スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【TTSS】お題:喧嘩その2 

+++++

遥か遠く、高くに広がる空を見上げていた少年が次に見たのは、やけに近く狭く感じる天井だった。比較対象が果ての分からない空なのだから、狭いのは仕方のない話なのだが。やがてぼやけた天井の形が、段々と鮮明になってくる。
はっきりと目を開けた時、無意識に少年の口からは大きな溜息が吐き出されていた。
と、そのタイミングと同時に少年に影が被さる。
「溜息吐くと幸せ逃げるぞ」
「うわあ!」
耳が声を判断するよりも先に、目が影の正体を見て、気付いた時には口から叫び声が迸り身体は床へと転がっていた。どうやら寝台の上に寝ていたようだったと、落ちたことで気が付いたがそれどころではない。騒がしい音を立て身体の動きは止まったが、少年の頭には先程と同じとまではいかないながらも星がチカチカと舞っている。
「おいおい…」
そんな少年に向けて呆れた声が頭上から降ってくる。
「人の顔見て大声出すって、どういう頭してんだよ」
高い位置で結んだ黒の長髪がばさりと少年の顔近くまで落ちてくる。その隙間を縫って少年の視線は見下ろす人物の目を思い切り睨んでいた。
「脅かすんじゃねえよ馬鹿ユヤ!」
ゴスッと鈍い音を響かせ、少年は叫んだ直後にはもう身を縮めていた。正確に言うならば、腹部を両手で押さえて激痛を堪えていた。
「"母さん"と呼べ、って言ってンだろ」
見下ろす眼光は鋭く、床を向いている少年にすらその刃物のような視線は刺さるように感じられていた。呻くように「ふざけんじゃねえ…」と呟くも、その言葉は音にはなっていなかった。
少年の腹部に華麗な蹴りを入れたユヤと呼ばれた女は、両手を腰に当てフンと仁王立ちになる。
「ついこの間まではお母さん、お母さんってうろうろ着いて回ってきてた癖に、随分早い反抗期だな」
「うっせえ…、どこにそんな乱暴な言葉使う母親がいるってんだよ…」
「目の前にいんだろうが、あぁ?」
転がったまま必死に呟く少年の言葉は、ユヤの前ではなんの効力も持っていなかった。しかしそれも今に始まった話ではない。口喧嘩にしろ実際の喧嘩にしろ、少年がこの母親に勝ったことはないのだ。仕方なしに少年は逆らうことを止め、無抵抗に転がっておくことにした。
少年も、昔から母親に反抗的だった訳ではない。
物心着いた頃から母親に女手一つで育てられ、「母親の使う言葉」を覚えて育った。その言葉が普通であれば男が使うようなものだと知ったのは数ヶ月前のこと、そして母親が「わざと」男言葉を使っているのだと知ったのがつい先日のこと。そこに対して感情が爆発した、といったところだ。
転がる少年を避けて歩み、つい先程まで少年が横になっていた寝台にユヤは座る。
「そんな我が侭やってたら、すぐ死ぬぞ」
「子供に向かって死ねって言うなよ」
「そこまでは言ってねえだろ」
ベシッとユヤの爪先が少年の腕に当たると、当たった以上の痛みを訴えて少年は悶絶した。そこは先日思い切り打ち身をした場所だった。
「悪ぃ」
「分かっててやってんだろ…」
「まぁな」
顔を上げずともユヤのニカッとした笑みが思い描かれ、少年は痛みと苛立ちで歯を噛みしめるのだった。


+++++



25分。
昨日の続き。とても構成力はない、と思いながらも詰め込んだのでいつか書き直したい。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saule495.blog82.fc2.com/tb.php/1587-1dd49ce9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。