「RPG風味で冒険パロディバトン」 

バトン倉庫眺めてたら思わず爆笑してしまったバトンがあったので回答してみますー。
創作やってる方は自キャラさんを当てはめてみると面白いかもです。
合ってたり合ってなかったりと色々笑えます多分(笑)



「RPG風味で冒険パロディバトン」


まずは質問の内容を見ないであなたのオリキャラ5人をメンバー指定して下さい

 1:遊龍
 2:竜神
 3:峻
 4:迅夜
 5:左翊


回答は追記よりどうぞー。


では物語スタートです
ルールは簡単、文章内の数字の部分を指定したキャラで当て嵌めて進めて下さい
「⇒」にはその場に合うそのキャラの台詞や一言をどうぞ。
その時のみ()内の数字を変更しても構いません。

■時は現在より遥か未来、とある学者の功績に因り、世界は人々が魔法を使用出来る世の中になっていた。魔法学校を首席で卒業したばかりの『4:迅夜』はひょんな出来事から『2:竜神』と知り合う。彼(女)はあの魔法の原理を発見した学者の孫だった――

(竜神)「てか、じいさんの顔とか全く覚えてないけどな」
(迅夜)「いやいやいや!凄いから!それ相当凄いことだよ?」
⇒「だから…」
「ね、友達のよしみでじー様に会わせてくんない?ねっ?」
「や、だからとっくに死んでるって…」

 (迅夜さん、もう少し落ち着いて下さい………)


■(竜神)の話によれば今世界は大変な危機に瀕していると言う。それは幾年の間使用してきた魔法のせいで人類が生きるために必要不可欠な『5:左翊』が減少しつつあると言うものだった。(竜神)は言う、「世界のために(左翊)を救う旅に出て欲しい」と――

(迅夜)「………旅に出たらじーさんに会わせてくれる?」
(竜神)「いい加減それはふざけてんのか」
⇒「まー旅は嫌いじゃないしな!」
「(誘うんじゃなかった………)」

 (迅と竜は相性悪そうだー)


■そして立ち上がった(迅夜)は(竜神)と共に旅に出る。しかし世界崩壊の序曲は既に始まっていた。そこに突如現れた二人の命を狙う『1:遊龍』と名乗る謎の暗殺者――(遊龍)は自らを世界の救世主だと言う。自分達を始末すれば世界が救われるのだ、と。

(竜神)「ふ……(鼻で笑う)」
(遊龍)「笑うなーー!」
⇒「お前それ本気で言ってんのか?(笑)」
「本気!本気だから頼むから笑うな、ハズいから!」
「ってか、遊龍じゃ俺ら倒せないだろ(笑)」
「そっちも笑うなーーー!(赤面)」

 (文読んでリアルに爆笑した作者)


■(遊龍)の話はこうだった。人類が使用してきた魔法のせいで、この星が死にそうな状態なのだと。この人類にとっての危機的な状況は星の自己防衛に因るもの――。人類を救えば星は死ぬ、星を救えば人類は死ぬ。ならば自分は星を救う救世主として『3:峻』と共に人類に制裁を下そう、と。

(迅夜)「やっぱ1人じゃ出来ないよねぇ(笑)」
(遊龍)「笑いすぎだっての!orz」
⇒「やるならさっさと今やれ、1人でしろ。………ふっ(笑)」
「だから笑うな!ツボにハマるな!ちょ、後ろで峻も笑ってんじゃねーーー!!!(叫)」

 (出番待ちで後ろに待機中な峻さん。顔背けてこっそり笑ってそう。)


■(峻)とは一体誰なのか――。しかし様々な謎が残る中、(迅夜)と(竜神)はならば星と人類、どちらも救う手段を探そうと決意する。するとある時、(左翊)の中心である存在は人である事が分かり――

(左翊)「………あ」
(迅夜)「よう、サイじゃん!え、何、お前も来てたんだ」
⇒「来てたとかそういうレベルじゃ無いと思うんだが」
「えー、っていうか居るならさっさと出てきてくれればいいのにさぁ」
「一応脚本というものがな……」
「「オイ」」(by.遊&竜)

 (サイと再会な迅夜さん。パートナー(竜)放ってます)


■結末を考えてみて下さい。
迅「あれ、ってかさ。サイが減少してるって聞いたんだけど…お前そんなに沢山いるのか?」
左「居るか」
迅「えーじゃぁ何あれデマ?ここまで来たのになぁ。あ、しかもこれがデマって事はさ」(遊のこと見る)
遊「違うって!オレなんも関係ないから!だから笑わないで下さい!(必死)」
竜「アホくさ」
遊「元はと言えばお前が迅夜さん連れてくるからだろ!責任取れーーー!」
峻「………出番無し?」

