スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【TTSS】「予言或いは遊戯」 

+++++

「はーやと君」
 軽快な声と共に降ってくるのは、鋭利な殺気と氷の雨だった。比喩でもなんでもない、仮に例えるとしたら針の雨だろう。音もなく降りしきる雨は、次々と地面に突き刺さって消えていった。声が聞こえるよりも前に後退していた隼人には、一本たりとも刺さらなかった。
「なんだ、つまらない。全部外れかな?」
「外れだ。用がないなら帰れ」
 そうは言わずにさ、とビルの影、路地裏の隙間から現れたのは、さらりとした白髪を揺らす長身痩躯な男だった。自身の背丈ほどはある棒を背に、声と違わない笑顔と軽い足取りで近付いてくる。ただしその目は少しも笑ってはいなかった。
 ぴたりと足を止めたのは、隼人から十歩ほど離れた場所だ。首を傾げてにこりと笑った男は、真っ直ぐ隼人へと凍て付いた視線を投げ付けた。
「いい話といい話、どっちから聞きたい?」
 極々短い導火線に火を付ける心地を覚えながら、隼人は男を睨み付けた。何の手応えもないということは分かりきっていたが、そうでもしなければ導火線など無いも同然だ。頭の中では九割以上、腰に手を伸ばしている。
「聞く意味が分からない。どうせ悪い話の二つ三つ押し付けに来たんだろう」
「まあ俺にとっての『いい話』が隼人君にとっての『悪い話』っていう可能性は否定しないかな」
 目を細めて首を傾ける男の表情は、平穏な街中であれば人好きのするものだったかもしれない。少しでも裏の世界を覗いたものであれば、竦み上がるような気味の悪い予感を覚えるだろう。慣れきってしまった隼人にとっては、ただただ苛立ちを覚えるものとなっていた。武器を手に取らないまま最後まで聞いてやった自分を褒めてやりたいが、とっとと撃ち殺さなかったことを責め立ててもいる。
 コツン、と石造りの道に棒が突き立てられる。
「ひとつ、俺の弟子が君の息子と遭遇したみたいだ」
 じと、とあからさまに様子を窺う目が疎ましい。男の作り物の青い瞳は、「さあどうだ?どうだ?」と問い詰めるように隼人を眺めていた。あの両目を撃ち抜ければどれだけ気が晴れるだろうかと思案して、しかし悔しいことにこいつの話を聞かなければならない状態へとなっていた。
「それがどうした。干渉しないんじゃなかったのか」
「干渉はしてないよ。様子を時々覗いているだけ。君だって気に掛けているだろ? だから」
 パァン、と、空を切り裂く音を奏でた。
 一発の銃声に、表通りの空気がいくらかざわついた。ざわついて、すぐに雑踏へと紛れていく。負傷者はいない、銃弾も残らない。男の白髪が僅かに揺れた、それだけだった。男の背後の空間に白く亀裂が入ったのが見え、この空間が表通りからは遮断されているのだと気付かされた。
「久しぶりの俺の勝ちかな?」
「次は当てる。その前に用件を言え」
 冷え切った声に、男はようやく満足したように笑って見せた。人の神経を逆撫ですることが趣味だと公言しているかのような態度が、どこまでも気に食わない。空間に走った亀裂はいつの間にか消えていて、何事もなかったと言わんばかりに平穏な表通りの景色が映っている。
「ふたつ、邪神様はどうやらとっくに目覚めていたようだ」
 男の笑顔とは裏腹に、ぞくりと背筋を冷たいものが落ちていった。氷なんて生温いものじゃない、光の一切届かない深い闇、そこから伸ばされた手に掴まれたような、連れ去られたかのような悪寒だ。そしてこれは自分自身の感覚ではない、一番案じていた者の感覚だ。
「どちらにせよ、俺にも君にもできることはもうない。待つだけだ」
「仕組んだのはどこのどいつだ」
「俺だって言いたいならそう思っててもいいけど、俺を叩いたって埃は出ないよ。原因は知ってるけど、それだって元凶じゃあない。全部を潰したいなら、世界を潰すことかな」
 つらつらと迷いなく吐き出される言葉を、否定することができなかった。腹が立つ以外の何物でもないこいつが、嘘を吐くことがないのもまた事実なのだ。まるで先見の目でも持ち合わせているかのように、一歩先で振り返って笑う。だから、こいつを殺すことができないのだ。
「用が済んだならとっとと消えろ」
「そうさせてもらうよ。君のその顔が見れて俺は満足だ」
 男が言い終わるや否や、ガシャンとガラスが割れる音が路地裏に響いた。景色が崩れ、しかしその後ろには同じ景色がまた続いている。砕け散ったガラスは地面に落ち、そして消えていった。降りしきった針の雨と同じように。
 立ち尽くしていた隼人の目の前には、もう男の姿は見当たらなかった。


