【TTSS】お題:7/4 

+++++

あっという間の出来事だった。
今までの生活が突然変わってしまった。
そんな経験初めてだ、とは言えないけれど、慣れている、とも言えない。
慣れたくは、ない。

のんびりと時間の流れる森に突然やってきた少女と少年は、森に住む少年と少女を大きく戸惑わせた。
詳しい話はまだよく分かっていない。
何せ聞く前に一人は倒れてしまい、もう一人は最初から喋る事ができていなかったのだから。
元々酷い怪我を負っていたのだろう少女の気力は、一体どれ程のものだったのだろうか。
そんな素振り、全く見えなかった。

遊龍が水を汲んで戻ってくると、相変わらず光麗は不安そうな顔で少女、涼潤の顔を覗き込んでいた。
設備も何もある訳がない森の中で正しい治療が行えるはずもなく、かといって何もせずに放置するなどできず、手当たり次第必死になって二人で止血を行った結果、それはどうやら失敗には終わらなかったらしい。
呼吸も初めより落ち着いてきており、気を失っているというよりも、眠りについている、と言った方がしっくりくるようになっていた。
「大丈夫かなぁ…」
遊龍が戻ってきた事に気付くと、光麗は彼を見上げてそう呟いた。
大丈夫だ、と自信を持って言う事は遊龍にはできなかった。
けれど、駄目だとも言えない。ただ今は、大丈夫だろう、と祈っておく事だけ。
風がくるりと辺りを回った。
遊龍の表情を見、風の声を聞き、光麗はゆっくりと頷いた。

そして、そっと視線を涼潤からずらす。
そこには涼潤と共にやってきた少年、竜神の姿があった。
喋る事ができない、そう涼潤は言っていた。実際彼は、ここに来てから一言も言葉を発していない。
遊龍や光麗の事をどう思っているのか二人には分からなかったが、ただ一つ、涼潤の事が心配なのであろう事だけは伝わってきた。
その割には彼女を連れて帰ろうとする素振りだとか、治療を手伝おうとする様子だとかが見られなかったのは、「動けない」と言われていた事が原因なのだろうか。遊龍は竜神をちらりと見、そして小さく唸るのだった。

「なんか、また変わるな」
光麗に向けて、遊龍はそう呟いていた。
前回の変化の原因は紛れもなく遊龍自身なのだが。
風の少女が小さくこくりと頷くと、ひゅうと風が通りすぎた。
今はまだ、ゆったりとした時間が流れていた。


+++++



20分。
7/4(Enのお話が始まった日付)だから、ってネタを考えた結果当日になったという。
なんか、ものすごく、こっぱずかしい 笑
ヤマ無しオチ無し、そんな時間がありました程度という事で…!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saule495.blog82.fc2.com/tb.php/1510-6ec509c5