スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月も終わり 

620.jpg
色塗り練習しようと思って無彩色な人を選んでしまうというミス。
それにしても雨亜は帽子取ると特徴がなさ過ぎると思いますという自覚はあります。

月曜でした。
あと9月最後でした。
なんか色々区切りの日付ではあるんですが、何か変われるのかなぁなんて思ったりします。
こう、変える気がないのに変わることはないと思うのだけど。
私には何かを捨てる勇気はないよ!(進撃ネタ)
そんなこんなで三ヶ月やってた仕事が終わったので明日から作業場が変わります。
さらば早寝早起き生活!
できればもうやりたくないけど何があるか分からないっすよね…リピーターが多いらしいあの現場。
どうなる事やら。
通勤時間も短くなるのでゲームする時間は減るのか、それとも増えるのか…笑
今日は探索でひたすらドスジャギィとゲリョスを狩ってて、ついでにババコンガも狩りつつ、テツカブラからは撤退しました。流石にそこまで連続で相手できる程の腕は持ってなかった…
でもこのくらいのサイズの相手だったらそろそろ怯まなくなってきた…ような気が、しなくもないような気もします。たぶん。なんとなく。
オトモ達の投げ網がかわいすぎるのでクエストの度に魚採りしてる日々です。
初めてやった時いきなり今は撒き餌が使えませんって言われて、まだ使えないのかーって思ったら大型魚影だったとかそんな思い出。楽しい…しかし魚の使い道分からん。
オトモかわいいんですが最近しょっちゅうトドメを刺す役を持っていくのでちょっと悔しい。

裁判は、週末で2を買って、2の1話と2話をクリアしてます。はみちゃん可愛い。
1の5話を難しいわ!!!ってちょっと置いてたのを、やっぱ2をやったら気になり出したので昨日今日とやってて今日クリアしました。攻略様々です。しかし攻略サイト見ながら有罪判決喰らったというアレです。ちゃんと読めという。
それにしても、まだゲームに出てきてない(ていうか持ってる分には出てこない)キャラ含め、なんとなく、検事側のキャラを好きになりそうな予感です。自分の性格的にそうなるだろう事は分かるんだけど、だけど…!
1の5話が苦しい辛いの連続でしたがすごい面白かったです。
小説を読んでる感じだ、っていうのがなるほど本当そうだなって思う。
楽しいです。

そんなこんなで明日から色々と心機一転(出来るかどうかは別として)頑張りたい所です。
ゲームしたいけどらくがきもしたいな…!

スポンサーサイト

狩り真っ最中 

619.jpg
背景って何ですか。
あとやっぱり光源というものを理解してないなぁとおもいました今更とか言わないで。
最初に影塗ってから乗算とかで色変えて~ってやり方をやってみたけどそもそも影ってどこなの状態でした。
絵を極めたい訳ではないから別にいいんだけども(開き直り)
勢いって大事だと思う。

土日でした。
今月の土日がなんかもうずっと引き籠もりのターン過ぎてやべえとは思うんだけど、やっぱり引き籠もってしまってました。ゲームが、というより、夜更かししすぎて午前中に起きれなくて外出る気もなくなって…の繰り返しです。
なんだか色んなとこで色んなもんが悪循環してそうなのでどっかで区切り付けたいです。
もうすぐ10月になって月的にも仕事的にも自分的にも区切りつくんだからどうにかしたい。なぁ…(弱気
ゲームは楽しいし悪いとは思ってない。
けど何か違うこともやっておきたいなって思うのでした。

そう言いながらハンター記録。ストーリーイベントやったのでちょっとネタバレになるよい。
面倒臭いと噂を聞いていたナグリからの船出イベントをようやっとやってきました。
何かあるというのだけ聞いてて何があるのかは調べず特攻していく私。
ものの見事に当たらなくてね!!!!
撃龍槍撃とうとしてスカして攻撃喰らうし大砲の弾持ってったら大砲の上にいやがるしね!!
撃退で良かった…討伐だったら無理っすわーー…
一回失敗したけど二回目で何とか。
撃龍槍当てて、大砲も当てて、バリスタ連投して、ちょっと回復しようと思って距離取った途端成功しましたって出て何事?!って思ったらどうもオトモが一撃喰らわせていたらしい。お、おのれ…
でも乗り切れてよかった。
あとはチコ村でババコンガ倒したけど次出てきたのがババコンガ&ドスゲネポスで\(^o^)/なってる。
大型二頭はまだつらいっす。
武器強化したいなああああ…素材が足りぬ。

そんなこんなでまた明日から平日です生きる…
とりあえず明日行ったら通勤時間がまともな事になるのでそこだけは救いです。
その先は分からないけどね!

