スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【TTSS】お題:人違い 

+++++

初めて歩く土地で、何か懐かしいものを見掛けたような気がした。土地に似合わないような気さえした、青い色だった。
雑踏の中、うっかりするとあっという間に見失ってしまいそうな色は、それでも混じりきらない綺麗な色だった。
「ま、待って」
思わず叫んで人混みを掻き分ける。道行く人々が気にしたり、気にしなかったり、それぞれの形相で見ていた。
恐らく気付いていないのであろう後ろ姿は、振り返る様子を見せない。
もう少し、もう少しで手が届く。
逃げるために人混みの中を走るのは得意だが、人混み中目的地に向かって走るのは苦手なのだと、こんな時に気付かされた。
いつかの何かのために覚えておこう。そう思いながら少年は口を開く。
「峻!」
肩に手が届くのと、青い髪が振り返るのとはほぼ同時だった。
そして、
「…あ」
振り返った顔を見た途端、少年は口を開いたまま動きを止めた。
足を止めた二人を邪魔そうに避けながら、時折ぶつかりながら、人混みは流れていく。
ぶつかった衝撃でハッと我に返った少年は、見知った顔を想像していた見知らぬ人物にものすごい勢いで頭を下げた。
「ご、ごごごごめんなさい!人違いでした!」
よく見れば、青は青でも自分の知る青よりも幾分か緑に近い色だった。長めの前髪から覗く顔立ちは、自分と同じか少し上くらいの年頃に見えなくもない。一体何を勘違いしてしまったのだろうかと、少年は顔を真っ赤にしてしまう。
慌てふためいた結果最後にべたっと頭を下げ、そして少年はそのまま走り去ろうとした。が、
「待って」
今度は反対に、青い髪の少年が声で少年を制止する。あ、やっぱり声がどことなく似てる気がする。そう思って走る気力は即座に失われる。
「あ、あの、変なこと聞いてごめんなさい。あの、もしかして、俺のこと見て、"シュン"って言ったの?」
恐る恐る、けれど奥底には確信を持って。
青い髪の少年は、真っ直ぐに少年の目を見て問い掛けた。


+++++


20分。
最近とても、Enその後の話が書きたくて溜まらない。
しかしいつもの事ながらお題が後付けです(…

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saule495.blog82.fc2.com/tb.php/1666-9d4dfe96
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。