引き続く 

今日のメモ。
紅葉やっぱり孤児院育ちじゃないかなって。で、女性同士のカップルに引き取られて育てられた。近所に住んでた宮菜夫妻は、男手が必要になることもあるでしょって時々手伝ったりしてた。実際男の子育てるのに分からないこともあって、宮菜夫に聞いたり朔良ちゃんに聞いたりとかしていた。朔良兄もたぶん遊んだりはしてたけど、弟できたみたいで嬉しかった朔良の方が構いまくってお兄ちゃんぶってたんじゃないかなって…
紅葉から見て女性二人は母親二人っていう形だけど、戸籍上は母と姉にあたる、三人の血は当然繋がっていない。本人たちが呼びやすいように呼んでいいって言ってるから、母さんと呼んだことはなくて名前で呼んでる。
……って考えていたけど、実際のとここういうのってどれくらい可能なんだろうかって考えてしまって決めきれずにいる。別に現代日本が舞台なわけではないから現代日本の法律に縛られる必要もないんだけど、というかそもそも法的に云々より、実際そういう暮らしをしている方たちがどういう感覚で生きているのかの方が個人的には興味ある。人それぞれだとは思うんだけど。
でもそんな境遇だったらなおさら朔良は紅葉に対して返事渋るんじゃないかな… 否定することもできないしする気もないけどすぐに頷くには迷いが多い、っていう。朔良兄は若干偏見持ってるだろうかってちらっと思ったけど、多分この家族でならいずれ解消はされるんじゃないかと思う。(どのみちそういうシーンは書きたくない)
これレナ側の話だったら育ての親だ!血の繋がりなんてないよ!ってさらっといけるんだけど、やっぱり現代(って言ってるだけではあるけど)側の話になると迷ってしまうな……

それにしても自分の中の創作構想捗るターンが雲錦→隼雪荘→カンナ君たち、辺りのループになってる気がして、Enとアナザ……って気持ちにはたまになる。新しく考えることが少ないから仕方ないにせよ。考えてる最中って楽しいんだよね。

そして雲錦物語のメモ見つけたよーーー 見たはずのページを完全に見落としていた。創作全般雑多の方。
まあタイトルしか書いてないんだけどな。

もそもそと 

ちぇすの家族構成と年齢差を、そういえばアナログでしかメモしてないぞって思って打ち込んでた。
PC内のファイル構成がもうぐっちゃぐちゃで、創作設定のメモをどこに置いたらいいのかが分からない…
一回気合い入れてフォルダ構成まるっと変えて整理したい。絶対ごちゃつく。
こういう時のwikiか…………… なんか、ツールを上手く使いこなせないってこういう時不便だなっていつも思う。

で、昔の設定メモだから当然紅葉のこと載ってなくて、どこに入れたもんかなーって考えつつ、朔良ちゃんがちぇすメンの入学と一緒に新米教師として赴任してきたって書いてあって(自分で書いてる)、マジすかーーーってなっていた。それつまり紅葉も一緒に入学してるやん……いいんかそれ……みたいな。一緒には駄目じゃないかなってかそんな上手くいくんかなってなって、じゃあ高2で転校してくればいいのでは、って結論付けたけどそれはそれで………いいのか………
紅葉の視野の狭さとか、安直さとか、そういうとこ朔良ちゃんは不安視してるんだなーとすごく客観的に思ったりした。でも多分高校卒業したくらいにはもうちょっとまともになってると思う。気がする。高校の間は多分朔良ちゃんのことと流衣のこと引き摺ってると思う。

で、紅葉の家族構成ってどんなだってのが想像できなくて迷ってる。きょうだいいそうな気もするし一人っ子っぽい気もするし、そもそも家族………?なんだけど、そこまで複雑にしすぎたくはない。朔良ちゃんとは10歳差でそれで幼馴染みってことは親同士が大分仲良いんだろうなってのが個人的には理想。で、兄弟みたいに育つ的な… って打ちながらそういえば朔良ちゃんの兄のことってどこにメモしてるんだって捜索の旅に出ていたし見つかってない。あと雲錦物語って言葉どっかに書いてるはずなんだけどどこだ………
決まり切らないまま時間切れ!
どっちかって言うと峡やんと紅葉のやり取りが今は書きたい。

(追記)
時間切れとは何だったのか。

現代の朔良って男なんですけど、女名っぽくしたくて付けたんですよ。
だから逆に兄貴は男らしい名前にしたくて孝太郎(笑)
(2009/10/19)


11:今後、オリキャラが増える予定はありますか?
胡蝶のメンバーが入ってくる可能性はありかと…。
メインメンバーが増える事はないです。脇役程度に何人かは出てきそうですが。
予定では、咲良の同僚、彼女を出したい、とか。
(2008/05/27)


兄弟ネタ見つけたついでに発掘した。何を言っているんだろう感がすごい(元々そういう予定だった)