【TTSS】お題:昔話 

+++++

まるで手負いの獣みたいだね。
そう呟かれた言葉を、笑いながら否定する。
「みたいっつうか、そのものだろ」
目の前でぐったりと倒れながらも、一向に殺気の無くならぬ目。
澄んだ空色の瞳は「綺麗だ」と評することができそうだというのに、その印象が却って冷たい殺意を強調させている。
おそらくもう動けないであろう状態に見えるにも関わらず、目を逸らせばその一瞬で刈り取られそうだと思える目だった。
「どうすんの、そいつ」
答えは分かってるよ、と同時に聞こえてきそうな問い掛けが投げられる。
わざわざ聞くなよと言い掛けたのを飲み込み、息を吐き出す。
「どうするっつっても、置いとくワケにもいかねえだろ」
言葉には出さずに雰囲気だけで、「だよね」と返ってくる。
とは言え、相手は「近付くことは許さない」と言いたげに睨み付けてくる状態である。
「アイツが寝たら考えるよ」
ちらりと視線を送ると、鋭利な刃物が何本も迫ってくるような錯覚を覚えた。
それが彼の返事だということは、つい数日前に身をもって知っている。
危うく一歩足が下がる所だったのをすんでの所で止める。
「寝たら、ねえ」
ふんふんと頷きながら、どうにも腑に落ちないと言った雰囲気を漂わせている。
そう思った途端、隣の影がスタスタと歩きだし、一瞬で殺意の矛先がそちらへと向けられる。
「あ、おい」
止めようとした言葉は欠片も間に合わず、次の瞬間にはゴスッと鈍い音が辺りに響いていた。
ぽかんとすることしかできない。
ニカリと笑った顔がこちらを振り返ったと思うと、「手負いの獣」はむんずとその身体を持ち上げられていた。
「寝るまで待つなんて、悠長だねェ」
どうやら痛がる間もなく一瞬で気を失ったらしい。覗き込んで見た表情は、思いの外平穏なものだった。
目を覚ました時のことは、その時考えよう。

「っていうか」
隣の声が笑っているような、呆れているような、そんな言葉を発する。
担ぐ係はこちらに回ってきて、代わりに空いた両手をひらひらと顔の前で振られる。
「アンタもアンタで、よく生きてるよね」
「うっせえな」
視界を盛大に邪魔する手の平と包帯が、今は最高に鬱陶しかった。


+++++



30分…かな。
また随分と八つ当たりみたいな文章になってしまった。
あと、お題後付けと指定時間で打ち切らないのはもうTTSSじゃないと何度言えばという。

ぐったりばったり 

なんか今とても絵が描きたいとかTTSS書きたいとかそんな意欲がうずうずしてるんですがタイムリミットです。
むむ…
本編色々ほっぽり出して黒翔の昔話とかEAAとか書きたい。
将来話も考えたいんですが、黒翔がワイルド系無駄カッコイイ状態になってたらいいなぁと思う反面イラァァとなったりするんですが、それと同時にすっかり丸くなって主夫やってんじゃね?みたいな想像もしたりします。自分の趣味まんま反映させたらいいおとんだと思うんだあの人。そんな妄想。どうなるかなー
あと黒翔と影凜はマイナス10、現在、プラス10を並べて描いたら全部別人な気がする。描きたいぞ…

三連休明けで完全にバテてました。阿呆…
変な緊張とか焦りとか色々ごっちゃになって体調に出たような気もします。
早いとこその辺解消したいよ連絡はよ!
平日あと3日乗り切れ…_(:3」∠)_

+5-5 

613.jpg
すごくざっくり絵。
後ろの線が斜めってるのは自分で引いてるからです、勘で。
キャラの昔の様子とか将来の様子とかの話をしていて、いいなぁって思って思わず描こうとしてまず今の様子描こうか…ってなったのでした。男の子達身長負けてる。
過去とか未来とか、考えてるキャラもいれば考えてないキャラもいます。特に未来。
5年後は考えてても10年後は分からなかったりするし。
幸せにはなって欲しいけど人生そんなに甘くないよね………っていう。特に意味は無いよ。

