スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「続・玉子焼きの話」 

+++++

 大和カンナはぽつんと一人きりで、台所に立っていた。
 男子寮内にある、共同の台所だ。相変わらずここは小さくて、ほとんどお湯を沸かすことにしか使われていない―――と思われている。実際は、料理好きの生徒がやってきては、気紛れに、最低限の道具だけで調理を行っている。それをカンナが知ったのは、二年生に上がる少し前のことだ。最初にこの場所に足を踏み入れて以来、一度も覗いたことはなかった。
 カンナは手にしたままだった買い物袋を作業台に置き、慎重に中身を取り出した。袋の中にあったのは、四個入りパックの生玉子。それに粉末のかつおだし。もしかしたらこれかもしれない、という直感だけでカゴに入れたものだから、必要なのは玉子だけだったかもしれない。空っぽになったビニール袋は、微かな風にカサカサと音を立てている。
 袋をざっくり四つ折りにして、ひとまず玉子のパックを上に置く。棚から大小のボウルを二つ、四角いフライパンを一つ、それに菜箸を取り出して作業台に並べる。少し迷ってフライ返しも取り出した。持ち手部分が少し変形しているが、使う分には問題ないだろう。四角いフライパンは、先日他の人が料理をしている様子を眺めていて知ったものだ。確かにこれなら四角い玉子焼きが作れると、カンナは感動を覚えたのだ。
 玉子焼き。自分では決して作れないだろうと思っていた料理。今日の朝目が覚める直前に、熱々の玉子焼きを頬張る夢を見てしまった。味どころか香りやその熱さまではっきり覚えていて、そうして目の前には―――………それは、思い出せなかった。
 カツン、と、カンナは玉子を一つ、大きい方のボウルの端にぶつけた。刃物で肉を裂くよりも簡単に、あっさりと手の中へと伝わる衝撃に、ドキリとする。おそるおそる覗き込めば、白い玉子の殻にはまっすぐ、そしてぐしゃぐしゃにヒビが入っている。薄く白身は滲み出しているが、幸いまだ、溢れだしてはいなかった。ほっとし、ゆっくりヒビに両手の親指を添えて、剥がれ落ちそうな殻に注意を払って、静かにヒビの隙間を開いた。
 誰かに見られていたら、なんの化学実験だと揶揄されそうなほど真剣な目と手付きだっただろう。実際、カンナにとってはそれくらいの集中力を要するものだったのだ。何しろ、殻一枚ボウルの中に落ちようものなら、その玉子はもう使い物にはならないと思っていたからだ。集中力が幸いして、ボタン、ボタンと三個の玉子が割り入れられるまで、殻は一枚も玉子の中身に混じることはなかった。流し台の片隅に、すっかり軽くなった殻がころりと転がる。ボウルの中には黄身が滲み出した玉子がふたつ分と、思いの外綺麗に形を留めている玉子がひとつ分。
 これで全ての工程が終わったと言わんばかりに盛大な息を吐き出し、カンナはがっくりと肩を落として俯いた。当然、終わるどころかこれが始まりである。それはカンナ自身よく分かっている。しかしこの工程に一体どれだけ時間が掛かったのか、時計を見るのも躊躇われてしまった。早くしなければ、誰か来てしまいそうだというのに。
 小さい方のボウルを大きいボウルの隣に置き、カンナはしばらくそれを睨み付けた。正確には考え込んでいるのだが、真剣な目付きではボウルと敵対しているように見られても仕方がない。しかしすぐに、まるで根負けしたかのように目を逸らしてから、カンナは砂糖の入った袋を手に取った。計量スプーンというものが存在していることは知っているが、残念ながらそれを使ってどれくらいの量を量ればいいのかは分からなかった。
 粉末のかつおだしは小袋入りのものだが、これの全てを使うわけではないだろう。裏面に書いてある豚汁の作り方を見ながら、そんな勝手な想像をする。豚汁だったらこの通りに作ればいいのかとふむふむ頷き、おそらくすぐに頭の中からは消えてしまうであろうレシピを斜め読みした。600mlの水またはお湯に小袋半分を入れて下さい、だそうだ。四人分、きっと縁のない数字。ああでも、覚えているのは、五人か―――………パタリと手を止めた途端震えだした指先を無視しようと、カンナは小袋の端を破りきった。
 パラパラと数振りの粉末だしをボウルに入れ、小さいスプーンで二杯すくった砂糖も足す。多すぎない、はずだ。多分、きっと。スプーンに付いた砂糖を少し舐め取ってみても、ただ甘いだけだった。それを確認してから、小さいボウルの中身をそっと大きいボウルの中へと流し込む。
 菜箸を手に取り、黄身を潰すようにぐちゃぐちゃにボウルの中身を掻き混ぜる。混ぜて、混ぜて、混ぜて、全体が黄色になっていくのをまるで遠くから傍観しているように眺める。じゃりじゃりとした音がだんだん小さくなっていき、まばらに浮かんでいた茶色の粉も姿が黄色に紛れていく。白身はともかく全体が均一に混ざったように見えて、カンナはもう一度深く息を吐き出した。これでようやくスタートラインだった。
「これを、焼かないと」
 キッと睨み付けた先は四角いフライパンだ。あとはこれにボウルの中身を流し込んで、焼いて、ひっくり返して、丸めて、そうしたら出来上がるはずだ。頭の中で工程を想像して、カンナは意を決してフライパンに手を伸ばした―――


