スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Re.」 


+++++


E473.10.04.

 生まれた時のことなんてもちろん、覚えているわけがなかった。
 ああだった、こうだったと聞かされて、確かにそうだった、と勝手に記憶されているだけで。
 生まれ落ちた時、俺はきょとんとした目で放り出された世界を見つめ、泣くことも分からないまま、泣きそうな二つの顔を見つめていた。理由は、その時には分からなかった。
 数分間のまるで深海にでも閉じ込められたかのような静寂の後、俺は思い出したように大声で泣き始めた。泣きそうだった顔からも暗いものが消えて、それでも泣きそうで、泣きだしたことは変わらなかった。
 そこからやっと、俺の世界が始まった。
 数年間は、何の変哲もない暮らしだったはずだ。木々に囲まれてぽつんと建った家でのんびりと自由に育って。覚えていないことも、気付かなかったことも山程あるだろうが、その辺りはもう分からない。
 変わったのは、離れたところに住んでいたという祖母が死んだことと、妹ができたこと。その時からだった。

「生まれるべきじゃなかった。ってことは理解してる。じゃなきゃ、こんな歪んだことにはなってない」
 笑ってそう言ったつもりだったけれど、笑えていたんだろうか。随分と長く拘束されてしまっているけども、俺にとっては充分、笑い話だった。顔を上げれば、困った顔で口を開きもせずに瞳を揺らす姿が見える。あーこれは一応言葉を探してる顔だと分かるけどそんな顔をさせたくて言ったわけじゃなかった。
「俺がいなくてもこうなった事実は変わらない。いても変わらない。つまり必要はなかったってことだ」
 笑おうとした時に、あからさまに不機嫌に顔が顰められたのが見えた。表情への反論は間に合わなくて、口が開かれる。
「少なくとも俺は、お前に人生を変えられている。迅がいなければ、俺が変わっている」
 まあ、予想通りの返しかな。予想はしてたのにいざ聞くと小っ恥ずかしいにも程がある。
「その時は他の誰かが変えてくれたよ」
「そうだとしても、迅夜という人物に助けられたという事実は変わるだろう」
 居心地悪いったらありゃしない。それにこの話を長く続けるつもりなんてなかった。なんでそんな恥ずかしいこと言えちゃうかな、なんて思ってはみたけれど、多分こいつにそんなこと言っても無意味だと分かっていた。ふわふわと消え入りそうな中身だったくせに、俺と同じくらいに負けず嫌いで頑固だ。こっちが有利だと分かっている口喧嘩以外は正直面倒臭くてやりたくない。
「サイだって祝われるの嫌いなくせに、他人にはよく言うよね」
 溜息吐いて降参だと言わんばかりに手を上げれば、「今は気にならなくなった」だなんて返された。その真顔気に食わない。何歩も後ろにいると思ってたのに、いつの間にか何歩も先を歩いてる。止まっていた足を動かし始めたこいつと、止めてしまった俺、ってことか。なんかそれは、やだな。
「恥ずかしいついでに一回だけ言うが、迅がいてくれて俺は助かった。生まれ」
「やめ!!やめる!!それほんっとに恥ずかしいやつ!!!絶対やめて!」
 言い掛けた言葉だけで何言おうか分かっちゃうからやめたところで意味ないんだけど、ないけどな。音で聞いて堪るかって思ったらがむしゃらに叫んでしまってた。びっくりするよ何言ってんのほんと。
「…分かった」
「調子狂うってほんと…馬鹿なの?」
「馬鹿かもな」
 ほんとやめて欲しい、そういうの。心拍数上がりすぎだよ。ばーか。俺もだけど。

「どっちにしろ、もうしばらくは生きてなきゃなんないし、その後のことは分かんないし、…サイが心配するようなことにはなんないよ」
 いくらか待って落ち着いてきた頃に、そう笑って言ってやった。今度は笑えているはずだと、ちゃんと確信があった。肩の力を抜いて表情を緩めた顔が見えたから、間違いないはずだ。
 もうしばらくがいつまでなのかは分からなかった。一生あっても足りないのかもしれない。けどそれでも、そうだとしても、やらなければいけないことだった。気は遠くはならない。今の所は。
「その調子で」
「んー」
 吹っ切れたわけじゃない。まだ分からない。染みついた記憶の真偽はもう追う術がなくて覆すことなんてできない。ただ、それもまあ悪くはないもんだと、ようやく思い始めてきたところだった。



+++++


E495.10.04.

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。