スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【TTSS】お題:日記帳 

+++++

「変なの」
少女は読んでいた日記帳をパラパラと捲りながら、そう呟いた。
誰もいない家。誰もいない部屋。
人が住んでいたような気配はあるのに、今現在誰かが暮らしている空気を纏っていなかった家。
こっそりと忍び込んだその家の中には、一冊の日記帳が置いてあった。
正確には他にも本だのノートだのは色々あったのだが、まあ、そこは割愛。
他人の日記を読むというのは少しばかり気が引けて、それよりもずっと心躍った。
どうせ誰もいないのだから。
持ち主に会うこともないのだろうし。
そう思うと手は自然と表紙を捲っていたのだった。
そうして読み耽ることしばらく。口から出た感想は、そんなものだった。
「変だよね、こんなの」
日記を書いている人物に向かって、聞こえるはずのない言葉を投げ掛ける。
感想、というよりも、ずっと相手に伝えたい言葉だった。
「好きならさ、言わなくちゃ伝わらないよ。相手の心が読めるわけでもないんだから」
好きだ好きだと愛の詞を書き連ねていたわけではない。
ただ静かに静かに、大切なんだと、並べているだけ。
それが余計にもどかしく、むず痒く、叫びたかった。
「手遅れになったら、もう取り返せないんだよ…?」
この日記を書いた人物が、今どこにいるのかは分からない。
間に合ったのか、手遅れになったのかも、何も分からなかった。
日記に結末までは書かれておらず、つまりは途中で終わっていた。
「ここにいたら、会えるかなぁ」
もしその時、日記を書いた人物と、その人物が好いている人物が二人でやってきたら。
気まずいけれど、すこし嬉しいかもしれない。
そんな事を思いながら、少女は部屋をぐるりと見回した。


+++++


15分。
あれだよな、自分が留守にしてる間に日記読まれるとかしにたくなるレベルな気はするけども。
因みにこの後この子は日記書いた人と出会うし、読んでたことバレるし、泣かれます。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saule495.blog82.fc2.com/tb.php/1660-e16a86aa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。