連休最終日でしたがとうとうほぼ引き籠もりで終わってしまいました。まあいいや。
サイトちょっと弄ってて絵置き場をごっそり整理しました。
ログは減らすの面倒臭いので放置。あそこは古い絵あってもいいや気にしない。
サイトの改装もしたいなぁとか思ったりしてるけどデザイン案はまだ思い付いてませんでした。
あとオススメして頂いたweb漫画をちょっとずつ読んでるんですがなんだこれ面白い…
このキャラ好きそうって言って頂いた子がまだちらっとしか出てないので気になってるんですが、その前に別のキャラがちょっとなんか好きなんだけどどうしよう。笑い堪えるの辛い。
ネットって本当色んなものがあるんですね…としみじみ。何を今更。

連休明けですっげー仕事する気も起きないですが気合いで乗り切ろうと思います。
とりあえず4日!
しかし4日行ったらほぼ9月終わりですね…早いなぁ………ガタガタ

ぐだぐだのんびりやってる 

三連休なう!真ん中です。
今の所ひたすらアニメ漬けして狩り漬けしてる休みです。多分明日もそんな感じです。
村クエのレベル3は全部終わらせたのでちょっとだけ達成感。
ネルスキュラさんぶっ倒したので満足です。ちょっと怖かった。
状態異常になったらとりあえず逃げて逃げて自然回復を待ってしまうタイプなんですが危ないな…
ぐるぐる巻きになった時の回避の仕方を分かってない。
とりあえず狩れたから良かったけども集会所で出てきたら苦戦しそうだなぁ。
そういえば原生林初めて行ったんですがあそこすごい綺麗だなぁ。あのマップ好きだ。
ただ相変わらず何も考えずに突っ込んで毒状態なってましたが(

昨日はアニメ進撃を19話まで一気に見てました。そこで終わるか…ってところまでだった。
アニメで見てたらジャンの好感度なんだか更に上がってる気がします。好きだなぁ。
エレン贔屓は変わらずだけどミカサかわいいし兵長好きだしジャンかわいいし。クリスタ天使。
二期のEDがすごい好きな曲調でそわそわしてます。
夜中にはロンパ見て、今日は今日で三週間分くらいの録画物一気に見てたのでほぼ半日使って。
なんか最近版権物に触れてる時間が多くて懐かしい感じがしてます…笑

昨日の夜は落書きとかもそもそやってたので、今日もやっておきたいところです。
絵の描き方ってすぐ忘れちゃうもんだね!

空にぽっかりと浮かぶ 

中秋の名月、そして満月ですね。
満月の度に体調崩す私は例に漏れずここ数日ぐったりです。いやたぶん寝不足とか眼精疲労の星も多大にある…
月は綺麗ですごく好きなんですがなんか最近恨みっぱなしな気がします。申し訳なくなる。

テツカブラとゲリョスを狩りました、必死だった。
あとチャージアックスを使い始めました。あれ楽しい。
ただ所構わずチャージしたり連打したりするのでもうちょっと作戦練った方がいい気もするぞ…
オトモをおとりに回復とか剣研いだりとかしててごめん!でもお願い!ってなる毎回です。
あっ、そういえばモンハンはkannaでやってたりします。
漢字も使えるんだけどなんとなく英字を使いたくなる雰囲気。
オトモはKKTです。まあ、うん。
で、自宅キャラモンハン妄想してたらなんか楽しくなってきてやってみたくなったので、そんなにやり込むつもりはないけどセーブデータもいっこ作ってkokutoを作りました。スラッシュアックス使うんだ…
キャラはあんまり似せられなかった。傷のある顔デザインあったんだけど顔も固定だから合わなかったんですよね…まいいや。気が向いたらこっちのデータでも遊んでみようと思います。
実際にキャラが武器を使う、って考えると想像付かないんだけど、キャラがモンハンというゲームで遊ぶ、というのを考えるとそっちの方が考えやすくて、おいファンタジー世界の住人ってなったけども。
遊がガンランス、涼が弓、迅夜がライトボウガンかな…(しかし私が遠距離系の武器よく分かってない)
あとは黒翔がスラッシュアックス、霧が太刀、雨が大剣、蔵が双剣。かな!
そんな妄想。そんなことよりこのメンバーでマルチプレイしてる図がむさ苦しくてどうしようかと。
なんか成人組がガチ勢な気がして怖い。

ちょっとだけ創作の話。
魔物討伐みたいな展開になるお話にまた憧れだして、それで発生しそうな可能性を考えてみたらやっぱり前と同じとこに着地してしまったので保留になりそうです。
今の世界にそこまで魔物が蔓延っていないので、大量発生したらその原因を作らなくちゃいけなくて、作るとしたら原因あいつらしかいねーよって思うと世界崩壊一直線に向かっちゃうのでした。うーん。
時代をもうちょっとあとかもうちょっと前にすればいいだけなのに迅夜達何でも屋に討伐させようとするからそうなる。もっと頭柔軟に行きたいとこです…もしくはパラレルワールドな…そっちの方が実現性あるわ。

明日行ったらまた三連休なので気合い入れて乗り切ろうと思います。
今日ダッシュで帰ってきて出張でこっちに来てた妹とご飯食べてきたので元気出ました。
あーでも私とご飯で楽しかったんだろうか疲れなかっただろうかとか思い始める辺りどっか滅入ってるんですね満月の所為だな!!ということにしておく。
喋りながら食べるご飯はやっぱ美味しいですね。
とにもかくにもあと一日がんばるぜー!

