スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【TTSS】お題:ムラサキ 

+++++

「何してるの」
手摺りに腰掛け足を揺らす影をしばらく眺めてから、そうシズキは声を掛けた。本当はもっと前に家の中へと入る予定だったのだが、ぼんやりと空を眺める姿の邪魔をしたくなかった。
シズキの声に気付いて、ルキは視線を空から降ろしてきた。どうやら近くまで寄っていた事に全く気が付いていなかったらしい。少しだけきょとんとした顔で、シズキの目を見ていた。
「空。綺麗だったから」
聞かずとも分かる答えだったが、シズキは「そう」と頷いて振り返った。ルキの座る手摺りに寄り掛かり、一緒になって空を見上げた。その様子を見たルキもまた、視線を空へと戻す。
木々の頭上に広く広がる空は、夜の空気と朝の空気を混ぜ合わせた色だった。まだ暗い青の中に、赤がじんわりと滲んでいる。白いはずの雲にもその色が照らし出されていて、不思議な模様が描き出されていた。
「何してたの」
しばらく空に見入っていると、今度はルキから声を掛けられた。振り返らなくても声の位置で彼女がまだ空を見上げたままだと分かったので、シズキも振り返らずに口を開く。
「お互い様じゃないかな」
返事は無かった。というより、まだ待っていた。何も言わずに、ただルキはシズキの答えを待っていたのだ。無言の圧力が降り掛かり、シズキは降参したように肩を竦める。
「ちょっと用事があって出掛けてただけだよ」
嘘ではない。表情も視線も変えないまま、答える。
「少し遠い所まで行ってたから、帰りが遅くなっちゃったけど」
話している間に、空の色はどんどんと変わっていく。雲が風に流されて、ぐるぐると模様は描き直されている。やがて一筋の光が見えたと思ったら、すぐにその光は強さを増していって直視できなくなった。
くるりと振り返りルキを見上げると、彼女も空を見上げるのを止め、視線をこちらへと向けていた。
「そういうルキは、なんでこんな朝早くに?」
「目が覚めたから」
今度はあっさりと答えが返ってきた。多分何も隠してはいないだろうし、ただの事実なんだろう。くすりと笑って、溜息を吐いて見せる。
「風邪引くよ。もう中に入ろう」
そう言って扉までの階段に足を掛けた所で、もう一度声を掛けられる。
「あのさ」
足を止めてルキを見ると、今度のルキは太陽の位置から少しずれた場所の空を見ていた。つまりシズキにはルキの後ろ姿しか見えなかった。
「なんか、もうすぐ帰ってくるような気がしたから。目が覚めたんだと思う」
だからルキが今どんな表情をしているのかは分からなかった。
「おかえり」
何度か瞬きを繰り返して、何度も言葉の意味を頭の中で考え直して。何度もルキの表情を想像して。
「ただいま」
じんわりと暖かいものを感じながら、そう返していた。


+++++



25分。
お題一覧にいろんな色を書いていたんですが、紫と黄緑はカタカナになってます。
理由はアレだよ色を書くというより歌詞をお題にしてるんだよハッハー
それにしても書くたび思うけどなんで峻だけあんなに変わったかね…

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saule495.blog82.fc2.com/tb.php/1555-f366ab8e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。