 結果は惨敗だ。敗因は、分からない。
 玉子を流し込んで火を付けて、それから端の方からフライ返しでひっくり返せば、くるくると玉子は丸まっていくのだと思っていた。しかし現実は、ゆるゆると波立つ固まっていない玉子が掻き分けても掻き分けても流れ出してきて、ひっくり返そうと差し込んだフライ返しは、滑って何も持ち上げることができなかった。その内じりじりと香ばしい臭いが鼻に届くようになり、やがて香ばしいなどと脳天気に言っていられる場合でもなくなり、どろどろだと思っていた上部はいつの間にか固まってしまっていた。
 フライパンと玉子の隙間から煙のようなものが見えた気がして、カンナは降参してコンロの火を消した。
 コンロに置き去りにされたフライパンを呆然と見つめ、カンナは立ちすくんでいた。触れてはいけないと主張するかのような熱を発するフライパンに、手を伸ばすこともできなかった。表面上だけは、玉子焼きも一緒に置き去りにされたように見えていた。
 じりじりじりという音がしなくなったフライパンにもう一度フライ返しを差し込むと、今度はガリッと硬いものに当たるような感触を覚える。明らかに自分の知っている玉子焼きとは違う感触に眉を顰め、カンナは暫定・玉子焼きを力任せに掬い上げた。
 持ち上がったのは真っ黒になった裏面を持つ、黄色かったはずの物体だった。
「………やっぱり、無理だよね」
 吐き出した声は少し震えていて、笑おうとした顔は微かに歪んでいた。手に握ったままだったフライ返しをぎゅっと握り込んで、カンナは数秒の間俯いていた。フライパンがずしりと重たくなったような気がした。
 『自分の好きな』玉子焼きが食べたい、それだけだというのに。
 作り方を聞けなかった、聞こうと思い付く前に聞くことができなくなってしまった。そう気付いたのは、不意に玉子焼きが食べたいと思ってしまった、些細な夢のせいだ。自分では作れないと思って諦めたつもりだったというのに、またこうして夢を見てしまった。
 フライパンに焦げ付いた玉子だったものを無理矢理剥がし取り、玉子の殻と一緒にビニール袋に放り込む。焦げていない部分を少しつまんで口に入れてみれば、甘じょっぱい玉子の味が口の中に広がった。想像していたものとは違う味だった。
 ボウルと菜箸を洗い、フライパンとフライ返しは水に浸し、余っていた玉子は「ご自由にお使い下さい」というメモ書きと一緒に冷蔵庫の中へと入れた。粉末だしにも同じことを書いたメモを貼り付け、棚の見える位置に置いた。きっと誰かが豚汁か何かを作ってくれるだろう。
 最後に残った、口を結んだビニール袋に視線を向けて、カンナは小さく息を飲んだ。そうして、首を振る。
「ごめんなさい………」
 誰に宛てているのかも分からない言葉が、ぽつりと零れ落ちた。


+++++


「玉子焼きの話」の続き?のようなもの。
玉子の割り方を覚えたカンナ君がリベンジしたかった話。
『おそらく最後』にはならないこともあると思ったから………けど焼けるところまではせめて進歩して欲しい。

