【TTSS】お題:手 

+++++

光麗の隣は、いつも温かかった。
秋が深まり冬が近付くにつれ、森での暮らしに少し不安を覚えていた遊龍だったが、その事に気付いてからはすっかり不安は軽減していた。
彼女の周りにはいつも風がいて、彼らが光麗を、そして隣にいる遊龍の事を冷気から守ってくれていた。
どうやら遊龍を守るのは光麗を守るついでらしく、彼女から離れてしまうと随分と寒さを感じるようになってしまうのだが。それでもある程度の距離までは許容してくれるので、風達が遊龍のことも認めているのか、光麗が頼んでくれているのかだろうとは思っていた。
「でも変だよね」
隣に座る光麗が、遊龍の方を向いて首を傾けた。
風がくるくると回りながら二人を囲んでいて、そしてその周りでは白い雪がのんびりとちらついている。
遊龍は「何が?」と聞きながら光麗の方を向いた。
「遊は炎を使えるんだから、光より温かそうなのに」
不思議そうに、光麗はそう言った。
対して遊龍は、しばしきょとんとしたあと、おもむろに両手を開いてじっと見つめた。
「そんなことないよ」
遊龍から否定の言葉が返され、今度は光麗がきょとんとする番だった。
「そんなことない」
どうしてか二度呟いた遊龍は、両手を見つめたまま黙り込んでいた。
数秒、数分。
時間は分からなかったが、同じように遊龍の両手を見つめていた光麗は、不意にその手を自分の両手で取った。
びっくりした遊龍が顔を上げると、思っていたよりもずっと光麗の表情は硬いものになったいる。
と思ったのも束の間で、途端に光麗はくすりと笑った。
「ほんとだ、冷たいね」
笑いながら、光麗の両手はぎゅっと遊龍の両手を包んでいる。
「でも、手が冷たい人って、心が温かいって言うよ」
きゅっと力を込めてくる手は、冬の日のものとは思えないほど温かかった。
温かさを感じると同時に、遊龍の胸はキリキリと音を立てているようだった。
「じゃー、手が熱かったら、心は冷たいのかな」
ぼんやりと口に出してしまった言葉は、しっかりと光麗に届いている。
一瞬遊龍はハッとするが、すぐに目を逸らして「なんでもない」と呟いた。
何度か瞬きをしながら遊龍の言動を眺めていた光麗は、今度は首を傾げたりせず、けれど遊龍から目を離すこともなく、遊龍の手を握り続けていた。
「手が冷たくても大丈夫だよ、って意味だと思って言ってるから、手が温かいとか、熱いとか、それは別問題だと思う」
どことなく固い言葉に思わず遊龍が振り向くと、ううんと唸るような光麗の表情が見える。どうやら、言葉を必死に選んでいるらしい。その様子がおかしくて、温かくて、遊龍はくすりと笑ってしまった。
笑われたことに少しムッと頬を膨らませた光麗だったが、すぐにつられて笑い出した。
「ごめん。ありがと」
両手に包まれた両手に視線を落とし、それから光麗を見て、遊龍はそう言った。
「どういたしまして」
光麗も、にこりと笑ってそう言った。


+++++


30分くらい。
思ったより掛かってたな…(TTになってない件
雪が降ると雪の話が書きたくなるんです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saule495.blog82.fc2.com/tb.php/1658-7b47fde1