タイトルから白かった 

投稿してからタイトル書いてない事に気付いた。

絶賛引き籠もりデー。
一日中引き籠もった後にちらっと外に出るとなんだか違う世界に踏み込んだような気分になります。
酸素濃度の違いか…
最近引き籠もり率上がってるので適度に外に出るようにはしたい。
けどあまり出歩くとすぐバテるんだよな!
けど今日は朝ご飯作って掃除して片付けして作業してうとうとしてお茶して夜ご飯作って食べて一段落とかなんかそんな流れをできたので割とすっきりしてる。
リズムって大事ですね。。。

引き籠もっていたのであまり書く事がないや。
んんと。
白部屋考察引き続き。というかいい加減アナザ側考えようかっていう。
アナザを考えたくないのは特に迅夜と左翊がドン暗になるのが目に見えてるからで、一応主人公側な二人がひっどい事態になってるのを堂々と書くのは気が引けるなぁというなんかそんな感じなんですが私としては迅左が狂うのは全然問題なかったのでした。
寧ろ直視したくないのは黒翔かな。あの人あれで結構まともな人間なので、アナザメンバーの中じゃ一番狂うところを見たくないかもしんない。人の事を気にして身を滅ぼすだとか、幻覚見て自傷に走ったりだとか、そういうところが割と想像できないけど、すんなり脱出してくるとも思えない。閉所恐怖症な感じもないしトラウマがある訳でもないし、じゃあこの人どうなるんだか。精神力強い人が白い部屋で平気、みたいな訳でもない気がするので何かしらの影響は受けるとは思うんだけど、想像付かないなぁ。そもそもこの人閉じ込められる事がないのか。
どーでもいいですが上裸で片手で鏡割ってる図は好きなんですが黒翔には似合わない気がしてる。
影凜は物静かにじっと座っていそう。もしそのまま一生出られないとしても、狂う訳でもなく静かにそのまま息を引き取りそうな感じ。強い訳ではなくて全てを諦めてるような。黒翔も同じ目にあっていないかっていう心配をするよりも、黒翔が自分を探してこの部屋に入り込む事の方を心配しそうだけど、出入り口がないから大丈夫だと思ってる。私の事は綺麗に忘れて下さい、とか思ってそうだ。
ルジール二人がいつか迅左に捕まって、牢屋代わりに白い部屋に別々にぶち込まれるとかそんな流れになったら、脱出しようとしてもがいて危ない感じかもしんないけどそんな事になったら気付いた迅左が助けに行きそうな気がした。対決として戦ったり捕まえたりしようとするけど別に死なせたい訳じゃないもの。そ、そんな展開いいなぁ(※無い物ねだり)
迅夜は白い部屋に閉じ込められたら、暫くぐるぐる部屋をうろついて様子見て、壁に向かって暫く呆然として、でも振り返っても真っ白で何も変わらなくて、次第に苦しくなって、しゃがみ込んで身を小さくして堪えていそう。何も見ないように目を閉じてるけど、悪い夢を見たり想像が過ぎったりして徐々に疲弊していく感じ。なんか壁に頭打ち付けてる図が想像しやすい。
左翊は真っ白っていう清潔感の塊みたいなものが落ち着かないだろうな、暗所の方が慣れてる。あと適度に広い方が監視されてるような錯覚に陥って嫌かもしれない。多分鏡も見れない。段々真っ白な部屋が真っ赤に見え始めて幻覚に捕らわれそうな。
莅黄は想像が容易なんだけどちょっと可哀想なので保留にしておこう。
蔵・ルクス・晴乃ん・右華辺りはまだキャラ立てが強くなくて想像が難しい。
ダリアはそもそも部屋に閉じ込められない。無理だこのねーさん。

なんかそんな感じに落ち着きました。
これ4人一緒に放り込んだらまた違った結果になる、よなぁ。左翊が居る時点で迅夜は気を張るし、黒翔がいるから影凜はピリピリしてる。黒翔自身は変わらないだろうけど周りが割と影響を受ける連中なのでもし自傷に走った時は盾になりそう。これ最初に黒翔さん死ぬパターンなんじゃ…

案外En側よりはマシかもしんないけど単に人数に対する割合な問題な気もしてきたのでした。

続・真っ白闇 というより改 

558.jpg
なにもない

昨日の白い部屋考察がちょっと浅すぎたなーという事でもう一度考えてみた。
・・・・ら、大分鬱鬱としてきたので追記に仕舞い込むよ!
こういう精神構造みたいな考察は楽しいけど考える集中力があまりないのと時間を上手く作れないのとで深く考え込む事がないんだよなぁと思ったりなんたり。でももっと色んなケースで考えてみたいなぁ。
暗闇状態のとか。
しかし真っ暗闇の6畳間に20人近くを押し込むのはそれはそれで精神状態狂いそうだ。

[ Read more ]

真っ白闇 

火曜日。
仕事での作業量が結構な量あるのになかなか立ち上がり悪くて進みません。
なんでだーー
前のリーダーさんに頼りっきりだったところもあるしなぁ。
がんばる。
でもちょっと出しゃばりすぎてる気がして時々自分に嫌気が差すよ。

