たまにだらだら書きたくなる 

この間投げてた現パロ突発短編に唐突に補足…という名の創作語り。
迅夜は別に勘がやたら鋭い訳ではない。
観察力というか洞察力というか、そんなんがやたらあって、視野が広くて、無意識に色々計算してる。
だから自然と、あぁこうなるんだ、とかそんな流れが分かってる。
でも本人に計算してる自覚がないから直感が冴えてると錯覚してる。
んでもって周りもそれを勘だと思ってる…のが何人か。
計算高いって思ってるのも何人か。
現パロに限らず本編にも言える事なのでした。
迅夜に騙されてるのも居れば、分かってて警戒してるのも居る。
左翊も本来だったら警戒する側なんだろうけどあれはちょっと依存が強すぎるのでアウト(笑)
黒翔は警戒してると言うよりも面白がってるから丁度中間くらいに居そうな。
影凜は警戒心しかない。
なんかそんな感じ。
けど迅夜は完璧なのかって言ったら全然そんな事はなくて、計算を間違える事だって多い。
それでも本人はそれを勘が外れたっていう風にしか見てないから別に凹まないし落ち込まない。
…迅夜って成長の余地がない主人公だな…。。
なのでやたら試練をぶつけてみたくなるのでした。まる。

ついでに7周年絵の事。
迅夜に着けるアクセサリーは割と固定してたりします。本編で着けてる訳でもないけど。
羽の付いた十字架。
元々迅夜には羽のイメージがあって、そこに十字架を加えた。
囚われた鳥とか、飛べない鳥とか、そんな感じ。
なんだかんだであの人も雁字搦めです。
もいっちょついでに。上の迅夜とは別にモチーフ考えてた時のメモ。
迅夜:王冠、羽根
左翊:鍵、鎖
峻:十字架、薔薇
遊:トランプ
黒翔:ダイス
上三人の厨二っぷりが、な。
いつの間にか十字架を迅夜に取られた峻は今は薔薇のイメージ… … なのか。
薔薇と手錠かもしれない。
遊と黒翔は問答無用で博打のイメージでした(笑)

だらだらと創作話でした。
そーいや今日はユガの誕生日だった。おめっとー!
(ユガ:Atlasっていう話の主人公、相変わらずの未公開だよ!)

お手紙後日談 

相談のお返事頂いて、うっかり後日談を思い付いてしまったので追記にちらっと。
台詞しかないけどね。
あと、お手紙引用させて頂いてますー。
しかし脳裏に描いたのは漫画であった。こういうのすらっと描けるようになりたいわ…。

[ Read more ]

「Encounter -Another」9章 

アナザ更新してきましたー。
ひっじょうに、根気が必要になったこの回。
とりあえず喋れ、と。
描写が面倒だったりした回です。途中何度放棄しようとした事やら(←

あと、先週開通させたとか言ってた世界観設定のページ、思いっきりリンク先間違えている事に気付きまして…。orz
すみませ修正してきました…!
押してみて用語集出てきてアレ?と。
気付くの遅ぇぇぇ!
いつも無駄にクリックしまくって確認してるのに何故確認してなかったんだか。
軽く凹んだ。

追記より9章の内容に触れますー。今回絵はない(笑)


[ Read more ]

「Encounter -Another」8章 

雷鳴ってる雷鳴ってる…!orz
この時期夕立多すぎるわ雷付きで!
勘弁して下さい雨は良いけど雷はダメです、泣く(←


昼間駆使して(←?)更新してきました。
アナザとプラスアルファ。
プラスアルファ部分は試験的に載せてみただけなんだけど。
世界観解説みたいなページです。
書きたい事多くなりすぎて全然埋まってません。
1冊の本みたいに作ってるけどなかなか進まない。
夏雪の担当ページしかないですよまだ(誰)

アナザはやっと。軽く2,3ヶ月振りだ遅いよホント。
書くのに時間かかったという疲れました。
すごく楽しかったけど疲れるわあの文章。むむ。
うーん、もっとスムーズに書き進められるようになりたい、な。

追記から内容について触れますー。

て、ちょ、4秒?4秒は何キロ?てか思いっきり稲妻見てしまったー…orz
光ってから秒数数えるのはもはや癖です。む。
だぁぁぁ500mとか近いから!(落ち着け)

[ Read more ]

叶えたい願いが瞬く 

ねがいごとはなんですか?
変化付けようと思っても結局自分の字の中で5人分作るのは難しかった。
下の七夕小説に便乗したアナザメンバーの短冊たち。
迅夜は考え無しに書くから最後書ききれなくなると思います。その結果。
黒翔は長々書くのが性に合わないかと。名前すら省略!(笑)
でも結局みんなして、見られる所に飾る願い事だから本性隠してます。
迅夜と影凜がこれで済むワケ無いなー、なんて。

追記から七夕小説についての語り!(←

[ Read more ]

7月7日の夕方に 

今日は七夕ですね…!
8月って所もあると思いますがうちのテンションは7月に上がるので(笑)
自分自身では何もしてないけど、スーパーとかに飾ってある短冊を眺めるのが好きです。
子供たちの可愛いらしい夢よりも、現実的で切実な夢が多かったのは何だかなぁ…ですが(笑)
ガソリン代とか、ね。

ネタ的な意味で七夕小説を書いてみました。
サイトにアップする程の内容でも無い気がしてこっからページ繋げてます。
 ↓
 星への小夜曲

後書きとか解説的なものはまたあとでパソ付けた時にでも…!
一つ断っておくと、アナザでバカ過ぎる(笑)ギャグものです。