欲しがり屋なんだと思う 

ほたるを読み終わってバッカーノを読んでいる今日この頃です。鈍行編。
多分これ大体読んでるとは思うんだけどうろ覚えなので読み返してます。
っていうか1巻をだな…1巻っていう数え方でいいのか分からないけど1個前の巻を読みたい。
イマイチ時系列を理解していないので(アニメ知識だしな…)小説ちゃんと揃えたい。
フィーロがすっげ好きで可愛いんだけど鈍行編は全然出てこないね!!知ってた!!
堪えきれなくなって今日の夜はアニメの方見てました。うん、かわいい。
それにしても面白いし楽しいんですが、カタカナ名ほんと苦手だな私。
覚えきれないってのと、読んでてもどうしても頭の中で滑っていってしまって噛みしめられないというか。
海外の小説とかに手を出しづらいのもその所為だ…
日本の小説のファンタジーだってカタカナ多いのにね!
漢字大好きです。でも中国とかの名前になるとやっぱり頭追いつかないし、日本の古代辺りも覚えられない。
身近な名前が覚えやすいってだけだったー
自分とこのも漢字多くて、稀にカタカナいるけど、うちの中で限って言えば無い知恵絞って格好付けようとしてるのがカタカナの連中だと思ってる。3文字くらいで小文字とか入ってない連中は漢字連中と同じ括りな気もする。あとは漢字の名前あるけど片仮名表記してる奴とか。クラロスは漢字括りです、蔵だから←
カタカナが嫌いな訳ではなくて、単に慣れなんだろうな…
ファンタジー小説ばっかり読んでる気がしてたのに何故慣れないんだ…笑

創作?の話。
蔵も糸使って戦うんだし蜘蛛って喩えてもいいのになぁって思う事はたまーにあったりします。
っていうか蜘蛛好きなんだからそういうキャラにしても良かったのにな!とも思う。
けど現状蔵の場合は蜘蛛というより裁縫なんだよな…っていう。糸と針。
蜘蛛って言うと糸だけじゃなくて、なんか殺し屋とか暗殺者とかそういうイメージがあるからかもしれない。
蔵は戦いはするけどそういう方向性ではないしそうさせたくないからイメージが無い、のかなぁ。
そして蔵が糸使う所為で他に糸を使うキャラをあまり創りたくなくて蜘蛛キャラが創れないという…ぐぐぐ。
もどかしい。好きなのに。
版権とかよその創作とか見てて、ものすごく好き!!!ってなる要素はあちこちにあるのに、その要素って自分とこにはないんですよね。自分のだから好きになれないという訳じゃなくて、ほんとに無い。入れれてない。自分で書けないって分かってるから手を出さないんだろうなぁと振り返ってみるけどやっぱちょっと淋しいな。
関係性とか繋がりとか含めて好き要素だから、お話を思い付けない⇒キャラも創れない、って感じかもしれない。暗殺者が好きでも殺す対象がいなければ美味しいキャラにはならない、みたいな。
話があっちこっち飛んでるけどつまり小説読むの楽しいです、自分が持ってないものに触れるの楽しい。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saule495.blog82.fc2.com/tb.php/1542-f9cc119e