【TTSS】お題:雨 

+++++

地面を、窓を、壁を叩きつける激しい雨音に苛立ちながら、猛烈に不機嫌な表情を隠しもせずに立ち尽くしていた。
苦笑いを浮かべる宿屋の主人も、対応に困っているのだろう。
別に彼に対して苛立っている訳ではない。ただこの状況そのものが気に食わないのだ。
「この近くに別の宿は」
「残念だけどここしかないよ」
あるのならば土砂降りも気にせず向かおうという考えは呆気なく砕かれた。
打つ手無し。
それでも納得する気にもなれず、駄々をこねる子供のように唸り続けた。
「男女ならともかく、男二人旅で二部屋取りたがるなんて珍しいよ。嫌いな相手と旅してる訳でもないだろうに」
嫌味というよりも素直な感想なのだろう。主人がしみじみとそう呟いた。
客観的に見ようと思えば自分だって同じ感想を持つだろう。滑稽だとも自覚している。
しかし嫌なものは嫌なのだ。理解して貰おうとは思ってはいない。
「まさかお前さん達、そういう趣味なのか?」
「違うって」
間髪入れずに言い返すと、語気が強すぎたのだろうか、主人の顔がきょとんとしていた。
言い訳も謝罪もその場に合う気がせず、その後に言葉を続けることができないままそっぽを向いて口を噤んだ。
おおらかな、もしくは世間話が好きな主人だったのだろう。
さして気にした様子も見せず、いつの間にか元の表情へと戻っていた。
「まあ、深追いはしないけどね。泊まらないというなら引き止めはしないけど、この雨、一晩じゃやまないと思うよ」
鍵を用意しながら、聞こえてくる雨音に耳を傾けてそう伝えられる。
それも、分かっていることだ。
渋々と鍵を受け取り、主人に向けて頷き返す。
いっそ彼がもっと素っ気なく、土砂降りの中へと追い出すような人であれば迷わなかったのかもしれない。
そうしてまた、釈然としない出来事を他人の所為にしようとしているのだ。
重なる自己嫌悪に重い溜息を吐き、同じ表情をしているであろう連れ人の元へと足を向けた。


+++++



15分…くらい。途中脱線してたら思いっ切り迷子になったよ。
あとお題:雨ってそういや前にもやってたな…

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saule495.blog82.fc2.com/tb.php/1615-d0a6f13b