連休明けにぐったり 

口の端が切れる原因がビタミン不足だとか貧血だとからしくて思い当たる節が多すぎて困るKNNです。
物食べる時辛いのがやだなーもー。

アルセルタス、ドスジャギィ、ドスランポス、ケチャワチャは狩りました。
テツカブラには返り討ちに遭いました。そんな狩り記録。
大きい奴怖いわ…!
ランポス辺りの討伐クエが好きです…
相変わらず片手剣使ってて、変えたいなぁって思いながらも愛着あるのでした。うーん。
星紋にしてみたのでちょっと様子見てみる…

そんな火曜でした。
明日が水曜だって事をすっかり忘れてて色々日付の勘違いしててぎゃ!ってなったのだった。
明日は自社の用事があって、明後日は妹とご飯だ!忘れんようにしないと…
定時ダッシュ+特急コースだよう。気合いだ。

電車ん中でモンハンやってると駅に着く度すれ違っててすげーって思うのでした。
今の所HR3の人が1人いたくらいであとは大体HR1か2だったっぽい。
カード眺めてるのも面白いです。色んな人がいるなぁ。

なんか引き籠もりで濃すぎた三連休 

前半三連休!でしたね!!もう最終日の夜です…
休日ほんとブログ書かないなぁ…書こうと思って実際に書く頃には大体休みが終わってるんですよね。。

金曜日。
仕事帰りにダッシュでつたやに10冊程寄って漫画を借りてくる。進撃です。11巻は全部借りられてた。
帰宅後はラストスパートじゃあ!の勢いで逆裁1をやりまくる。
クリアしたのが夜中の3時頃だったと思います…もう止め時が分からなかった笑
ラスト凄い好きだったよ…ムカついたけど(ラスボスが)
仲良いのを見てるの楽しいなぁ、すごい好きでした。かわいかった。

土曜日。
そんな夜更かししたあとだったけどもそもそやってひたすら進撃を読む。
エレンが!!!好きだよ!!!!
10巻まで読み切ってもやっぱりエレン贔屓でした。自分にびっくりした。
兵長もミカサもハンジさんも好きなんだけども…!ハンジさん好きだよ!ジャンも好きだよ!
勝手に104期生がどんどん死んでいく鬱展開なんだと思い込んで読み進めていたらなんかそれ以上に色々アレで凹みました。とても。あう…
10冊の中にどんだけ濃い展開が詰まっているのかと。
11巻はどうにかして読みたいです出来るだけ早く。気になるわバカぁぁああ!
結局10巻全部読み切ったのがやっぱり夜中の3時くらいだったと思います。読むの遅いね!

日曜日。
そんな夜更かしした後でしたが進撃の返却期限が日曜だったので返却しに行ってました。
そのついでにちょっとヨド○シ行ってちょっと、ハンターライセンスに手を出してしまった訳で。うん。
だ、だって…やっぱり楽しそうなんだもの…
思った通り売ってる訳が無かったのでDL版に手を出しました。データ消えてくれるなよ…
そんなこんなで夜は必死に狩り…をしつつ、何故か急についった上で話題になったクッキー焼くブラウザゲームにも手を出してよく分からないまま秒速何万枚とかいうスピードでクッキー焼いててよく分からなかったです。
因みに今は秒速1億3600万枚とか作ってます。これ後々読み返したら意味分からないだろうな…笑
MH4は相変わらずの片手剣で必死にやってます。けど相変わらずの下手っぴ猪突猛進型です。むむ。
2ndGやってた時は先輩方に任せっきりで武器も防具も作らせて貰ってたから自分でやるの訳分からんぞ…
がんばろう。

んで月曜はクッキー焼いたり狩りに行ったりでした。クッキー意味分からない。
狩りは地道に何かしら上達してけば良いなと思ってる…
マルチプレイやりたいなあああ!
今日わいふぁいでやってたけどやっぱ楽しい。もちょっと上手くなりたい。