スポンサーサイト

「記憶の彼方にある話」 

+++++

そこは紙のにおいと埃のにおいが入り混じった空気の立ち込める部屋だった。
扉を開けたカイが、自らこの部屋に足を伸ばす事はまずない。各地から集めた多くの書物が保管された部屋。文字の読めない彼が立ち寄った所で、内容を理解できる物など一つもないのだ。退屈しのぎにこの部屋に居座ってみても、物の数分で飽きるか、においに当てられて退出を余儀なくされる。だというのに今日この日、この部屋に入ったのは他でもない。話し掛けようとした人物がこの部屋の中へと入って行くのが見えたからだった。
目的の人物は探すまでもなく、入り口近くに置かれた椅子に座っていた。机には一冊の、小さいが分厚い本。カイは眉を顰めた。
「なんか用?」
先に口を開いたのは目の前の相手、ロイだった。顔は上げないが、こちらの事は分かっているのだろう。
「何してるのかと思って」
「……それ用ないよな?」
淡々と返される言葉に、しかし嫌味は含まれていない。追い返される訳ではなさそうだと分かり、カイは机の上の開かれた本を覗き込んだ。ページ一面には想像以上に細かい文字が所狭しと並べられ、思わずうえ…と声が漏れる。
「何してるんですか…」
「ん、調べ事」
「マジで」
カイにとっては大層予想外だった言葉に、自然と声が大きくなっていた。そこでようやくロイは顔を上げ―――そしてカイの顔を見て苦笑いを浮かべる。
「俺だってそんくらいやるっての。てか、勉強とかそういうの好きだから」
後半の言葉は、カイの性格を知っているから出てきた言葉だろう。固くなったままのカイの表情も、ロイにとっては想定内。「俺は嫌い」とぼそりと呟いた声も、想定内。
「お前の話はしてないっての」
呆れたように言うと、ロイは再び視線を本へと落とした。
面白くない。内心そう思いながらも、カイは空いていた椅子へと腰掛けた。
静寂な部屋に、パラリとページを捲る音が響く。字の羅列というよりは単語の羅列に見えるその本が何について書き記された物なのか、カイには分からない。しかし、文字を追うロイの視線が、文字の全てを読んで理解しているというようには見えなかった。一部を確認し、またすぐに次の場所へ。内容を読み込んでいるようには見えない。
「ねえロイ、何調べてんの?」
両腕の上に顎を置いて机に突っ伏し、見上げるようにロイの顔を覗き込む。文字を追い掛けるロイはやはりこちらを見ようとはしないが、少しの間の後、口元が動く気配があった。
「昔聞いた話、調べてんの」
パラリ、とまたページが捲られる。何千ページもありそうなその本の、どこに目的の情報があるのか分かるロイはすごいなあと、声には出さずにカイは思う。
「昔聞いて、そん時は意味分からなかった話、そういやどういう意味なんだって思って」
「その本で分かんの?」
「分かる、と思う」
確証があるようなないような返事。カイはもう一つ訊ねる。
「それ何の本?」
「……国語辞典」
聞いた所で、カイには分からない話だった。表情を変えずにへーと返すと、微かに溜息を吐かれる。
「お前ももうちょっと勉強したらいいのに」
「やだ」
「あっそ」
机上だけで繰り広げられる知識に、何の意味があるのだろうか。現実で、実戦を伴う知識以外に、必要な物があるのか。それがカイには分からなかった。

