スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【TTSS】お題:分かれ道 

+++++

まっすぐな道の真ん中に立っていた。その道は、二人くらいが並んで丁度収まるくらいの幅だった。
五歩くらい進んだ所では、道が二叉に別れている。
一本道の終わりまで歩いて行き、そして足を止めた。右の道も、左の道も、進んだ先に何があるのかは見えなかった。
「   」
何か声が聞こえたような気がして隣を見ると、そこには一人の人物が立っていた。見上げると同時にそちらも視線を向けてきて、そして合う。
見覚えのある、とてもとても懐かしい顔だった。
彼は何も言わずに顔を道の先へと向けると、やはり何も言わずに右の道を指差す。動きを見守っていると、次はこちらを指差して、そして左の道を指差した。
「…オレはこっち、ってこと?」
左の道を指差しながら訊ねると、彼はゆっくり頷いた。
不思議な事に、彼の顔は分かるし誰なのかも分かるのに、表情は口元しか見えず、それより上は薄ぼんやりとした影だった。道の先が見えないのも、同じような影の所為だった。
「どうして同じ道には進まないの?」
ふと口に出したそれは、聞いてはいけない問いのような気がした。しかし、答えは知っているような気もしていた。けれどそれよりも、聞かずにはいられなかった。
問い掛けた途端に彼は困ったような表情をしたような気がして、でも口元は柔らかく笑っていた。そして、ゆっくり首を振った。言えないよ、分からないよ、そう言っているようには見えなかった。
「ねえ」
更に言葉を重ねようとすると、顔の前に右手をぽんと突き出され、ストップを掛けられてしまった。不満げにその顔を睨み付けると、まっすぐこちらを見たまま、また首を振った。それ以上は言うな、そう言っているように見えた。
他に言いたい事はたくさんあるはずなのに、何かもっと別の事を言いたいはずなのに、そう思うだけで言葉は何一つ出て来ない。そうこうする内に、隣にいたはずの人物の背中が視界に入ってくる。一歩、そして二歩、足を踏み出していた。
待って!そう叫んだつもりの声は、実際には息にもならずに消滅していた。声が出なかった。
にーちゃん!やはり声にはならず、背中はどんどんと遠ざかっていく。先の見えない道の先へと吸い込まれていく後ろ姿は、次第に霞んできていた。
「またね!」
何が起きたのかも分からないまま、頭に浮かんだその言葉はすっと、音となって道の先へと響いた。自分でも少し驚いてきょとんとしてしまった。しかしぼんやりとした道の先、もうシルエットしか見えないその先で、こちらを振り返ったような気配がした。ゆっくりとその右手が上げられる。それを見て、慌てて自分も右手を高く上げた。
「またね!」
もう一度叫んで、大きく手を振った。
道の先で、大きく手を振る影が見えて、そして消えた。


そして目が覚めた。
見慣れた天井と見慣れた部屋。ぼんやりしている事が鮮明な夢はまだ頭の中にこびりついていて、現実と夢の区別を付ける為に何度も瞬きを繰り返した。その結果、この部屋が現実だという事に気が付いた。
「…また、ね」
ぼんやりと自分の手の平を見つめながら、烈斗は小さく呟いた。


+++++



20分。
お盆だったので…

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saule495.blog82.fc2.com/tb.php/1567-02a4e9ef
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。