明日からすっかり忘れそうな平日ですが4日乗り切ったらまた連休だもんね!!
来週は進撃の…アニメ漬けの予定だ…(無料一挙放送がある

妄想というか想像というか 

あといちにち!
毎日毎日週末が待ち遠しいです。
明日は元気があったら帰路に寄り道したい。とても。

そういえば進撃はほっとんど情報を知らないまま足を突っ込んでしまったので色んなことにびっくりしてます。
かみやさんとおのさんいらっしゃるんだね!!!!!
知ってた事と言えば、エレンと、イェーガーと、立体起動装置と、OPと、駆逐してやる!と、兵長とジャン。くらいか…あと巨人。知らないなりに頭の中で勝手にお話作っていたので全然違ってびっくりしてる。
あまりの人気に私は手を出すまいと天の邪鬼精神全開でいっていましたが駄目だったようです。エレンー…(*´Д`)
悶々。

その時見ている作品で思いっ切り考え方影響受ける方なんですが、影響受けつつ自分なりに逸れてレネの未来話を悶々考え出しちゃって楽しい。生活環境とかの構築を考えたらきっと閉鎖的にした方がいいとは思うんだけど、そこは技術に物言わせて広いまま人工的な世界にしたい…無茶苦茶な理論を考えてみたい。
神さまたちがいなくなった世界には、空も太陽も風も火も無い。っていうのは決めてたんだけど具体的にどんな世界なのかはまだ考え中なのでした。SFってよりはファンタジー色出てたらいいなぁと思いつつ、青色LEDとかあればいいなとも思う。悶々。

【TTSS】お題:喧嘩その2 

+++++

遥か遠く、高くに広がる空を見上げていた少年が次に見たのは、やけに近く狭く感じる天井だった。比較対象が果ての分からない空なのだから、狭いのは仕方のない話なのだが。やがてぼやけた天井の形が、段々と鮮明になってくる。
はっきりと目を開けた時、無意識に少年の口からは大きな溜息が吐き出されていた。
と、そのタイミングと同時に少年に影が被さる。
「溜息吐くと幸せ逃げるぞ」
「うわあ!」
耳が声を判断するよりも先に、目が影の正体を見て、気付いた時には口から叫び声が迸り身体は床へと転がっていた。どうやら寝台の上に寝ていたようだったと、落ちたことで気が付いたがそれどころではない。騒がしい音を立て身体の動きは止まったが、少年の頭には先程と同じとまではいかないながらも星がチカチカと舞っている。
「おいおい…」
そんな少年に向けて呆れた声が頭上から降ってくる。
「人の顔見て大声出すって、どういう頭してんだよ」
高い位置で結んだ黒の長髪がばさりと少年の顔近くまで落ちてくる。その隙間を縫って少年の視線は見下ろす人物の目を思い切り睨んでいた。
「脅かすんじゃねえよ馬鹿ユヤ!」
ゴスッと鈍い音を響かせ、少年は叫んだ直後にはもう身を縮めていた。正確に言うならば、腹部を両手で押さえて激痛を堪えていた。
「"母さん"と呼べ、って言ってンだろ」
見下ろす眼光は鋭く、床を向いている少年にすらその刃物のような視線は刺さるように感じられていた。呻くように「ふざけんじゃねえ…」と呟くも、その言葉は音にはなっていなかった。
少年の腹部に華麗な蹴りを入れたユヤと呼ばれた女は、両手を腰に当てフンと仁王立ちになる。
「ついこの間まではお母さん、お母さんってうろうろ着いて回ってきてた癖に、随分早い反抗期だな」
「うっせえ…、どこにそんな乱暴な言葉使う母親がいるってんだよ…」
「目の前にいんだろうが、あぁ?」
転がったまま必死に呟く少年の言葉は、ユヤの前ではなんの効力も持っていなかった。しかしそれも今に始まった話ではない。口喧嘩にしろ実際の喧嘩にしろ、少年がこの母親に勝ったことはないのだ。仕方なしに少年は逆らうことを止め、無抵抗に転がっておくことにした。
少年も、昔から母親に反抗的だった訳ではない。
物心着いた頃から母親に女手一つで育てられ、「母親の使う言葉」を覚えて育った。その言葉が普通であれば男が使うようなものだと知ったのは数ヶ月前のこと、そして母親が「わざと」男言葉を使っているのだと知ったのがつい先日のこと。そこに対して感情が爆発した、といったところだ。
転がる少年を避けて歩み、つい先程まで少年が横になっていた寝台にユヤは座る。
「そんな我が侭やってたら、すぐ死ぬぞ」
「子供に向かって死ねって言うなよ」
「そこまでは言ってねえだろ」
ベシッとユヤの爪先が少年の腕に当たると、当たった以上の痛みを訴えて少年は悶絶した。そこは先日思い切り打ち身をした場所だった。
「悪ぃ」
「分かっててやってんだろ…」
「まぁな」
顔を上げずともユヤのニカッとした笑みが思い描かれ、少年は痛みと苛立ちで歯を噛みしめるのだった。


