゃぐちゃで、創作設定のメモをどこに置いたらいいのかが分からない…
一回気合い入れてフォルダ構成まるっと変えて整理したい。絶対ごちゃつく。
こういう時のwikiか…………… なんか、ツールを上手く使いこなせないってこういう時不便だなっていつも思う。

で、昔の設定メモだから当然紅葉のこと載ってなくて、どこに入れたもんかなーって考えつつ、朔良ちゃんがちぇすメンの入学と一緒に新米教師として赴任してきたって書いてあって(自分で書いてる)、マジすかーーーってなっていた。それつまり紅葉も一緒に入学してるやん……いいんかそれ……みたいな。一緒には駄目じゃないかなってかそんな上手くいくんかなってなって、じゃあ高2で転校してくればいいのでは、って結論付けたけどそれはそれで………いいのか………
紅葉の視野の狭さとか、安直さとか、そういうとこ朔良ちゃんは不安視してるんだなーとすごく客観的に思ったりした。でも多分高校卒業したくらいにはもうちょっとまともになってると思う。気がする。高校の間は多分朔良ちゃんのことと流衣のこと引き摺ってると思う。

で、紅葉の家族構成ってどんなだってのが想像できなくて迷ってる。きょうだいいそうな気もするし一人っ子っぽい気もするし、そもそも家族………?なんだけど、そこまで複雑にしすぎたくはない。朔良ちゃんとは10歳差でそれで幼馴染みってことは親同士が大分仲良いんだろうなってのが個人的には理想。で、兄弟みたいに育つ的な… って打ちながらそういえば朔良ちゃんの兄のことってどこにメモしてるんだって捜索の旅に出ていたし見つかってない。あと雲錦物語って言葉どっかに書いてるはずなんだけどどこだ………
決まり切らないまま時間切れ!
どっちかって言うと峡やんと紅葉のやり取りが今は書きたい。

(追記)
時間切れとは何だったのか。

現代の朔良って男なんですけど、女名っぽくしたくて付けたんですよ。
だから逆に兄貴は男らしい名前にしたくて孝太郎(笑)
(2009/10/19)


11:今後、オリキャラが増える予定はありますか?
胡蝶のメンバーが入ってくる可能性はありかと…。
メインメンバーが増える事はないです。脇役程度に何人かは出てきそうですが。
予定では、咲良の同僚、彼女を出したい、とか。
(2008/05/27)


兄弟ネタ見つけたついでに発掘した。何を言っているんだろう感がすごい(元々そういう予定だった)

書いたついでに 

日付見たらちょうど2ヶ月経っててoh...ってなった今です。マジか。
5月は東京行ってました(随分前の話だ)
2個下の記事に便乗すると、今6章序盤です。たぶんまだ序盤。なんか6章長いって聞いてるからきっとまだまだ終わらない。
蒼銀をちろっと読み始めているので(1巻まで、2巻は買ったけどまだ読めてない)ちょっとドキドキしている。
術ギルさんが再臨アイテムなくて無理じゃーーー!!!って持ってたフォウ君全部注ぎ込んでいたんだけど、騎金時さんイベの報酬で貰えると知ってイベント頑張ってる。がんば………うん。ほどほどに……
ストーリーのAP半分期間やったーって思ってたのに見事にイベントと重なってしまってろくろく進めれてないのがもどかしいです。しかしストーリーでの火力不足が深刻。円卓に勝てる気がしなくてもう金で殴る未来しか見えない。なんなんだあいつら………
イベントでの目標はライター集めと騎金時さんせめて1枚とあとは再臨素材系を片っ端からもらいたい。羅生門のお陰でなんだかんだで蛇がたくさん集まったので今枯渇してるのはなんだろう、歯車………?
なんかそんな感じです。
あぽくりふぁの赤騎にちょっとそわそわしつつ赤槍やっぱ好きだなーーーって悔しくなりつつ。あっ、カルデアにはインドの弓さん来ましたどういうことなんだ。当カルデアの星5が2人でインド兄弟ってどういうことなんだ。ピックアップでは新殺さんきてくれたの嬉しい。

