【TTSS】お題:花火(その2) 

+++++

「わぁ!」
森の一角に、そんな声が上がった。
真っ暗な森の中に眩しい程の光が生まれている。力強く吹き出すその光を間近に眺めながら、光麗は飽きることなく笑い声を上げていた。隣の涼潤も、そんな姿を見ながら、そして自分の手元の光を眺めて、にこりと笑うのだった。
「どこからこんなにたくさん…」
呆れ声を呟くのは竜神だった。光麗達がしゃがみ込む場所から少し離れた地面には、手持ち花火が山となっている。そして竜神の足下には燃え尽き水を掛けられた花火が山となっている。
「風が運んできたんだと」
火花の吹き出す手持ち花火を片手で三本持って、遊龍は竜神に答えた。その答えている間に左手に持つ三本の花火に火を点ける。一気に火が噴き出して、遊龍の周囲は更に明るくなった。「危ね…」と呟く竜神の声は綺麗に無視されている。
「知ってたけど、やった事なかったんじゃね?」
パチパチと音を立てる花火を見つめながら、遊龍はぼそりと呟く。竜神は何も言わずにちらりと視線を向ける。
「街ん中じゃ出来なかっただろーし。こっち来てからだって一人でやっても面白くなかっただろーし」
「お前が来たの去年だろ」
「そうだけど、もし火事になっても消火できなかったし」
あぁ、と竜神は納得してしまった。現に、今の自分の役割は使い終わった花火の完全消火だ。
少し離れている場所の少女二人の会話は聞こえない。ただ、時折聞こえる笑い声は光麗のものだけでなく涼潤のものも混ざっていて、楽しくないという雰囲気には見えなかった。
「竜はやんねーの?」
「っ、だから危ないって言ってんだろ!」
遊龍が不意に竜神へと振り返った所為で、花火の先が竜神へと向けられる。六本分の火花が吹き出したままで、慌てて竜神は一歩後ずさる。と同時に一本ずつ勢いが弱まり終わりを迎えていく。思わず六本全てが沈黙するまで、二人は無言で花火を見ていた。そして辺りが静かに暗くなった時、堪えきれずに遊龍は吹き出していた。暗闇の中には、イライラとする竜神の表情が浮かんでいた。
「遊ー!」
声が掛けられて遊龍は笑いながらも振り返る。見ると光麗が大きく手を振っていて、どうやら火種を要求されているらしいのだと気付いた。
「ねえ!これに火、つけて!」
好奇心に溢れる表情で地面に置かれている花火を指差している。それはどう見ても今までの手持ち花火とは形も大きさも違う花火で、涼潤も、近寄った遊龍も竜神も一瞬言葉を失う。
「これって…」
「これって大きい花火なんだよね!」
円筒状の物体は、その場にいる全員が初めて見るものだった。風はなんてものを運んできたんだ…と遊龍は思うが、光麗からは期待の眼差しが向けられている。今この場で、点火を行えるのは遊龍一人だけだった。
「光、これは少し危ないから」
「そう、危ないから」
「離れて見てないと駄目よ」
「そっち?!」
遊龍の叫びを無視して、涼潤は光麗の手を引いてさっさと離れて行ってしまった。その後ろに竜神も着いていく。円筒状の花火の傍に、遊龍が一人だけ残されていた。
「マジですか…」
頬を撫でていく風は、まるで遊龍の事を慰めているようにも思えた。しかしその風がやがてピタリと止まると、風も花火を期待しているのか、と思わざるを得なかった。
森の中、少しだけ開けたこの場所の空は広く空いている。とはいえどれくらいの高さが上がるのか分からなかったので、迂闊に点火するのは少し躊躇った。振り返って離れた所に座り込んでいる三人を見ると、じっと遊龍の事を見ている。引くに引けない。それにきっと風だって危ないものは運んできていないだろう、もし危なかったら竜の野郎に任せておこう。そう結論づけて遊龍はぐっと拳を握った。
何本か届けられていた花火を等間隔に並べ、自分も少しだけ距離を置く。そして一つずつ着火する。
ドン―――と低く激しく響く音が、森の中に広がった。
思いの外高く打ち上がった空の花は、森の丁度真上に大きく広がる。見上げていた四人の顔を赤や青や黄色に照らしながら。
「すごーい!」
はしゃぐ声が後ろから聞こえて、遊龍はつい吹き出して笑ってしまった。


+++++



30分。
とび森が今日花火大会だったからあああああ!
この子らにはなんか思いっ切り青春やってて欲しいです。とても。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saule495.blog82.fc2.com/tb.php/1556-997ac59c