 こうして世界の危機は杞憂に終わり、またいつも通りの騒々しい毎日が繰り返されるのだった。めでたしめでたし。
⇒遊「ちょっと待てぇぇぇ!!!」

 (まー、コイツらが話し作ればな。こうなるわな。)

■では、この物語のタイトルを(2)に決めさせて下さい。
⇒竜「『俺と五月蠅いその他の連中』?」
遊「待て」
迅「せめて『愉快な』で行くのが筋じゃね?」
竜「俺は不快だ」
遊「その他の連中ってのがムカつく」
竜「じゃあ『俺と」
遊「まずその俺ってのがムカつくんだっての!」
峻&左「早く決めろ」

 (コイツらで話が纏まるわけがないよなー…)


■回す方が居らっしゃれば(3)に言わせて下さい。(何人でも可)
⇒峻「作者からの伝言で、『時間のある相互様で興味を持った方』だそうだ」
迅「お前もさぁ、もっと明るく言おうぜー?」
峻「明るく………?」
迅「こう…聞いた人がよっしゃ答えるぜぇぇぇって気になるくらいに読んでみろってコト」
峻「例えばどんなだ。俺はそういうのに慣れていない」
迅「だっからさぁ、ほら、サイ!」
左「分かってて俺に回すな」


■お疲れ様でした。
遊「え、終わり?!オレ全然誤解解けてないんだけど?!」
竜「そういう人生だったってことだ」
遊「どんな人生だよ!」

 (終われ)



---
なんか、いきなり次回予告な雰囲気です。あれすごく好きです(笑)
メンバー選出は捻りもせずあぁなったんですが、妙な結果になりましたね。
迅夜が魔法学校首席卒業ってのは当て嵌まりそうです。学校は行ってないけど首席卒業くらいやりそうな人だ。
爆笑ポイントは遊だったんですが、完全に弄られ(いじめられ?)キャラです。
協調性のない連中だ。。

因みにこのバトン、もう1パターン有ったのでまたそのうち回答したいです。
興味持たれた方是非どうぞ…!



「RPG風味で冒険パロディバトン」

まずは質問の内容を見ないであなたのオリキャラ5人をメンバー指定して下さい
1:
2:
3:
4:
5:

では物語スタートです
ルールは簡単、文章内の数字の部分を指定したキャラで当て嵌めて進めて下さい
「⇒」にはその場に合うそのキャラの台詞や一言をどうぞ。
その時のみ()内の数字を変更しても構いません。

■時は現在より遥か未来、とある学者の功績に因り、世界は人々が魔法を使用出来る世の中になっていた。
魔法学校を首席で卒業したばかりの『4:』はひょんな出来事から『2:』と知り合う。
彼(女)はあの魔法の原理を発見した学者の孫だった――
(2)「」
(4)「」


■(2)の話によれば今世界は大変な危機に瀕していると言う。
それは幾年の間使用してきた魔法のせいで人類が生きるために必要不可欠な『5:』が減少しつつあると言うものだった。
(2)は言う、「世界のために(5)を救う旅に出て欲しい」と――
(4)「」
(2)「」


■そして立ち上がった(4)は(2)と共に旅に出る。
しかし世界崩壊の序曲は既に始まっていた。
そこに突如現れた二人の命を狙う『1:』と名乗る謎の暗殺者――(1)は自らを世界の救世主だと言う。
自分達を始末すれば世界が救われるのだ、と。
(2)「」
(1)「」


■(1)の話はこうだった。
人類が使用してきた魔法のせいで、この星が死にそうな状態なのだと。
この人類にとっての危機的な状況は星の自己防衛に因るもの――
人類を救えば星は死ぬ、星を救えば人類は死ぬ。
ならば自分は星を救う救世主として『3:』と共に人類に制裁を下そう、と。
(4)「」
(1)「」


■(3)とは一体誰なのか――
しかし様々な謎が残る中、(4)と(2)はならば星と人類、どちらも救う手段を探そうと決意する。
するとある時、(5)の中心である存在は人である事が分かり――
(5)「」
(4)「」


■結末を考えてみて下さい。


■では、この物語のタイトルを(2)に決めさせて下さい。


■回す方が居らっしゃれば(3)に言わせて下さい。(何人でも可)


■お疲れ様でした。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saule495.blog82.fc2.com/tb.php/157-63a97cc8