「とある日の邂逅」 

+++++


静かに佇む男からは、邪気も何も感じなかった。邪気だけではない、一切の感情を感じない。
特に問題は無さそうだから放っておいてもいいよ。そう言っていたのはどこの誰だったか。
「どこがだよ」
舌を打ち、苦々しく顔を歪める。
どこからどう見ても"普通ではない"彼の様子に、上司の笑顔を思い切り殴り飛ばしたい衝動に駆られた。
ふわふわと漂う白の影が、ふるりと揺れている。
宥めるように長い黒の棒を振ると、ゆっくりと彼へと近付く。
「何を、している」
答えを期待して投げた言葉ではないが。
どうやら声はまだ届くらしい。
視線がこちらへと向けられ、固定される。表情は変わらず、無のまま。

「殺そうと思って」
たっぷりの間を置いて返された答えは、予想通り半分、予想外半分。
「僕を生かしている彼らを、」
予想外に、言葉が次々と降ってくる。
「殺したくて」
感情も、邪気も、敵意も殺意も何も感じない言葉が。
「消してしまいたくて」
浸食するように降り掛かる。
彼が武器も何も持っていない事は知っている。言葉も何の意味も為さない。
けれど、ざわざわと這い寄る気配は決して良いものではない。そう感じていた。

「神殺しだと分かってて言ってるのか」
「分かっていなかったら、とっくに殺してるよ」

――― コイツは、ヤバい。
なんて面倒臭い奴を押し付けやがったんだ、あの糞上司め。
吐き出したい溜息を堪え代わりに唾を飲み込み、目前の彼を睨み付ける。
とは言え、見逃す訳にはいかないのだ。
それがこの場所の規則<ルール>

白い影が、くるくると回り始めた。


+++++

スポンサーサイト



前夜祭的な 

すっかり忘れていたけど明日はカゲプロアルバムの発売日だったね!!!
思い出して以降そわっそわしてます。楽しみ!
今回はクロスフェード無いのかな?って思ったら昨日上がってたし!
うおおおおとかなりながら聴いてたんですが尚更楽しみです。
カゲロウとかメカクシとかが前回あったから今回はキドさんとかちびっこ達の曲はないのかな…
全員曲に入ってくる感じかな…
とにかく今すごく気になってるのは黒コノハ曲ですうおお。格好いい。
マリーの台詞が入ってて、そういえばって気付いたけど、マリーの今後とか不安ではあるよな。。
エネとかコノハもだけど、マリーどうなるんだろ。
小説は30日だし多分読むのもうちょいあとになるからアルバムだけでどこまで騒げるか。
いや騒ぐと思いますが。
DVDと設定集も付いてるんだよね…豪華すぎるよね…おいしいと思います。
明日は忘れずに帰りに寄り道してくるよ!遠回りだけど苦じゃないさ…

それにしても今日は酷い眠気に殺されるかと思ったくらいでした。
なんだったんだろな…寝れてないんだろうか。うーん。
明日は元気でありますように。

あと今日は遊誕でした!おめ!
帰りにケーキ買っていこうかと思ったらいつも行くケーキ屋さんは火曜日が定休日でした。残念。
ケーキ屋さんに来た時点でコンビニは全部通り過ぎちゃってるので結局買わず仕舞い。
プリン食べたからよしとします。
とび森でも誕生日祝って貰えてて良かった。あまりサブ住人を起動してないからどうかなと思ったけど…
ははからの手紙も来てて、フルコース作ったらしいです。海有ママ…早まるな…