【TTSS】お題:雪 

+++++

間引きを終え小綺麗になった植木鉢を手に、店の外へと一歩踏み出す。扉を開けたままの店内とさほど変わらない気温ではあるが、吹き付ける風は外ならではのもの。刺すような空気に、思わず晴乃は身を縮める。重く暗い空はいつもよりも低く見え、心なしか街の中まで沈んでいるように見えた。すっかり冷たくなっている植木鉢を持つ手も、徐々に温度を奪われている。そっと軒下に並ぶ他の植木鉢の隣に並べると、晴乃は右手で左手を包み込んだ。
色の少ない季節だった。並ぶのも花ではなく色の付いた葉が多い。まだこの季節になって半分くらいしか過ぎておらず、花の咲き乱れる季節までは遠かった。
手を握ったままぼんやりと灰色の空を眺めていた晴乃は、やがてその空からはらはらと舞う白に気付く。
「あ…」
この辺りではそう見られるものではないので、今日はとびきり気温が低いという事だろうか。そう思いながら、降ろしかけた視線をまた空へと戻していた。顔にいくつか着地し、ひんやりとした感触を感じるがそれも一瞬で、すぐに消えていった。地面にはなんのあとも残っていない。
「晴乃…?」
不意に聞き慣れた声に呼び掛けられ、晴乃は慌てて視線を降ろす。と同時に開けっ放しだった口をぱっと閉じる。格好悪い所を見られた、という後悔がぐるぐると頭の中を駆け巡っていたが、極力それを顔に出さないようにと晴乃は必死になっていた。
「風邪引くぞ」
役所からの帰りなのか仕事からの帰りなのか、その逆なのか、クラロスは少しの荷物を持って店から数歩離れた所に立っていた。
「あっ、いえ、大丈夫ですよ、本当、大丈夫です」
まだ少しぐるぐるとしていた頭の所為で咄嗟に言葉が出て来なかったが、なんとか笑う事は出来た、と晴乃は思っていた。
その間にも、ちらちらと舞い散る白は少しずつ量が増えていっていた。植木鉢を出す為だけに外に出てきていたので、晴乃の服装はあまり着込んでいるものではない。体温がどんどんと下がっていっている自覚はあった。
「クラロスさんこそ寒くないんですか?」
対するクラロスも、厚着とは言えない格好である。けれど寒がる様子は見えなかった。晴乃の視線に気付いたのか、言わんとする部分を察したのか、クラロスは微かに笑ったような気がした。
「俺は慣れてるから」
そう答える彼の声が、どこか遠くを向いているような気がした。
「そうなんですか?」
「昔住んでいた所は、雪が積もる所だったから」
やっぱり彼の視線は遠くを、彼の故郷を向いているのだと晴乃には分かった。
それが少しだけ淋しくて、羨ましくて、なんだかよく分からない気持ちがもどかしかった。
「そうなんですね。私、こうやって降るのは見た事あるんですけど、積もってる所は見た事ないんです」
この辺りじゃそんなに降らないですからね。そう付け加えて、晴乃はもう一度空を見上げた。量が増えたとは言っても、あくまで比較的。このまま三日三晩でも降り続けたりしない限りは地面も白くはならないだろう。
「いつか、行ってみるか?」
突然の言葉に、晴乃はしばらく空を見上げたまま瞬きを繰り返してしまった。そしてクラロスに振り返ってそこでも数度瞬き。晴乃の様子にクラロスも少しきょとんとしていて、向き合ったまま静かな時間が流れる。
「遠いから、無理に行こうって訳じゃないけど。雪が見たいなら」
他に深い意味も無い事は分かっていた。分かっているけれど、その気遣いが嬉しかった。
不自然に空いてしまった間を申し訳なく思いながら、晴乃はその間を吹き飛ばしたくて思いっ切り笑った。
「行ってみたいです。雪、見てみたいです」
刺すような空気も風も、今はしばらく感じないような気がしていた。


+++++



30分。
季節外れにも程がありすぎたけどいい感じに避暑できた気がします気持ちだけ。
でも今日なんか涼しい笑
前触れなく唐突にうぃんたーあげいんが頭から離れなくなったのでつい。つい、書いてしまった。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saule495.blog82.fc2.com/tb.php/1558-b3a17099