+++++


40分?くらい。
隼人と季雪のやり取りを考えているとテンションが上がる。

TTSS連日やってた頃って文章書き慣れてた気がしてたんだけど、さっきいくつか読み返してたら今と文章すごく違うな?!ってなって、年月って怖いなーって思ったのでした。
練習というかリハビリちょっとずつでもしたいぞ…
あといい加減隼雪荘の設定まとめとかないと二転三転しすぎてる。

スポンサーサイト

【TTSS】お題:白い世界 

+++++

「大丈夫か?」
声を掛けられて迅夜がハッと顔を上げると、不安げな灰色の瞳がこちらを見ていた。足を止められた所為でこちらも止めざるを得なくなり、地をぎゅっと踏みしめた。
「平気」
「そう見えない」
「平気だってば」
視界の全てが白だった。
正確には"全て"ではない。顔さえ上げてしまえば周りの景色も前を歩く左翊の姿も見えるのだから、他の色などいくらでもあった。けれど慣れない足下に必死になり下ばかり向いていると、目に入るのは白ばかりだった。
「ちょっと、何も考えられなくなりそうになっただけ」
訝しがる表情が離れてくれないので、誤魔化すように笑いながらそう言うと、左翊は更に眉をしかめた。駄目だこりゃ、面倒臭いな…、迅夜はそう思って溜め息を吐き出した。実際、原因を作っているのは自分だ。この道に慣れている左翊には何も堪えるものはないのかもしれない。
「…俺の事見ていればいいだろう」
「サイ、その言葉すごく気持ち悪い」
「………悪かった」
言わんとする意味は一応分かっているが思わず苦笑いを浮かべる。居心地悪そうに左翊も視線を逸らした。
再び歩き出し、出来る限り白以外の色を視界に入れようと視線を動かす。時折足を滑らすが、転ばなければ問題はないだろう。白に入り乱れる黒、灰、青…
「赤は、映えるな」
突然ぼそりと声が聞こえた。
シーンという擬音が実際に聞こえてきそうな程静まり返った白の世界には、足音以外の音が聞こえず、低く小さな左翊の声もよく聞こえた。「なんで?」と返すのを一瞬躊躇う。
「白に飛び散って広がった赤、一度見たら忘れられない」
聞いてもいないのに左翊の言葉が続いた。それは迅夜に投げ掛けていると言うより、自分自身へと向けている独り言のようで、とても遠くの世界を見ているようだった。
「ねえサイ、重たいモノ俺にも押し付けるのはやめてよね?」
「……悪い、そういうつもりじゃなかった」
前を歩く左翊の表情は見えない。
―――見えなくて正解だった。見えていたら、どこに巻き込まれるのかが分からなかった。
"何も考えられなくなりそう"なのは、もしかしたら左翊も同じだったのかもしれない。

「ってかこの道どこまで続くのホントに!寒いんだけど!」
「まだしばらく掛かる。大体そんな薄着で出てくる方が悪いだろう」
「すぐ着くって言ったのサイの方じゃん、全然すぐじゃない!」
「歩いてれば着く」
「遠い!」