+++++



25分。
昨日の続き。とても構成力はない、と思いながらも詰め込んだのでいつか書き直したい。

【TTSS】お題:喧嘩 

+++++

ものすごい勢いで地面が目の前に迫り、そして一瞬世界が暗転した。
昔から散々、喧嘩の時に目を閉じるなと言われ続けた(そして殴られ続けた)結果、この日も少年は目を閉じることなく頭から地面に激突した。幸い意識は飛ばなかったものの、身を起こし視界が広がった後にもチカチカと眩い星が瞬いているような錯覚を覚えた。
「見事に吹っ飛ぶなぁ、お前」
ケラケラと笑う姿に、少年はあからさまにイラッとした表情を向ける。しかし頭を揺らした所為で衝撃の残滓が再び顔を出す。視界が大きく揺れ、少年の身体は数秒前と同じようにドサリと倒れ込んだ。
じんじんと深く響く痛みが思考回路を鈍らせる。少年は今度は起き上がることも考えられずに、浅い呼吸を繰り返しながら空を見上げていた。そうすることしかできなかった。
「情けねえ…なっと」
「うっ」
そんな少年の耳にとある声が聞こえたその次の瞬間には、声とも言葉とも言えぬくぐもった音が少年の喉、または腹の奥から吐き出された。鈍い衝撃が少年の腹部を襲い、呼吸は数秒止まっていた。
両手で腹部を押さえ身を捩りながら痛みを堪える少年に、その痛みの原因の声が降ってくる。
「そんなんじゃすぐ死ぬよ」
太陽を背にした姿は、霞む視界の中でも笑っているのが分かった。ただそれは、単に楽しんでいるだけといった意味のものではないような気がした。
少年が苛立ちと悔しさとそして涙をも浮かべた目で相手を睨んでいると、より一層笑い声が大きくなる。
「ま、そういう所、嫌いじゃねえけどな」
ニカッと歯を見せて笑った姿がそのまま少年の脳裏に焼き付き、そうして少年の意識はそこで一旦途切れた。


+++++



15分。
最近悶々考えてる辺りを吐き出そうと思ったけどまた名前を出さずにどこまで行けるかアタック状態に。

9981 

かけ算的な。

月曜でした。
いろいろやろうと模索してはいるんですが果たしてやり切れるのかどうか…
明日は仕事帰りにDVDを返却しに行かねばならないという結構ハードな予定が入っています。
え、駅の近くに…あればよかったんだけど…な…
結構な遠回りしなくちゃいけない。
そのついでに買い物できたらなーって思ったけど多分どんなに頑張っても着く頃にはお店閉まってるよな。。
うーん。そこは週末に回そう。
進撃のアニメを、見ました。
漫画で見た範囲(それでも1,2話な)しかまだ見れてないけど、辛。。。
今後が怖いですガタガタしながら見てしまいそうだよ。
しかし映像めっちゃきれいですね!!びっくりした。綺麗すぎて残酷だ…

そんなこんなで週頭からいきなり色々詰め込んだ月曜でした。
帰宅後2時間でやろうと思えば色々できるもんだね!計画立て大事だ。続くのは分からない。
あああでも創作時間を取れないのはよろしくない!TTSSの時間も組み込みたいよ!落書きも!

あわや沈没 

ものすごく思いっ切り満喫した週末でした!
ZARIさんと共にリアル脱出ゲームなるものに初めて参加したんですが、思っていた以上に楽しくて!
これは…ハマるのも分かるわ…
参加したのは「潜水艦ポセイドン号からの脱出」です。
あとは東京公演が残ってるくらいなんだったかな。
ネタバレ厳禁!を何度も言われているので詳細は書けないのですが(笑)
すっげー面白かった…
あと同じチームになった方々が脱出ゲームの経験者さんでものすごく助かりました。
きっと初参加の人の集まりだったら脱出どころじゃないっすわ…
謎を解くことに加えて、謎をどうやって解くのか、っていうのも大事でした。そこ本当知らなかった。
でも経験者さんがその人達だけで突っ走ったりせず一緒になって考えて迷って喜んだりして、すごく面白くて!
6人チームで綺麗に2・2・2ずつの参加だったんですよね。でも色々話したり協力したり。
で、結果は、脱出は、できました。うん。ほんとに。脱出はできたんだよーできたんだけどなああああ!
またいろんなやつやってみたいなぁ!
常設型のがF岡にもできるらしいので、すごく行きたい。ガチャガチャやりたい!
それにしても今回行ったやつの司会進行の方が面白すぎてすごい楽しかったよ…テンションが好きだよ。