開いたページに書かれた索引は「か」、その項目の最後に近いページ。
目的のものを見付けたのか、ロイは文字の傍らに指を添え微かに目を細めた。そこでようやっと、ロイは内容を読み込んでいるようだった。その様子を興味なさそうに、深そうに、カイは眺める。
「『坩堝』」
「かん…?」
「もしくは、『るつぼ』。物の名前だけど、比喩表現では『いろんなものが混ざっている状態』」
カイの理解を待つことなく、ロイは淡々と言葉を吐き出す。他人に対する説明とは到底思えず、カイはそれ以上の理解を諦めた。口に出しているのは、自身が反芻するための独り言なのだろう。傍観を決め込みカイが口を閉ざすうち、ロイの手は再び動いてページを捲った。大雑把に開いたページには、先程とはまた別の種類の単語が並ぶ。
「『那』は、たくさんって意味もある」
「たくさんの物が混ざってるって事?」
聞こえた単語だけを拾い、カイは適当に思い付いた事を投げ掛ける。退屈しのぎ、とまでは言わないが、それが意味のある問い掛けだとは思っていなかった。思っていなかったが故に、ロイの視線が不意にこちらへと向けられた時には、「へ?」と疑問符を浮かべてしまうのだった。
「そうかもなあ」
そう言ってロイは、小さく溜息を溢しながら「国語辞典」を閉じた。
「単純すぎんだろ、荘太郎の奴」
「っ、なんだよ、また荘太郎の話かよ」
「そうだけど」
面白くない、そう吐き捨てると、いつもと同じようにロイからは乾いた笑い声だけが返された。
ロイは立ち上がり、閉じられた本を手にくるりと背を向けた。見るからに重量があるであろう本は、いっそ武器にでもなるんじゃなかろうかとカイは考えた。歩き出したロイは、しかし二歩進んだ所でふと足を止める。背を向けられているせいで表情は見えないが、おそらく笑っているとも、悲しんでいるとも取れない表情を浮かべているのだろう。「いつも」のように。
「…どうせ、思い出話だよ」
部屋の奥に向かって吐き出された言葉は、広い空気の中にぼんやりと漂い、そして消えていった。


+++++

【TTSS】お題:無題 

+++++

パタパタと走る音がすぐ後ろから聞こえ、荘太郎は足を止めて振り返った。思った通りの姿がそこにはいた。
「なあ荘太郎!今日は何しに来たんだよ!」
「来ちゃ悪いのかよ」
年端もいかない少年の言葉だけを聞くとまるで歓迎されていないようだが、声の調子と表情と、何より普段の彼の様子を知っている側としては、そうではないということくらいすぐに分かるものだった。軽く苦笑を浮かべながら言い返す。
「ちげーよ!何しに来たのか聞いてるだけだっての」
少しだけムッと頬を膨らませ腕を組んでみせるも、大して怒ってはいないという事もバレバレだった。
「今日は調べ物しに来ただけだよ」
歩き始めると少年も隣を歩き始めたので、そのまま荘太郎は口を開いた。行き先は資料庫であり、少年への言葉に偽りはない。少年は「へー」と面白くなさそうに返事をするも、足を止めることなく着いてきた。
「お前も調べ事すんの」
「しねーよ、面白くねーし」
「じゃあなんで着いてくんだよ」
「着いて来ちゃ悪いかよ」
理由が分かんねえよと荘太郎が呟くも、それには少年の返事はなかった。やがて資料庫の扉の前に到着する。鍵は掛かっていない。中への出入りは自由だが、資料によっては閲覧に制限があるものもある。そういうものが置かれてもいる部屋だった。
扉の前で足を止めると、荘太郎はもう一度少年に視線を向けた。
「もしかして、監視か?」
思い当たった一つの可能性を思わず口にする。口にはしたものの、その可能性がどれ程の確率であるのかまでは自己判断では決められなかった。少年はニッと笑うと、首を振った。
「ンなわけねーよ。荘太郎の方が信用されてるよ」
「んじゃ逆か?俺が鍵開けて、そこにこっそり侵入して盗み見る」
「オレに何の得があんだよ」
「知らねえよ、そんなの」
まあそこまで、不審の目を向けられてはいないか、と思い直す。自分も、この少年も。
「荘太郎が普段何してんのか、気になってるだけ。別に悪い意味じゃなくてさ」
ぼそっと呟かれた少年の言葉に、荘太郎はあははと軽く笑う事しかできなかった。そういえば、「理由」はまだ限られた人間にしか話していない。彼らの口が固いままでいる限りは、それらを知る者もごく僅か。
「んじゃオレ資料とかそーゆーの興味ねーから!」
くるりと背を向けた少年は、ひらひらと手を振って来た道を戻り始めた。元々、ここに到着するまで間の「お喋り」をしに来ただけらしい。肩を竦めるて笑うと、荘太郎はその背中に向かって声を掛けた。
「知りたきゃその内教えてやるよ」
届いた言葉に少年がバッと振り返り「ほんと?!」と声を返すのと、後ろに向かって手を振る荘太郎の姿が扉の向こうに消えるのはほとんど同時だった。
廊下にバタンと扉の閉まる音が響いた。
取り残された少年は、微かな高揚感を胸に感じながらもう一度振り返り、来た道を歩き出した。


