スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気付いたら熱中してる感じ 

ほたるの群れ2巻を読み終わりました。既にしにそうです(私が)
お話の内容的にも常に覚悟しながら読んでるんだけどさああああああねえええええええ!
次の巻でどう展開が転ぶのか楽しみで怖いですハラハラ…
読んでて顔に出るような気がするので外で読むのはちょっと躊躇うんですが今の所電車の中ってすごく読みやすい。
明日は3巻持っていこう…

ほたるに触発されて書き殴ってた突発SSが下にあります。TTSSのつもりではなかったので時間測ってなかったや。
季雪の事どんくらい表に出してたっけなーって思ったけど多分殆ど出てない気がする。
霧雨のししょーです。Enとアナザ周辺だったら戦って一番強い人。

今日は朝から電車がすさまじい事になっててバタバタしてしまいました。
JR全線止まってたっぽくて通勤に選択の余地がなかったという。おおおう…
今はもうダイヤも元に戻っててお知らせも出てなくて、何事もなかったみたいになってる。
なんか不思議な感じだ。。。
どうする!?どうやるべきだ?!な状態になった時、焦ったりとか迷ったりとかしてる筈なんですが、なんかその状況楽しんでるような自分もいる気がしてそういうの時々怖いなって思うのでした。ワーカーズハイに近い気がする。

追記はほたるの感想って言うか叫びだよ!


蜘蛛、って出てきた途端、やべえこれ好きな予感がする、って思ったのと同時に、2巻中に退場しそうな気がする、って思ったのでした。退場しなかったら3巻で阿坂が退場かな、って思ってた。
…ら、なんか予想以上に好きになってて死ぬとこは流石にきっつかった。そりゃそういうシーンなんだけど。
明らかに永児の方が前みたいに追い込まれすぎてはいないから余計に。
痛いってより怖いだったな。。
なんか段々、殺し屋達の所為で永児達が危険な目に遭ってるんじゃなくて、永児達の所為で殺し屋達が殺されてる気がしてきてだな…
私どっちかっていうと非日常に生きてる人達に肩入れしてしまうタイプなのでお前ら余計な事すんじゃねえええ!って思ってしまったりもするのだけどもうぐぐ。永児が日常に生きてるのかどうかは分かんないけども。
ああでも最後の成駒には貴様あああああああああってなったので、やっぱどっちも好きなのかもしれない。
毒とは知ってたのになんで気付かなかったかな…アズミに気を取られてて気付けなかったのが悔しい。
てっきり最後にアズミが出てきてどーんなのかと思ってたので思い込みいくない。
それにしてもアズミ怖い。3巻読むの怖いぞ…
蜘蛛がとどめ刺せなかったって言うくらい、阿坂と仲良かったんかなって思うと、なんかものすごくやり切れなさすぎて、阿坂はどう思ってるんかなって考えるのも辛い。多分どっちもどっちが死んでも仕方ないって諦めるんだろうけど、なんか穴が空いた感じになるんだろうな、って、思う。ただの妄想かもしれない。
蜘蛛の活躍っていうか仕事ぶりっていうか、そういうのもっと見たかったな。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saule495.blog82.fc2.com/tb.php/1533-1ea887a9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。