それから夜ご飯に行って、お酒堪能しまくって、シューティングバーに行って飲んで撃って。楽しかった…
バーに行きたいなー行ってみたいなーってずっと思ってたけどシューティングのとこに行けるとは。
偶然の産物でした(行こうと思っていたお店を探してて道間違えて見付けた)
エアガン撃たせてもらえるんですが色んな種類あってな…サブマシンガンとかもあったんだ…
いいお店を見付けたぜ。
なんかたぶん大分酔い回ってたと思うんですがわーわーやれたの楽しかったなー
終電で帰ってきたのも久しぶりでした。

今日は今日でカラオケ引き籠もりしてたりで歌いすぎて喉やられました。あうち。
歌いすぎってか、多分酒焼けも原因になってそうだけども。
懐かしい曲歌うの楽しいっすね…

そんなこんなな週末でした!
ちょっとかなりやりたい事が増えてしまったので時間をどうにか作りたい所です。
作ろうと思えば…作れるものなんだ…(弱気
やりたいゲームも見たい漫画アニメも増えたなぁ。
土日が終わってしまうので今度は次の三連休を楽しみに生き抜こうと思います!(`・ω・´)

はっ、拍手パチパチありがとうございます!
なんかブログすらまばらな更新になってますが有難うございますサイトの更新も…何かを…(

変わらない秋の空 

なんか!天気予報に!晴れ間が見えてきたよ!!
来週まで晴がないとかそんな予報続きだったのでホッとしてます。
靴が乾く…やっとな…
日本中あちこち天気悪くて大変だ…こっち良くなったら次はあっちとか。全国的な秋晴れおいで!!
爽やかな秋を感じたいです。
感じる前に寒くてぶるってました、今日。

旅行したい飛行機乗りたい!っていう波がやって来る時期ですが、波に乗っかりました。
飛ぶぜ!!
うへへ、楽しみです。楽しみすぎて何も手に付かなくて大変です。落ち着け。
とりあえず予習がてらにゲームをやりたい所。
い、色んなゲームやりたいんだけどちょっとこれ時間が足りないぞ…笑
早く10月おいで!って思うのに一ヶ月じゃ短いとか思う矛盾。アレー
楽しみがあるのはいいことだと思います!!!(`・ω・´)

げつようでした 

月曜日!
また台風が発生したらしくて憂鬱です。うええ。
今年空梅雨だった分取り戻そうとでもしてるんでしょうかね…勘弁。

多分今までも好きだったと思うんだけど改めて気付いて納得したのが、少年と青年の組み合わせ好きだな、っての。
ちょっと弱気というかなよってるというかそんな少年と、喧嘩強い不良じみた兄貴、みたいな。それ。
兄貴!!って慕ってる訳もなくなんか一緒にいる事があるとか会話するとかちょっと怖いけどまぁ悪い人ではないんだろうなぁと思ってるとか、接点少なくてもいい…でも組み合わせた時の様子が好きだなぁって思ったのでした。
ついマイボス思い出して思わず笑っちゃったよ。彼はちょっとギャグノリだけどあの組み合わせも好きだ。
また見たいなぁ。最終回の最後のやり取りが無性に好きだったんだ。

というのとは別に、その不良じみた兄貴とセットになりそうな相手がいるのも好きだなぁと思ったのでした。
ひたすら仲悪い訳でもなく、嫌いな訳でもなく、でも本気の喧嘩してギリギリの勝負したい、っていう関係。
アイツを殺るのはオレだ、とかまで意気込んでなくても隙あらば殺り合いたいみたいな。
萌えるというか、燃える。好きだなぁ。