+++++


25分くらい。予定は20分でしたよ…
少年君についてはまだ模索中だけど自分の趣味突っ込んだら背低いままのつなぎ作業着整備士系少年かな…とか妄想している。そのうち背伸びるといい…それまではチビのままでいようぜ。
将来遭遇する時には背が伸びてたら楽しい。そんな妄想。
整備士見習いだとして普段何やってんだろ。武器整備くらいしか思い付かないのだけど、乗り物あんのかなー

【TTSS】無題 

+++++

どう見ても良い印象を抱かれないであろうこの容姿を見た彼女が、最初に何を思ったのかは今となっては分からない。おそらく聞けば嘘偽りなく答えてくれるだろうとは思うのだが、さすがに「大嫌いだった」という言葉を直接聞きたくはなかった。
「俺のこと本当に好きか?」
せいぜい聞けるのはこれくらい。
確信を持てているのがこれくらいだった。
「どれだけ自信がないんですか。そんな人だとは思って いませんでした」
毎度、返される言葉は同じだった。それに安心感を覚える。
「ごめん、聞き流してくれていいよ」
「無視したら拗ねるのにですか?」
「…痛いところ突くね」
「事実じゃないでしょうか」
「はい、負けました」
肩を竦めて両手を挙げると、くすりと笑う声が聞こえた。床を見つめたまま、勝てないなぁと改めて思うと自然と口元が緩む。本当に、勝てない。
「いつまで顔下げてるんですか」
顔を上げてくださ い、だなんて言わない。いつまでも彼女は一歩引いて、そしてすぐ横を歩いてくれている。
顔を上げると、見慣れた微笑みが自分の目をしっかりと見つめていた。この目はもしかしたら、いくつも隠している自分の中身をすっかり見通しているのかもしれない。いつか、本当にいつか、全てを打ち明けたくなる目だった。
「好きですよ。私の目の前にいる、あなたのことが」
照れることもなくまっすぐに投げられる言葉が、望んでいるもの だったというのに素直に受け取るには相変わらず気恥ずかしさが先に訪れる。「嬉しい」という感情が、おそらく顔に思い切り出ている。
「今では、ですけど」
付け加えられた言葉。くすっと笑った彼女の顔にはいつになく悪戯っこの笑みが浮かべられ、荘太郎の背筋は一気に冷え込んだ。


+++++


20分。迷ってたらあまし書けなかったよ。
荘太郎と柳さんの話。

【TTSS】玉子焼きの話 

+++++

寮に入って、少しだけ勝手に慣れた頃だった。
カンナは男子寮内の共同台所にぽつんと立ち尽くしていた。台所と言ってもガスコンロが二口と小さな流し台、それに作業スペースがあるだけの簡易なものである。インスタント食品を食べるためにお湯を沸かすには充分なものではあるが。
作業スペースにはいくつかの調味料のボトルや袋が、「ご自由にお使いください」と書かれた紙を貼られて無造作に 置いてある。簡単な料理を作りたいが、調味料があからさまに余ってしまう。そういった学生に向けて誰かが置いているものなのだろう。いつから置かれてるのか―――それは考えないことにした。ボトルに書かれた賞味期限はまだ先の日付であるので、とりあえずはまあ、問題はなさそうだった。
そんな台所を見ながら、正確には並べられた調味料を見ながら、カンナは唸っているのだった。
作業スペースに置かれているのは買ってきたばかりであろう4個入りパックの生玉子。調味料と同じく「ご自由にお使いください」と置かれていたボウル、フライパン、菜箸。ひとまず使いそうなものを取り出してみただけ、といったラインナップを前に、しかしそれ以上の行動が行われていなかった。
玉子焼き。カンナが作りたかったのは、ただそれだけだった。朝起きて唐突に玉子焼きが食べたくなったのは、他でもない、玉子焼きを食べる夢を見たからだった。夢の中ではあったが味もしっかり覚えている。甘い。
「甘いってことは、砂糖、だよね…?」
誰宛でもない独り言を呟き、調味料たちを見回す。記憶の中で、確か砂糖は白い粉のようなものだったはずだ。ボトルでなければ袋のどれかなのだろう。ありがたいことに、買ったままのパッケージの袋に入っているおかげですぐに「砂糖」の名前を見つけることができた。スプーンで少し掬い、ボウルの中に放り込む。
「えっと、それで玉子を…玉子、を」
砂糖の 袋に封をして元の場所に戻すと、カンナの手は再び止まった。玉子を使うことは分かる。が、玉子の使い方が分からなかった。玉子を手に取ってみても、まさか刃物で切るわけでもなかろうという堅さの殻であることしか分からない。
しばらくの間、無言の睨めっこが続いた。当然の如く、先に観念するのはカンナの方だった。
「……やっぱ、無理だよね」
諦めたように笑うと、カンナは手にしていた玉子をパックの中へと戻す。備え付け られている冷蔵庫を開けて覗き込み、スペースが余っていることを確認すると一旦扉を閉める。辺りを見回して紙とペンを見付けると一言、「余ってしまいましたので、ご自由にお使いください」と紙に書き記す。それを玉子のパックにぺたりと貼り付けると、冷蔵庫の中のよく見える位置に置いた。きっと誰か、せめて玉子の使い方が分かる人が使ってくれるだろう。
どうせ味付けだって分からなかったんだ。食べたかった味を、料理を全く やったことのない自分が再現できるわけもない。
バタンと冷蔵庫を閉じると、今度は出してしまった調理器具を片付ける。ボウルに入れてしまった砂糖は、すみません、と呟きながら、何も混ぜていないのを自分の中での言い訳にして、砂糖の袋の中へと戻した。
そうして出したもの全部を片付け終え、台所を元の状態に戻した後、カンナはその部屋をあとにした。もうあの玉子焼きは食べられないんだろうなぁ。そう思いながら。
カンナ が台所に立ったのは、それが最初で、おそらく最後だった。