もっぱらFGOばっかりになってるけどちょっと今日は唐突に創作ネタ?というか会話というかやり取りとかそういうのぽーんと浮かんでて、文にしてしまいたかったのにFGOに時間取られてた。駄目だこれ………
なんか、自創作の漢字名・片仮名名の混在っぷりに理由あるとしたらなんだろなって考える前にフェイ君のこと思い返してて、そもそもレナがフェイ君の創った世界である、地名も人名も何もかも彼の思考回路が原因になってる、ってのがある。で、フェイは元々アズレ側の人間で、植物人間の状態で眠ってる。眠ってる中で見ている夢の世界で自分は神様になって、自分の好き勝手に世界を創ることができている、っていう状態。からの、エイルがそこにちょっと作用して、朧気だった夢の世界が、実際に存在することになる。存在することになった結果、アズレにあったフェイ(人間)の意識は完全にレナに引っ張られてしまって、アズレ側の彼は眠ったまま死んでしまった。でもフェイがレナに来てしまったから、夢だった世界も消えることなく存在し続けている。やがて世界は分散したフェイの力で存在し続ける力を確定させて、いずれアズレのフェイが消えても世界が消えることはない、っていう状態まで力を蓄えた。
……ってなんか話が繋がったんだよね。元々アズレ→レナの夢の世界は考えていたけど、そんな儚い曖昧な世界にうちの連中いるのかよ……って思うと決めきれなくて放置してて、それが急に決まった感。これでアズレフェイが起きることもないから安泰だ(?)
でもこの世界の成り立ちを知っているのはエイルくらいで、フェイ自身知らない。フェイは自分で考えたと思っているけど、基盤にあるのは植物人間に陥る前のアズレのこと。だからいろんな世界の文化がごっちゃに混ざってる。ルイやヒサギには分からないけど、ひよりから見たらなんだこの地球をミキサーにかけたみたいな世界、って思えそう。
その辺りをお話で書くとしたら、エイル視点の話になるのかな………絶対書かないなそれ………

創作ついでに。雲錦の話書きたいね!!!(不定期)
デスクトップに 20150407_流衣と桐谷の話(未完).txt ってファイルがずっとあるのが気になって仕方がないです。
書けよ………
でも矛盾酷いからそのいっこ前からちょっと書き直したい、よ。
紅葉は朔良ちゃんのこと当たり前のように大好きなんだけど、当たり前のように好きという感情と同じ場所に流衣がいたりする。だから峡やんや槙から見て、とても厄介な鬱陶しい奴っていうレッテルを貼られてる。深次は多分、なんかそういうのとは違うんだろうなって漠然と思っててあまり気にしてないと思う。槙は直接紅葉に言ったりはしないけど、峡やんは喧嘩してそうだし言い負けてばかりなんだろなって。
紅葉の性格分かってる朔良ちゃんから見たら、頼むから余計に場を掻き乱すのはやめてって感じなんだろな… 大人びてて信念はあるけど視野が狭い。だから朔良ちゃんも紅葉に返事をすぐ返せなかった。
とかなんとか………書きたいというか読みたい。
あ、そう、それで私異世界ファンタジーよりもしかして現代に近い話の方が好きなのか………?って改めて考え始めて、確かに片仮名名より漢字名好きだしな、学生好きだしな、って考えからレナの世界構造に思考が飛んだんだ。
なんかそんなあれでした。

忍神の話 

先月と先日とで2回、シノビガミのセッション企画してGMやってました。
それにしてもTRPG参加経験がこれで………何度目だ、まだそんなないんだよね。
CoC参加が何回か、CoCのKPが2回、シノビガミGMが2回、忍者パラノイア参加1回。CoC何回だっけ…
ぶっちゃけた話をすると一番やりたいのがオフセでTRPG参加、シノビガミPLなんですが、どっちもまだできてません。オフセCoCの時がKP参加だったんだ……自分でダイス振りたいんだ………笑
いつかまた機会を作ってやるぞと狙ってます。できるはず。