創作考察。
真っ白で出口のない部屋に閉じ込められたらどうなるか。
そもそも真っ白で出口のない空間に閉じ込められたら私はどうなるんだって辺りから考えないとどうにも想像付かないのだけども。入った事もない空間について考えるの難しい。
そんな事言ってたらファンタジー世界なんか書けないけども。なんていうか精神状態とかその辺り…って言ってたら自信過剰もヤンデレもナルシストも狂人も書けんがな。
ともかく考えるのは難しいって事。
ついったーで考えてる方がいらしてそれに便乗した形なんだけども、その方は空間にキャラ全員を閉じ込めたら、っていう内容で書いてらしてた。んだけど、それうちでやったら真っ白な部屋じゃなくなるわーとか、案外人が居るってだけで落ち着いていられる人もいそうなので単体で放り込んでみる。
あと、真っ暗な部屋っていう設定だったら、全員放り込んだ方が疑心暗鬼に陥って面白いのかもしんない。
前置き長いわ。
遊:手探りで壁を探す。探してぐるぐる部屋の中一周して、2,3周くらいしたら壁に向かって炎ぶつけて、それでも出られなかったら壁により掛かって座り込む。
竜:辺りを見回して水をぶつけてみて出口がないって気付いたら壁に寄り掛かって座る、いつの間にか寝てる。
涼:びっくりしてきょろきょろ→不安そうにきょろきょろ→名前を呼んで人を探して一人きりって分かったらぺたんと座り込む。
光:風の声が聞こえないって気付いたら名前を呼んで人を探して辺りぐるぐる見回して涙ぐむ→座り込んで俯いて思考回路を閉ざす
峻:呆然と立ち尽くす→立ってるのに疲れたら座る
シーズ:困ったように笑う→立ったまま壁に寄り掛かる
流黄:辺りを見回してから部屋の隅で立ってる
真鈴:暫くはうろうろしてる、そのうち座って目を瞑る
烈斗:爆破→爆破→叫ぶ→疲れたら壁に寄り掛かって座ってる
霧・雨:人を探す

アナザ側分からん!!分からんというかなんか…分からん(同じだ)
というか、アナザ側で真面目に心理状態の考察してそれを書き出すっていうのがなんかものすごくこっぱずかしい。
うん、そんな感じだ!
ここまで!

パッチワークと花畑 

取り立てて何か書けるような事がないと空けてしまうなーと。
うううん創作語りかな、何かあったかな。

私の中で創作というかうちの連中に関する事って、基本的に好きなものの固まりです。
本当に固まり。そしてそこに満足してる。
だから、苦手なものだとか、好きじゃない要素だとか、考えてて楽しくないものだとか、そういうのはあまり入らない。
お話を書こうとか、創作をしようとか、そういうスタンスじゃないんだろうなぁって思う。
うちの連中を、書きたい。考えたい。
好きなものを集めるというよりは、好きになったものを加えていく感じ。
あちこち隙間だらけのパッチワークみたいだと思うのです。
もしくは、だだっ広い庭に花を植えていく感じ?
どの布だとか花だとか、そういうのをどこにどう配置して、今後やって来るのは何色で、とかそういうの考えない。
新しいの入荷したけどどこに配置しよう、ここにこの色があるからこの辺りでいっか、とかそんな感じ。
雑然としてるし後々上手く噛み合わなくなるかもしれない一回全部リセットしてやり直さないといけないかもしれない。
でも配置してる時がすごく楽しいし、布や花を探してる時も楽しい。
リセットするには思い切りが必要だけど、やろうと思ったらやれる方だと思う。
そんな感じだなーとぼんやり思ったりするのでした。
ので、例えば今って若いキャラばっかりだけど、最近ちょっと好きな年齢層の幅が広がってオッサン欲しい!欲しい!ってなって、それでオッサンを配置するならどこに置けるかなーとか考えてしまう。こういう時って大体、今居る連中の近くに置く事が多い。全く何も無い場所に置いたら、それはそれで今後が面白いのかも知れないけど、周りにまた新しい何かを置かなきゃいけないから。そうやってじわじわ広がっていってる感じ。因みにオッサンは結局今の所SとかKとかあの辺りにぽーんと投げ込まれた(笑)
ぽんぽんと深く考えずに投げ込むから(そして投げ込んでから考える)、矛盾が起きたり似たようなのばっかりになったりするけど、ぶっちゃけそうやってるのが楽しいからやり方を変えないのだった。
私の創作世界が全部大概繋がってるのはその所為です。
こういうやり方が好きじゃないとか気に食わないとかそういう人も居るかも知れないけど、まぁ私は私だっていう(笑)

そんなノリと勢いでやってるから本編がなかなか進まないんデスヨネー
ifの世界を考えるのがすごく楽しい。
本編もちゃんと形にしたいと思うけどね。
最近、形にしたいって思う理由がちょっと変わってきました。
忘れないように、って感じに近いかもしんない。いつか忘れちゃうかもしんないから、残しておきたいなーっていう。
忘れる前に書き上げたいです。あれっ、なんかスパンが長くなったぞ!

そんなこんなでした。だらだら書いてしまった。
取り敢えずオッサン書きたい。