【TTSS】お題:クリスマス 

+++++

台所から黒い煙と香ばしいを遥かに超えた匂いが漂ってくる。
やっぱりダメだった、そう溜息を吐き出しながら遊龍は足を向ける。
「大丈夫…?」
「ゆーくん…」
案の定泣き出しそうな目を向けられ、うっと言葉に詰まる。
ケーキを作りたいと言い出したのは彼女の方だった。
そして出来る限り一人でやってみたいと言ったのも彼女の方からだった。
初め遊龍は、デコレーションだけやってみないかと提案してみたのだが、頷いてはくれなかった。
どうしても出来なかったらお願いする、そう言われて一時間も経たないうちの結果がこれだ。
正直な所予想通りだったのだが、かと言って慰める言葉を用意していられる訳でもない。
「ごめんね、ちゃんと作り方見てたんだけどね。どうしてかなぁ…」
微かにまだ黒煙の昇るケーキ型を見つめながら、そう呟かれても返事に困る。
「海有さん、やっぱり一緒に作ろうよ。そしたらどこがおかしかったか教えられるしさ」
隣に並んでそう伝えても、悔しそうな彼女の表情は中々和らいではくれなかった。
「いっつもお願いしちゃってるから」
「いつも通りでいいんだって」
「今日こそは…せっかくの日なのに…」
「また来年も来るから!ね、その時までにもっと練習しておけばいいんだからさ。今日は、ね」
まるで年下の子をあやすかのようになってしまう口調に、海有もようやく渋々とだが頷いた
遊龍もほっと胸を撫で下ろす。この状態がこのまま続いていたらと思うと恐ろしい。

「私やっぱり、はーちゃんに釣り合えないのかなぁ」
イチゴのへたをゆっくりと取りながら、海有はぼんやりとそんな事を呟いた。
思わずクリームを泡立てる手を止め(そうでもしないとボウルも泡立て器も落としそうだった)、海有を見た。
どうやら冗談ではなく本気でそう言っているようで、段々と動作が遅くなりついに手を止めてしまった。
「どー考えても、それは、ないと思うけど……」
本人には本人なりの悩みがあるのかもしれない。とは言っても、それを肯定する気にはなれなかった。
「海有さんもうちょっと自信持っていいと思うよ」
何回、彼女を励ませば伝わるのだろうか。
考えた所で、彼女の想い人が一言言えばそれはすぐに伝わるのだろうが。
(オレもいつかなー)
これだけは口に出すまいと、遊龍は再びクリームを泡立て始めた。


+++++


25分くらい(ロスタイム含む)
クリスマスだったので…の筈がやっぱり迷走した。因みに隼人誕でもある。

遊「\リア充爆発しろ/」
隼「爆発してたらお前今いないぞ」
遊「Σ」
海「もお、はーちゃんったらぁ!///」
遊「(爆発しろ………)」
こんな感じ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saule495.blog82.fc2.com/tb.php/1642-fcc99f67