そんなこんなでシノビガミをやってみて思ったのは、CoCよりもやること多いな!っていう点でした。数字的なルールがけっこうあったり、場合によりけりだったり組み合わせだったりで、すごくやることも考えることも判断しなきゃいけないことも多い。CoCって厳密なルールはあるけどロールプレイだけでもある程度進めたりもするから、設定を作り込まなきゃいけないっていう点では大変だろうし展開によっては考えることめちゃくちゃ多いだろうし比較するべきことではないと思うんだけど、頭の使う場所が違うなって思いました。
で、そんな予感がしていたからってNPCのキャラ設定を曖昧なままで挑んでしまった1回目では、NPCの動かし方に終始迷ってしまって機械的なキャラクターになってしまったかな……っていうのが反省点です。
それを踏まえて2回目はキャラの動き方というか行動方針とか、登場時のロールプレイだとか、そういうの考えて挑んだんですが、まあいざ始まるといろいろ飛んじゃうよね………っていうのがやっぱり反省点。でも1回目に比べたらキャラクターっぽさは出たのかな………って気はします。役割与えたからっていうのもある(1回目はほんとにただのNPC、2回目は使命の種類増えたのもあってPCとの友人設定ができた)
ルールの把握に関しては、分かってるつもりですっぽ抜けちゃうところもあるし、相変わらずダイス目をパッと見て成功なのか失敗なのか分からない。戦闘のターンがごちゃごちゃになる。そういう所多い。サイクル進めるにつれ自分の処理能力が下がっていくのは分かってるので、この辺うまく管理してミスしないようにしたい。厳格に正しさを求めるつもりはないんだけど、PLさん達が考えて動いたことを無駄にしないようにはしたい。
で、2回目のセッションでの一番の大反省点は、秘密のミス。格好付けて使命と秘密を画像で参加者さんに送ったんだけど、最後の一文(割と大事な部分)が抜けてる秘密があって、かなり迷わせてしまった。途中何度か、無理じゃない?とか間に合わないとか、手掛かりがないとか言われてて、その言われてる意味がしばらく理解できなくて、途中で相談した時に、は?え?は?!???ってミスに気付いた始末。びっくりした、し、本当土下座だった…
動画のリプレイとか見てるとGMさんのとんでもないミスの様子とかあったりして、そういうこともあるのか~って思っていたのに自分がやらかしてしまうと、本当にあるんだな………ってしみじみ思いました。確認、大事。

1回目で面白かったのは、シーン表をちゃんと毎回振っていたのであっち行ったりこっち行ったり……と思いきやなんか同じ場所ばっかりぐるぐる回っていたりで、PC同士が仲良くなっていたところ。みなさま順応性高い…
2回目で面白かったというか嬉しかったのは、判定に関わらないロールプレイで協力関係ができていたところ。ああいうやり取り見ていてすごく楽しい。
あと1回目の時は集団戦攻撃が多くて状態異常いっぱい発生していたんだけど、2回目はとにかくみんな殴るで、変調表振ったの1回だけだった気がする。
キャラクターの作り方とか流派の選び方とか技構成とか、似ている方々いるだろうなって思っていたんだけど、結構皆さまばらけていて見ていて面白かったです。いろいろな忍法見れて楽しかった。
2回目は使命のこともあってNPCをちゃんとキャラ付けしたつもりだったんだけど、アイコンに使った画像がメンダコだったせいもあり、最後の方ではほとんど名前呼ばれずメンダコって呼ばれてたのが面白かったです、火を使うけど。奥義でも燃やすけど。
最後の最後に些細な行動に「試しに技能振りますか」って持ち掛けてみたら見事にファンブル出して下さったのオチとして最高だったと思う。

1回目がほんと手探りな所だらけで、判定も分かっていないところあったりして、できることならもっかいやらせて欲しい感じ。次やる時はもっとギミックを増やしてみたい。

準備は大変だなって思ったけど、1回準備してしまえばあとはそこそこテンプレでいけると思ってるから次回やる時はそんな作業量多くないはず……
下位流派解禁したいって言ってしまってるからそこの資料と内容の把握とをしなきゃいけないけど。多分下位流派の敵対関係とか特性とか忍法とか咄嗟に出てこないぞ…でもやりたい。
すっごいどうでもいい小ネタだけど2回目のチュートリアルNPC倶裏虚はハグレモノの夜顔です。あほかな。そんなロール何もできてないけどいつか誰かが開催して下さったら参加したい(断られそう)

そんなあれこれ。
とにもかくにも楽しかったです!またやりたいぞー!!GMでもPLでも!
あとCoCやりたいし気合い入れてパラノイアやりたい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。