+++++


20分。料理ができないカンナ君の話。
流石に今後玉子の使い方っていうか割り方くらいは知る機会があると思ってます(…)

【TTSS】お題:ひみつ 

+++++

「憎んでいたんだ、アイツらの事を」
俯いた顔でそう言う男が、今どんな顔をしているのかは分からなかった。表情もだし、胸中もだ。声が辛そうで、表情が苦しげだったとしても、その内面では何を考えているのかなど分かりはしない。分かるわけがない。
「憎んで、憎んで。どうやったら復讐できるのか、考えていた」
相変わらず淡々とした声は、尚のこと感情を感じさせない。
「そうした時に、君に、君たちに出会った」
だからこそ、どう捉えるかは自分次第なのだと。この男のことを、自分がどう見るかが全てなのだと。そう思っていた。
両手を額に当てて完全に顔が見えなくなった彼の背を見て、そして思った言葉がするりと口から離れた。
「やっぱり」
男の方がぴくりと揺れた気がした。
「何か事情があるんじゃないかとは思ってました。私が一目惚れされるだなんて思っていませんでしたから。つくなら、もっと上手な嘘をつくべきでした」
するすると流れるように飛び出す言葉の一つ一つが、男に刺さっているのだろうかと思った。聞いた話と、今の彼の様子を見ていれば、そうなのだと察することができた。仕返しは、これだけで充分だった。
「違うんだ、これだけは信じて欲しい」
「分かっています」
ガバッと顔を上げて真っ直ぐに向けられた視線を、同じく真っ直ぐに受け止める。
分かっている。だから今こうやって話を聞いているのだ。
言葉を遮られた男の瞳が、ぐらぐらと揺れていた。なんだ、この人もやっぱり、随分と弱い人だ。
「あなたが私のどこを好いているのかだなんて気にしていません。私はあなたの事が好きで、信じています。だから、あなたの選んだ道を応援します」
真っ直ぐに、黒の瞳の下に隠れる金色の瞳を見つめた。彼は、私が知っているということを知っているのだろうか。いつか聞いてみよう。
「私はあなたも、あの子も守りたい。それだけです」
「柳…」
ふわりと風が通りすぎ、木の葉が舞った。
今日は会えないはずの日だった。だからこれは、私たちだけの秘密になる。
「俺も、守るから」
ぐっと両手を握り締められ、その暖かさに思わず微笑みが溢れた。
ああ、やっぱり、私は彼のことが好きなんだ。


+++++


20分。TTSSっていうかブログが久しぶりすぎてうおおおおおえええええ…ってなってますひええ。
ちょっとしたネタを思い付いたので、熱いうちに供養しに来たのでした。
またちょいちょい文章書きたいよっていう気持ちが沸いている今日この頃。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。