スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【TTSS】お題:ひみつ 

+++++

「憎んでいたんだ、アイツらの事を」
俯いた顔でそう言う男が、今どんな顔をしているのかは分からなかった。表情もだし、胸中もだ。声が辛そうで、表情が苦しげだったとしても、その内面では何を考えているのかなど分かりはしない。分かるわけがない。
「憎んで、憎んで。どうやったら復讐できるのか、考えていた」
相変わらず淡々とした声は、尚のこと感情を感じさせない。
「そうした時に、君に、君たちに出会った」
だからこそ、どう捉えるかは自分次第なのだと。この男のことを、自分がどう見るかが全てなのだと。そう思っていた。
両手を額に当てて完全に顔が見えなくなった彼の背を見て、そして思った言葉がするりと口から離れた。
「やっぱり」
男の方がぴくりと揺れた気がした。
「何か事情があるんじゃないかとは思ってました。私が一目惚れされるだなんて思っていませんでしたから。つくなら、もっと上手な嘘をつくべきでした」
するすると流れるように飛び出す言葉の一つ一つが、男に刺さっているのだろうかと思った。聞いた話と、今の彼の様子を見ていれば、そうなのだと察することができた。仕返しは、これだけで充分だった。
「違うんだ、これだけは信じて欲しい」
「分かっています」
ガバッと顔を上げて真っ直ぐに向けられた視線を、同じく真っ直ぐに受け止める。
分かっている。だから今こうやって話を聞いているのだ。
言葉を遮られた男の瞳が、ぐらぐらと揺れていた。なんだ、この人もやっぱり、随分と弱い人だ。
「あなたが私のどこを好いているのかだなんて気にしていません。私はあなたの事が好きで、信じています。だから、あなたの選んだ道を応援します」
真っ直ぐに、黒の瞳の下に隠れる金色の瞳を見つめた。彼は、私が知っているということを知っているのだろうか。いつか聞いてみよう。
「私はあなたも、あの子も守りたい。それだけです」
「柳…」
ふわりと風が通りすぎ、木の葉が舞った。
今日は会えないはずの日だった。だからこれは、私たちだけの秘密になる。
「俺も、守るから」
ぐっと両手を握り締められ、その暖かさに思わず微笑みが溢れた。
ああ、やっぱり、私は彼のことが好きなんだ。


+++++


20分。TTSSっていうかブログが久しぶりすぎてうおおおおおえええええ…ってなってますひええ。
ちょっとしたネタを思い付いたので、熱いうちに供養しに来たのでした。
またちょいちょい文章書きたいよっていう気持ちが沸いている今日この頃。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saule495.blog82.fc2.com/tb.php/1684-74b587d9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。