見える世界はまだまだ真っ白だった。


+++++


20分。久々TTSS。
三連休で北海道に行ってきて、その時雪道歩いたのですが、やばいなと自覚しました。
思い出したの白い部屋妄想のあれ。
雪に慣れない身なのでどうにも雪景色にはファンタジー的なものを感じてしまうのでした。

【TTSS】お題:きのこ 

+++++

「ねえ」
神妙な顔で呟いた涼潤に、なあに?と光麗は振り返った。
「何、これ」
涼潤は一箇所を見つめたまま訊ねかける。
うん?と光麗が覗き込んでみると、そこには赤と黄色の群衆。
「あぁ、きのこだよ」
「きの…こ…?顔あるけど」
「模様みたいなものだよ」
「う、動いた気がするけど…」
「風さんじゃないかなぁ」
誤魔化している風もなくさらさらと答えていく光麗を、涼潤は訝しげに見ていた。
もう一度"きのこ"に視線を戻し、まじまじと見てみる。
模様と言われた顔はどう見てもこちらを向いている気がしたし、風なんか吹いていない。
「食べるとおいしいんだよ」
にっこり笑った光麗の言葉に涼潤が引き攣るのと、"きのこ"がざわりと動くのはほぼ同時で、同時だったからこそ涼潤はその様子を見る事は出来なかった。
ね?と声には出さないで光麗が"きのこ"に微笑みかけると、もう一度ざわりと彼らは動いた。


+++++


5分…?笑
スマホにして、なめこを育て始めました。楽しい…

【TTSS】お題:人違い 

+++++

初めて歩く土地で、何か懐かしいものを見掛けたような気がした。土地に似合わないような気さえした、青い色だった。
雑踏の中、うっかりするとあっという間に見失ってしまいそうな色は、それでも混じりきらない綺麗な色だった。
「ま、待って」
思わず叫んで人混みを掻き分ける。道行く人々が気にしたり、気にしなかったり、それぞれの形相で見ていた。
恐らく気付いていないのであろう後ろ姿は、振り返る様子を見せない。
もう少し、もう少しで手が届く。
逃げるために人混みの中を走るのは得意だが、人混み中目的地に向かって走るのは苦手なのだと、こんな時に気付かされた。
いつかの何かのために覚えておこう。そう思いながら少年は口を開く。
「峻!」
肩に手が届くのと、青い髪が振り返るのとはほぼ同時だった。
そして、
「…あ」
振り返った顔を見た途端、少年は口を開いたまま動きを止めた。
足を止めた二人を邪魔そうに避けながら、時折ぶつかりながら、人混みは流れていく。
ぶつかった衝撃でハッと我に返った少年は、見知った顔を想像していた見知らぬ人物にものすごい勢いで頭を下げた。
「ご、ごごごごめんなさい!人違いでした!」
よく見れば、青は青でも自分の知る青よりも幾分か緑に近い色だった。長めの前髪から覗く顔立ちは、自分と同じか少し上くらいの年頃に見えなくもない。一体何を勘違いしてしまったのだろうかと、少年は顔を真っ赤にしてしまう。
慌てふためいた結果最後にべたっと頭を下げ、そして少年はそのまま走り去ろうとした。が、
「待って」
今度は反対に、青い髪の少年が声で少年を制止する。あ、やっぱり声がどことなく似てる気がする。そう思って走る気力は即座に失われる。
「あ、あの、変なこと聞いてごめんなさい。あの、もしかして、俺のこと見て、"シュン"って言ったの?」
恐る恐る、けれど奥底には確信を持って。
青い髪の少年は、真っ直ぐに少年の目を見て問い掛けた。


