スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【TTSS】お題:夢 

+++++

『大嫌い』
聞き慣れた声が紡ぐ聞き慣れない言葉が背後から聞こえると同時に、ドンという音が聞こえた。
状況を上手く処理できない頭には、どうやら痛みすらも随分と遅れて届いたらしい。
猛烈な目眩と急速に力の抜けていく足、地面が目の前に迫ってからようやく、背中に鈍く重い痛みを感じ始めた。
それでも何も理解しようとしない頭は何度も何度も同じ言葉を繰り返していた。
倒れる前に聞こえた言葉。その意味。
なんで……?
そう呟いたはずが、口から溢れたのは真っ赤な液体だけだった。
俺、そんなに嫌われるようなことしちゃったかな………
いっぱいしてるか。
意識の淵をもがき掴むことすら考えられずに、あっという間に世界から光と音が消えた。


―――
「おい」
ガタガタと伝わる振動に、ゆっくりと世界に音が現れだす。
「おい、起きてるのか」
聞き慣れた声と、そしてぼんやりとした光が意識を叩き起こしている。
現実と非現実の合間を揺らめきながら、やがて光は見知った形へと変わっていった。
「………」
目の前には引き攣った真っ青な顔があった。
肩に乗せられた手が先程の振動を生み出していたのだと、段々と理解していく。
あぁ、だから。
声には出さずに、表情にも出さずに、呟く。
「うなされてたぞ」
心配そうに、というよりはどことなく恐れを感じていそうな表情で声を掛けられる。
同じ部屋にはなりたくなかったんだ。
息を吐き出しながらゆっくりと瞬きをする。
どうせそっちだって何か隠しているくせに。
「変な夢見ただけだから。なんでもない」
先にバレるのが嫌だったのに。
「起こしてごめん」
恐らく寝てはいなかったであろう相手に向かって、視線を逸らしながらそう言うのが精一杯だった。
思った通り、返事は無かった。


+++++



10分。
下のTTSSしばらく一番上に来たままだったんだと思うとなんだかはずい。
がしかしこれが一番上にいるのもまたはずい。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saule495.blog82.fc2.com/tb.php/1614-6d1c3745
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。