スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【TTSS】お題:日常 

+++++

「え、うそ」
思わず素っ頓狂な声を上げてしまうくらいには、実の姉の言葉を信じることが出来なかった少女が一人。
きょとんとする表情を、何度も瞬きを繰り返しながら見つめる。
「付き合って…ないの…?」
こんなところで嘘をついたりはしないだろうと分かってはいても、二度目の確認を止められなかった。
少女の隣には黙り込んだ少年もおり、しかし表情は少女のそれと同じであり、驚きを隠せていないのは明らかだった。
少しの間を挟み、静寂が流れる。
呆然とした視線を向けられたままの少女の姉は、居心地悪そうに目を斜め下へと向けた。
「そういうの、分からないから」
小さな声が、困ったように紡がれた。
それ以上言葉を続けることの出来なくなった少女と少年の肩に、ぽんと手が置かれる。
「周りがとやかく言う事じゃないよ」
二人が振り返るとそこには、二人の見知った顔が一つ。
「お姉さんもお兄さんも、仲良いんだからそれでいいじゃん」
ね?と言って首を傾け、そしてその表情と言葉に、二人は揃って頷いた。

「……でもさ、ねえ、イズ」
少女は隣を歩く少年にこわごわと声を掛ける。
少女の姉と別れた後、三人は揃って歩いていた。会話はようやっと今始まった所だった。
しかし少女の言葉はそのまま続くことはなかった。
口を噤み、視線を不自然に揺らす。
一人の少年は少女と同じように口を噤み、もう一人の少年は前を向いたまま表情を変えない。
「なんでもないよ」
間を置いた後に、少女は自ら会話を終了させた。けれど。
「言いたいこと分かるから、言わなくて良いよ」
前を向いたまま、表情を変えないまま、少年は静かにそう言った。
その言葉で、少女ともう一人の少年は思わず足を止めた。数歩先で、少年も足を止める。
振り返った表情は二人が想像していたよりも穏やかだった。
「俺は大丈夫だから」
ふわりと笑う姿は、いつもと何も変わらない。
「原因は兄貴だよ。だから恨まれるのも分かってるし、それを否定しない。でも、だからこそ俺は兄貴の味方でいたいし、俺が恨むのは兄貴にとっての原因だから」
その言葉もいつもと変わらない。
その考えを否定しない二人もやはり、いつもと変わらない。
それが彼らの日常だった。

ただ少しだけ、人数が増えて揺らぎが出来てしまったことが、彼らにとっての日常への変化だった。


+++++


20分くらい。
~分くらいっていう曖昧さは主についったとか眺めてて経過した時間を大雑把に引いてる所為です。
集中力は持ち合わせておりません!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saule495.blog82.fc2.com/tb.php/1621-c058e2f3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。