+++++


20分。
最近とても、Enその後の話が書きたくて溜まらない。
しかしいつもの事ながらお題が後付けです(…

【TTSS】お題:花 

+++++

すっかり慣れてしまった振動を身体に感じながら、通り過ぎていく景色を眺めていた。
折角渡した花束は、結局助手席、つまりは自分の膝の上に置かれることとなった。
「要らないってワケじゃないからね」
四輪車に乗り込みながらダリアはそう言っていたし、実際そう思われているだなんて思ってはいない。
けれどどことなく複雑な気持ちになる遊龍だった。
ガタガタと激しく揺れながら砂埃が立ち上っていく。今はもう前にも後ろにも茶色い地面しか見えなかった。
途中で立ち寄った小川の流れる森で休息を取った際、色取り取りの花が咲いているのを見付けた。
森も、川も、そして花々も、随分と久しぶりに見たような気がしていた。
水の流れる音を聞きながら、風が木々を揺らす音を聞きながら、遊龍はごろんと地面に転がっていた。
おっ、いいな!とダリアも真似して寝転がり、そして今はすっかり爆睡中である。
気持ちよさそうに眠る彼女を起こすつもりはなかった。
風が頬をくすぐっていく度に、一人の少女の姿が脳裏に過ぎる。と同時に、この風は彼女の元に届くだろうかと想いを馳せる。風が届けるのか、少女が呼んでいるのか、そこまでは遊龍は知らなかった。
そうして思い出を振り返っているうちにたくさんの花々に目が行った結果、目を覚ましたダリアに「意外!」と大笑いされたのだった。
景色から膝の上の花たちに視線を落とす。見たことのない花だった。
この場所に来てからあんなに花が咲いているのを見たのは初めてで、もしかしたら他のもっと街や山に行けば珍しいものでもないのかもしれない。ただ今の遊龍の知識では、至極珍しいものだったのだ。
「作り慣れてンの?」
ダリアは前を向いたまま問い掛けた。エンジン音と振動に掻き消されないよう、声は自然と叫んでいる。
「ちょっとだけ!」
返す遊龍も声を張り上げる。見ると隣でダリアはえらく機嫌良さそうに笑っていた。
「いいねェ、青春少年!」
「そ、そんなんじゃないです!」
咄嗟に返した言葉が、どういう意図に返したどういう意味の言葉だったのか、遊龍には自分でも説明できなかった。


+++++


30分。…掛かってこの量かー、っていう。
今日はちゃんと30分測りました、TLちら見とかしてたから実質25分かな…(ダメだ
すっかり名前出しちゃってるけどなんかこんな感じです。

【TTSS】お題:日記帳 

+++++

「変なの」
少女は読んでいた日記帳をパラパラと捲りながら、そう呟いた。
誰もいない家。誰もいない部屋。
人が住んでいたような気配はあるのに、今現在誰かが暮らしている空気を纏っていなかった家。
こっそりと忍び込んだその家の中には、一冊の日記帳が置いてあった。
正確には他にも本だのノートだのは色々あったのだが、まあ、そこは割愛。
他人の日記を読むというのは少しばかり気が引けて、それよりもずっと心躍った。
どうせ誰もいないのだから。
持ち主に会うこともないのだろうし。
そう思うと手は自然と表紙を捲っていたのだった。
そうして読み耽ることしばらく。口から出た感想は、そんなものだった。
「変だよね、こんなの」
日記を書いている人物に向かって、聞こえるはずのない言葉を投げ掛ける。
感想、というよりも、ずっと相手に伝えたい言葉だった。
「好きならさ、言わなくちゃ伝わらないよ。相手の心が読めるわけでもないんだから」
好きだ好きだと愛の詞を書き連ねていたわけではない。
ただ静かに静かに、大切なんだと、並べているだけ。
それが余計にもどかしく、むず痒く、叫びたかった。
「手遅れになったら、もう取り返せないんだよ…?」
この日記を書いた人物が、今どこにいるのかは分からない。
間に合ったのか、手遅れになったのかも、何も分からなかった。
日記に結末までは書かれておらず、つまりは途中で終わっていた。
「ここにいたら、会えるかなぁ」
もしその時、日記を書いた人物と、その人物が好いている人物が二人でやってきたら。
気まずいけれど、すこし嬉しいかもしれない。
そんな事を思いながら、少女は部屋をぐるりと見回した。


+++++


15分。
あれだよな、自分が留守にしてる間に日記読まれるとかしにたくなるレベルな気はするけども。
因みにこの後この子は日記書いた人と出会うし、読んでたことバレるし、泣かれます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。