そんなこと考えてた今日の帰り道でした。
多分というか確実に、読んでたデュラが丁度門田と千景の喧嘩シーンだったからです。
あと阿坂と蜘蛛とかね…好きなんだよ…

【TTSS】お題:黒翔と遊龍でSS 

+++++

カランカランという音と共に扉の開く音がする。
夜も更けつつあるこの時間ではあるが、様々な店を梯子してくる人は多い為そう不思議なことでもない。別にこの店員でもない黒翔は、気にすることなく、振り返ることもなかった。
しかしそれもほんの数秒間のことだった。
「黒翔さん!」
そう声を掛けられ、その声が聞き覚えのあるものだったのもありぎょっとして振り返る。振り返った途端に一人の少年と目が合い、少年の顔が僅かに嬉しそうに綻ぶのが分かった。
黒翔が一瞬呆気にとられている内に、少年は早足で黒翔の元へと駆け寄ってくる。
「何やってんだこんな時間に」
身体ごと振り返り、結果椅子に横向きで腰掛けることになりながら、黒翔は目の前にまでやってきた少年、遊龍に問い掛けた。
「さっき歩いてたら黒翔さんが見えたから、つい」
以前昼間の街中で出会って以来妙に懐いてくるこの少年を、黒翔は嫌ってはいなかった。むしろ、自分の少年期を思い出して構いたくなる程だった。だがだからといってどこそこで出会っていいという訳ではない。
「さっきって…、結局夜中出歩いてんだろ」
「別にいーじゃないですか」
窘めるつもりでそう言ってみるが、遊龍に悪びれている様子は微塵も見えない。
そういえば、と。黒翔は気付く。
この時間、この店の全ての窓には布が掛けられており、外からも中からも、互いの様子を見る事はできない。
「お前、つけてきたのか」
「違いますよ!黒翔さんが見えて、この店入って行ったからちょっとオレも入ってみただけです」
それをつけてきたと言うんだろうが。
呆れて返せない言葉を溜息に代え、黒翔は正面に向き直った。それを合図にしてか、遊龍は微妙に正面を避け、円テーブルの黒翔から向かって右斜め前に椅子を動かして座る。
「…ったく」
「あ、ビールくだs」
「子供はジュースでも飲んどけ!」
店員に向けて投げられた少年の言葉を、慌てて黒翔は遮った。


+++++



15分。
IFなんだけど、黒翔と遊が今の年齢のままで出会っていたら、なノリ。
結論:すごく好きだ。
出会い方があれなので峻とかシーズとかにはタメ口なんですが、基本年上には敬語使う遊です。
あと強い人には憧れるし懐く。

せぷてんばーな季節 

9月ですね!!月が変わる度に言っている気がしますが、早いね!!!
秋だーって気持ちはあります。というか実際一気に涼しくなって(雨の所為だけど)秋っぽい。
残暑はありそうだけども。
9月は…何しようかなぁ。

7月8月と通勤時間が長くなった所為もあって色々本読んでたので唐突にそのメモ。
・ほたるの群れ1~4|向山貴彦(幻冬舎文庫)
・バッカーノ!1931 鈍行編・特急編|成田良悟(電撃文庫)
・終焉ノ栞|スズム(MF文庫J)
・キノの旅3~7|時雨沢恵一(電撃文庫)
・デュラララ!!4~5|成田良悟(電撃文庫)
シリーズで並べると結構少なかった。
今はデュラの6巻読んでます。青葉と千景の様子をすごくハラハラしながら見ている状態です。
たぶんどっちもすごく好きになるかすごく苦手になるか(嫌いな訳じゃない)だと思うんだ…
買ったまま積んでた本を一気に読んだ感じだけど手持ちのデュラが5巻までだったという読んでから気付く生殺し状態だったので慌てて6巻買った感じです。でも実はまだ積んでる本あるんだよな…。
デュラがどこかでキリ良くなったらばっかーの読みたいところ。

今週土日は結局ずっと雨降っててでも合間に曇りになった時間もあったのでその隙に買い物に出たりしてました。欲しかった物買えた…よかった。急ぎのものでも無いんだけど、買いに行こう!って思った時に買えないと悔しい。
でもほんと雨酷いなぁ。
金曜は大雨と雷が本当酷くて帰りの電車がすごく遅れたのでした。っていうか止まってたね…
そろそろ落ち着いてくれてもいいのよ…!
絵を描いたり妄想したりゲームしたりあとは終始眠かったりでいつも通りな休日でしたキリッ
また平日を…乗り切らなくては…

「もしもあの子が♂⇔♀だったらバトン」 

今日もバトン!
アキトさんから頂いてばかりですね!いつもありがとうございます…!

「もしもあの子が♂⇔♀だったらバトン」

もしもうちの子の性別が逆だったら・・・!?
可愛いあの子(♀)が(♂)になっちゃったり、
カッコイイあの子(♂)が(♀)になっちゃったり!?
そんな事考えたことないですか?
ある人もない人もこの機会に妄想しちゃいましょうYO!


っていうのを涼指定で頂きました!おおお。
真っ先に思い付いたのをとりあえず避けて考えてみた。

追記から!

[ Read more ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。