スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【TTSS】お題:七夕 

+++++

澄み切った空気が流れる朝の時間、晴乃は店の正面のドアを開き毎朝の日課を始めた。
夜の間は屋内に置いている植木鉢を、一つ一つ花の様子を伺って外へと出していく。
「おはよう、今日も元気だね」
そう花に声を掛ける。返事の声はないが、晴乃はまるで声が聞こえているかのようににっこりと笑った。
植木鉢を出し終わると、今度は何も入っていない空の容器を合間に置いていく。
小さな声で歌を口ずさみながら大きなじょうろに水を汲み、その容器に綺麗な水を張っていく。
全ての容器に水が入った頃、店の奥から晴乃を呼ぶ声があった。
はぁい、と返事をして店へと入っていく晴乃のそれもまた、毎日の日課だった。
晴乃が開店の準備をしている間、店長の奥さんが新しい花の準備をしている。
摘み取ったばかりの、店の庭で育てている新しい花たちを晴乃は受け取りに行ったのだ。
やがて店先へと戻ってきた晴乃は、その両手一杯に色取り取りの花を抱えていた。
花をぶつけないようゆっくりとしゃがみ込み、丁寧に水の張られた容器に入れていく。
容器が全て花に満たされ、こうして晴乃の朝の日課は終わるのだった。
しかし今日はいつもと少しだけ違った。
正確には今日だけではない、時々、日付によって変化が現れる。
今日は店長が花ではない大きな笹を持ってきた事で変化が現れた。
「これも飾ってくれないか?」
店長がそう言うと、初め晴乃はきょとんと首を傾げたのだが、今日という日付を思い出してにっこりと頷いた。
「七夕、ですね」
「ああ」
何の飾りもない笹は、恐らく店長が早朝に取りに行っていたのだろう。
店の準備をしている晴乃や奥さんよりも、いつも店長の朝は早かった。
それはこうして、店に関係していないようでしている準備を一人で行っているから、なのだろう。
晴乃は少し考えて、店先に置かれていた休憩用のベンチの端に笹を紐でくくりつけた。
笹は不安定ではあるが、程よい風にさわさわと揺れる涼しげな音と光景となった。
次に、店の奥からこぢんまりとしたテーブルを持ち出し―――見かねた店長が途中で加勢をし、そしてベンチの隣に置く。
「すみません、ありがとうございます」
「いやいや。これをどうするんだい?」
「せっかくなので、お客さんにも短冊を書いてもらおうと思って」
笹を見上げて、晴乃はそう言った。
「色紙とか、飾りに使えそうな物、お借りしますね」

店長が店の奥へと下がり、晴乃は一人でベンチに腰掛け飾りを作っていた。
色取り取りの色紙を切ったり、貼ったり。長く連なった輪飾りを作り上げると、満足げに晴乃は笑った。
長方形に切った色紙には紐を通して輪っかに結ぶ。その束はペンと一緒に箱の中に入れ、テーブルに置いた。
飾りの準備ができると、晴乃は立ち上がりよいしょと飾り付けを始めた。
色紙で作った飾りと、店に置いている花たち。一個一個丁寧に飾り付けていき、最後に残ったのは輪飾りだった。
背伸びをしててっぺんからぐるりと巻こうとするが、晴乃の身長ではどうしても届かない。
考えた晴乃は靴を脱いでベンチに乗ろうとし―――た、所で、常連客の姿に気が付いた。
「クラロスさん!」
慌てて晴乃はベンチから降り、靴をはき直す。服を整え、輪飾りを丁寧にテーブルに戻した。
「何してるんだ…?」
クラロスは、いつもと少し様子の違う店先を見て首を傾げる。
「あ、あの、今日、七夕で…」
すぐ隣に立つクラロスを見上げ、しどろもどろになりながら晴乃はそう答えた。
しかしクラロスの頭に浮かぶ疑問符は、どうやらまだ消えていないようだった。
笹を見上げ、輪飾りを見、
「たなばた………?」
そう呟くに留まった。
けれど先程の晴乃の様子は見ていたようで、輪飾りをそっと手に取り、もう一度笹を見上げた。
「これを飾ればいいのか?」
「えっ、あっ、はい」
びっくりした様子の晴乃を余所に、クラロスは笹のてっぺんからさらりと輪飾りを掛けた。
そして、笹の下の方に固まっていた飾りのいくつかを上の方に移す。
そんな彼の様子をぽけーっと見ていた晴乃は、はっと気付いてぺこんと頭を下げる。
「あっ、あの、ありがとうございます!」
「……別に。バランスが悪かったから」
クラロスは気付いているのかいないのか、顔を真っ赤にした晴乃に、表情も変えずにそう言った。
「あの、これ」
笹を見上げていたクラロスに、晴乃はそっと短冊を差し出した。
クラロスは当然、首を傾げる。
「これ、書いていきませんか…?」
「何を?」
渡された物を受け取りつつも、クラロスにはそれが何をするべき物なのか分かっていないようだった。
常連客と言っても、普段のクラロスは様子を見に来るだけで話す事はあまりない。
しかし今日は話題がたくさんあって、どうやら彼も忙しそうではない。
少しだけ堅い、けれど嬉しそうな顔で晴乃は笑い、七夕の事、短冊の事を話し始めた。
まだ書いていない短冊への願い事が、早速叶った、晴乃はそんな気がしていた。


+++++



40分…10分オーバーです。
書きたい部分書くまで行こうって思ったらこうなった上にとても尻すぼみ。
TTSSで最後ぐだぐだになるのは仕方ないと思ってるけどもちょっとどうにかしたいな。
たぶん欲張るのがいくないんだと思う。そこまで書きたいって思うならTTSSにしないで書こうよ。。。

大体毎年恒例な気がする七夕SS。
アナザとチェスとレーヴとEnで書いた事あったからそれ以外で…どこで書けるんだよって思ってたけどそういやアナザはまだ書いてない部分があった、って思って蔵の所になりました。
でも七夕文化がどの辺りにどんな感じで広まってるのかはちゃんと考えてないので実際のとこどうなんだか。
晴乃は書いてて新鮮だなって、思った。とても。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saule495.blog82.fc2.com/tb.php/1515-0f23b294
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。