スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【TTSS】お題:無題 

+++++

パタパタと走る音がすぐ後ろから聞こえ、荘太郎は足を止めて振り返った。思った通りの姿がそこにはいた。
「なあ荘太郎!今日は何しに来たんだよ!」
「来ちゃ悪いのかよ」
年端もいかない少年の言葉だけを聞くとまるで歓迎されていないようだが、声の調子と表情と、何より普段の彼の様子を知っている側としては、そうではないということくらいすぐに分かるものだった。軽く苦笑を浮かべながら言い返す。
「ちげーよ!何しに来たのか聞いてるだけだっての」
少しだけムッと頬を膨らませ腕を組んでみせるも、大して怒ってはいないという事もバレバレだった。
「今日は調べ物しに来ただけだよ」
歩き始めると少年も隣を歩き始めたので、そのまま荘太郎は口を開いた。行き先は資料庫であり、少年への言葉に偽りはない。少年は「へー」と面白くなさそうに返事をするも、足を止めることなく着いてきた。
「お前も調べ事すんの」
「しねーよ、面白くねーし」
「じゃあなんで着いてくんだよ」
「着いて来ちゃ悪いかよ」
理由が分かんねえよと荘太郎が呟くも、それには少年の返事はなかった。やがて資料庫の扉の前に到着する。鍵は掛かっていない。中への出入りは自由だが、資料によっては閲覧に制限があるものもある。そういうものが置かれてもいる部屋だった。
扉の前で足を止めると、荘太郎はもう一度少年に視線を向けた。
「もしかして、監視か?」
思い当たった一つの可能性を思わず口にする。口にはしたものの、その可能性がどれ程の確率であるのかまでは自己判断では決められなかった。少年はニッと笑うと、首を振った。
「ンなわけねーよ。荘太郎の方が信用されてるよ」
「んじゃ逆か?俺が鍵開けて、そこにこっそり侵入して盗み見る」
「オレに何の得があんだよ」
「知らねえよ、そんなの」
まあそこまで、不審の目を向けられてはいないか、と思い直す。自分も、この少年も。
「荘太郎が普段何してんのか、気になってるだけ。別に悪い意味じゃなくてさ」
ぼそっと呟かれた少年の言葉に、荘太郎はあははと軽く笑う事しかできなかった。そういえば、「理由」はまだ限られた人間にしか話していない。彼らの口が固いままでいる限りは、それらを知る者もごく僅か。
「んじゃオレ資料とかそーゆーの興味ねーから!」
くるりと背を向けた少年は、ひらひらと手を振って来た道を戻り始めた。元々、ここに到着するまで間の「お喋り」をしに来ただけらしい。肩を竦めるて笑うと、荘太郎はその背中に向かって声を掛けた。
「知りたきゃその内教えてやるよ」
届いた言葉に少年がバッと振り返り「ほんと?!」と声を返すのと、後ろに向かって手を振る荘太郎の姿が扉の向こうに消えるのはほとんど同時だった。
廊下にバタンと扉の閉まる音が響いた。
取り残された少年は、微かな高揚感を胸に感じながらもう一度振り返り、来た道を歩き出した。


+++++


25分くらい。予定は20分でしたよ…
少年君についてはまだ模索中だけど自分の趣味突っ込んだら背低いままのつなぎ作業着整備士系少年かな…とか妄想している。そのうち背伸びるといい…それまではチビのままでいようぜ。
将来遭遇する時には背が伸びてたら楽しい。そんな妄想。
整備士見習いだとして普段何やってんだろ。武器整備くらいしか思い付かないのだけど、乗り物あんのかなー

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saule495.blog82.fc2.com/tb.php/1693-4f199dc9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。