ずぶずぶはまってる 

仕事帰りの電車で読書を始めました…って書こうとしていたんですが、昨日の行きと昼休みと帰りと夜の時間で一冊読み切ってしまって今日の帰りはやっぱりドラクエしていたのでした。
ちょっとずつ読むってできない。読み始めて尚かつそれがスピード感あるお話だと一気に駆け抜けたい。
そんなこんなで4巻まで出ている小説の1巻だけ買っていた私はひたすらもどかしくなって今日も本屋に走ったのでした。明日からのお供にします。夜の時間には極力読まないようにする…じゃないと夜更かしフラグです。早速昨日やりました(…)
追記にちょっと感想というか叫び書いとこう。ネタバレあるよ。

本とは全然関係なく、暑中見舞いを出したいです。
創作的なのじゃなくて普通のお手紙というか葉書というか。
季節物の便箋とか封筒とか葉書とか見てるとお手紙書きたくなりますね!
味気ない切手じゃ面白くないなぁって思って地域限定とかそんな切手を求めて郵便局に行きたいんですが開いてる時間に行けなさそうで早速詰んでます。ど、土曜に中央郵便局か…
それまでに葉書書いちゃいたい。


「ほたるの群れ」
阿波さんが読んでらっしゃってて紹介してらっしゃってて、その一言とあらすじでなんか好きな気がする!って思ってからの行動がやたら早かったです…割とすぐ本屋走ってしまった。
阿坂かわいいって言ってらしててどんなものかと思ったらやっぱりかわいいって言うか好きっす!!って感じで…
どす黒い展開で読んでてめちゃくちゃ痛いんだけど先が気になって気になってしょうがなくて一気に読んでました。
成駒の正体なー、永児じゃないのかこれーって思ってたら阿坂が疑い始めたので違うな、って思った。
先生怪しくて途中出てきた時に危ない!って思ったけど危ないの先生だったし退場だったしでもう…
でもそこまで来たらもう残り一人しかいないなーってなってそっからがとてもごちそうさまです有難うございます展開でした大好きです。なんだこれ…
まだ1巻だから分からない事だらけで中学生すげーなおい!ってなってて先が気になってます。
阿坂達何者なんだ…
修道女がめちゃくちゃ怖いです。敵側の聖なる存在みたいな人って、あからさまな悪よりずっと怖い気がする。
組織のリーダーより崇拝される対象の方がすげー怖い。ハラハラしてる。
阿坂死んで欲しくないけどいつか死んじゃうんじゃないかオーラが1巻から出てる気がしてそれも怖いよ!
取り敢えず阿坂と会長のやり取りが好きで好きで堪らないです有難うございます。
読む前は現代バリバリのお話かなって思ってたんだけど読んでて若干現実離れしてる点とかあってそういうの好きでした。すごい跳躍とか、素早すぎる動きとか、カードが武器とか(全部会長だ)
成駒の正体明かす時の、「眼鏡はかけていなかったが」の一文でぶち抜かれた私でした。反則だ…

なんかキャラ萌えばっかしてるような文になってしまったけど感想書くのが下手なだけなんだよ…むむ。
4巻で終わり…ではなさそう?なのでどこまで読み進められるかは分からないけど、ずっと面白かったらいいなって期待しながら読みたい所です。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saule495.blog82.fc2.com/tb.php/1531-4cf007d7