スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月記になってしまう 

今月のブログ書いていなさっぷりにびっくりしたんですがここまで書く頻度下がるのすっごい久々だ。
多分あれ、学生ん時のテスト前!パソ禁!とかやってた時以来なんじゃ…笑
全然禁止できてなかったけどな。

22日でサイトが10周年でした。
ものすごくマイペース運行だったので10年分の色んな物が詰まってるって程では全然ないんですが、それでも10年経ったかー続いたなー!と思ってしまうのでした。
てっきり卒業して社会人なったらサイト閉鎖して創作辞めてると思ってたからね!
10年と言うことは学生時代5年、社会人5年っていう感じになります。マジかー
これからもゆるーーーっとだらーーっと気が向くままにサイト続けていくと思いますので、見守って頂けると幸いです。
更新…むむむ。今ほんとブログしか動かせてないのでどうにか……なるかなぁ。
学戦ページ作っちゃった方が更新頻度上がりそうな気がしました笑
レネ版カンナ君の設定考えたいなぁ!笑 きっと笑ってしまう気がしてるけどな!

下の記事にちょろっと書いたのですが、三連休プラス一日お休み貰って三泊四日の北旅行ってました。
旅というかもうほんと遊びに行ってきた!!って感じすぎるゆるっと旅なのですが(いつものことだった)
構って頂けて本当有り難いです。8割くらいお会いしたいから遊びに行くって思っているので(2割は食のため)
3月下旬でしたがまたしても雪景色に雪降ってる状態でひえー!となりながらも楽しんでました。
それにしても、今回の旅先での出費を計算中なんですが、やっぱり一番の出費箇所がゲーセンなんじゃないかとそわそわしています…笑 めっちゃ楽しかったんですけどね!!4台制覇めちゃくちゃテンション上がったもの…
お陰様で今お菓子が大量です。お土産に頂いた物も自分で買ったものもあるのでホント大量。
しばらく甘いものに困らないね…!!
以前頂いた物だったり教えて頂いた物だったりでお店を覚えるとどうにもそこばかり狙ってしまうんですが、そろそろそこ全部を回りきれなくなるくらいにはたくさん教えて頂いてるなぁ。嬉しい。
あと念願だった温泉宿とかも行けて!楽しかったーーー!!!
和室でごろりもぐもぐ、お喋り、楽しい… あと妄想日本料理面白すぎた…(テレビの話)
寝るまでずっと喋ってたと思ってたんですがどうやら途中で寝落ちしてたらしいことを翌日知って悔しかったです。
普段したいなーって思っていた話とかもできて、楽しかったと言うのはちょっと不謹慎ですがちょっとすっきりした気がしました。まただらべりたいなぁ。
そんなこんなでのんびりだらりと楽しんできました。本州飛び越えてる認識がほぼない。次はいつ行けるかな…!
そして次はいつどこでお会いできるのだろうか…笑 こっちに来て下さってもいいのよ…!

スポンサーサイト

【TTSS】お題:白い世界 

+++++

「大丈夫か?」
声を掛けられて迅夜がハッと顔を上げると、不安げな灰色の瞳がこちらを見ていた。足を止められた所為でこちらも止めざるを得なくなり、地をぎゅっと踏みしめた。
「平気」
「そう見えない」
「平気だってば」
視界の全てが白だった。
正確には"全て"ではない。顔さえ上げてしまえば周りの景色も前を歩く左翊の姿も見えるのだから、他の色などいくらでもあった。けれど慣れない足下に必死になり下ばかり向いていると、目に入るのは白ばかりだった。
「ちょっと、何も考えられなくなりそうになっただけ」
訝しがる表情が離れてくれないので、誤魔化すように笑いながらそう言うと、左翊は更に眉をしかめた。駄目だこりゃ、面倒臭いな…、迅夜はそう思って溜め息を吐き出した。実際、原因を作っているのは自分だ。この道に慣れている左翊には何も堪えるものはないのかもしれない。
「…俺の事見ていればいいだろう」
「サイ、その言葉すごく気持ち悪い」
「………悪かった」
言わんとする意味は一応分かっているが思わず苦笑いを浮かべる。居心地悪そうに左翊も視線を逸らした。
再び歩き出し、出来る限り白以外の色を視界に入れようと視線を動かす。時折足を滑らすが、転ばなければ問題はないだろう。白に入り乱れる黒、灰、青…
「赤は、映えるな」
突然ぼそりと声が聞こえた。
シーンという擬音が実際に聞こえてきそうな程静まり返った白の世界には、足音以外の音が聞こえず、低く小さな左翊の声もよく聞こえた。「なんで?」と返すのを一瞬躊躇う。
「白に飛び散って広がった赤、一度見たら忘れられない」
聞いてもいないのに左翊の言葉が続いた。それは迅夜に投げ掛けていると言うより、自分自身へと向けている独り言のようで、とても遠くの世界を見ているようだった。
「ねえサイ、重たいモノ俺にも押し付けるのはやめてよね?」
「……悪い、そういうつもりじゃなかった」
前を歩く左翊の表情は見えない。
―――見えなくて正解だった。見えていたら、どこに巻き込まれるのかが分からなかった。
"何も考えられなくなりそう"なのは、もしかしたら左翊も同じだったのかもしれない。

「ってかこの道どこまで続くのホントに!寒いんだけど!」
「まだしばらく掛かる。大体そんな薄着で出てくる方が悪いだろう」
「すぐ着くって言ったのサイの方じゃん、全然すぐじゃない!」
「歩いてれば着く」
「遠い!」

見える世界はまだまだ真っ白だった。


+++++


20分。久々TTSS。
三連休で北海道に行ってきて、その時雪道歩いたのですが、やばいなと自覚しました。
思い出したの白い部屋妄想のあれ。
雪に慣れない身なのでどうにも雪景色にはファンタジー的なものを感じてしまうのでした。

慌てて書きに来る 

3月ですね!でしたね!
色々やったりわーぎゃーしたりして過ごしてます。
楽しいけど割と本気で体力との勝負と化してる気がしてるので気を付けたい所…
手遅れか、そうなのか。
あと引き籠もり率高すぎるのでどうにかしたいですと一応言っておく…

今週末が家族が泊まりに来て、来週末は北に飛びます。その次の週は友達が来るぞ。
いろいろ予定詰まってきてるので転ばないよう気を付けたい所です。
所で今月サイトの10周年なんですけどね…何かしようと思ってたんですけどね…
当日に何かやるのはもう諦めようと思いますっていうか当日いないしな!

そんな近況でした。
あっ、ヴァンガの新シリーズ見ました!アイチのヒロインっぷりがすごい。
あと櫂がすごくアイチ好きなんだねって伝わってきました有難うございますナオキも有難うございます。
黒幕はコーリンなんかなぁ、黒幕って言うか一枚噛んでるって言うか。ウルトラレアは2人設定なのか…
アイチ一人存在しないってだけで色んなものなかった事になるってすごいな。ナオキに結構焦ったよ。
OPとEDが好きすぎて悶えてました本当にありがとうございます。
どうなることやら…

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。