スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【TTSS】お題:黒い 

+++++

気が付いた時には辺り一面が真っ暗闇で、見える物も触れられる物も何一つ無かった。
これが終焉というものなのか。
そう漠然と感じた時に、一つの事に気付く。
今自分は物を考えて、そして見えないと思う「目」も、触れられないと感じる「手」も、そしてそう考える「頭」も持っている。何もない、訳ではない。そしてここには「空間」がある。
そうなると、今のこの状況が余計に理解ができなくなった。
「足下」は分かるが「地面」は分からない。立っているような気もするが、浮かんでいるような気もする。思考なのか、独り言なのか、「口」が動くような気はするが、「声」は聞こえていない気もする。「脳」に伝わっているのか「耳」を介しているのか、それも分からなかった。
けれど、生きていることは確かだった。
どうしてこの場所にいるのか。それは思い出せなかった。気が付いたらここにいて、その前は分からない。今この瞬間にこの場に生まれ落ちたのだと思える程に何も思い出せなかった。
「   」
言葉を発する、という行為はしっていて、やり方も知っている。けれどそれは実行できなかった。間違っているのか、合っているのにできない状況なのか、それは判断できない。この空間で、自分に出来る事がなんなのかが分からなかった。
「なぁにもがいてるの?」
どうやら、「耳」が「音」を聞く事は、今の自分にも出来る事だったらしい。
不意に響いたその声は、どこか楽しそうに笑っている「女」の声だった。
「    」
しかし返事をする事はできなかった。言葉も分かるし、言おうとしている事もあるというのに。
「そうだなぁ、ゆっくりと考えてみたらどう?ゆっくり、ゆっくり、思い出そうとしなくていい。記憶ってモノは思い出すモノじゃない。そこに存在しているモノなんだか。それを辿ってみたらいいんじゃないかな」
それを「思い出す」と言うのではなかろうか。そう思いながらも、それを口にする事はできなかった。
女の言葉を真に受けるつもりはなかったが、他にやる事もないので試してみる事にした。辿る。ぷっつりと切れてしまっている糸の先を、遙か遠くを見通すかのように辿る。
真っ暗闇の中に細く微かに消えそうな白い糸が見えている、ような気がする。暗闇の中に見えるのは、それだけだった。途切れているような、隠れているような、そんな糸に思わず手を伸ばした。幻覚だと思っていたその白に、「指先」が少しだけ触れる。
その一瞬で、暗闇の色が反転した。


長い髪と長いスカートを揺らしながらスキップで広間を横切っていると、ふと視線を感じた。
「なーに?」
足を止めて視線を感じる先を振り返ると、そこには真っ黒なフードを目深に被り真っ黒なワンピースを来た少女が立っている。
「理解できない趣味だなって思って」
少女は悪びれもせずにそう言った。こちらも、悪い気はしない。何故なら人の趣味など理解できなくて当然だからだ。押し付ける気はない。
「ああいうヒトは消えちゃった方がシアワセなんじゃないかな。そしたらまた次があるんだし」
髪をくるくると指に巻き付けながら、暗闇の中の「分岐点」に立っていた人物を思い出す。暗闇に消えて溶けていくヒトもいれば、早々に意識を取り戻すヒトもいる、目を覚ましてすぐに「記憶」を取り戻して再び狂ったように暴れ出すヒトもいる。一度放り込まれたらその後の道は流れに身を任せるようなものだが、その流れをちょっとつついて変えてしまうのが好きだった。それが「趣味」だった。
「次、ね」
「なーに、ルイちゃんも次を見たい?」
「遠慮しておく。それに私には次なんてないって知ってるでしょ」
「まーね」
淡々と感情の籠もらない声に、精一杯の笑顔を向けて応えておいた。

思い出したら消えてしまうこの世界で、自分一人だけが異端者だった。


+++++



20分。
八つ当たりのような文章になってしまった。
前半の人は、生前の事を思い出してしまったから消滅した。
けどあれで思い出さなかったら、分岐点の気紛れで白い部屋に放り込まれてたかもしんない。
なんかこういうのは大体エイルとひよりの所為。
「黒い」ってお題だったらこういう空間は似合わないなって思いながらそれで書いちゃった。
他の話で使いたい…

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saule495.blog82.fc2.com/tb.php/1553-d33bc702
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。