手の平に乗せた風花束を揺らすと 

子供に就かせたい職業ランキング?的なものをチラ見してて、作家とか音楽家とかにさせたいって思う親って結構居るんだなーとか思ってました。
やっぱ親によりけり、だよなー(←どっちも全否定された人)
結局は親がどうこう言うよりも本人のやる気次第なんだろうけど。
親に反対されたくらいで諦めるようじゃ、その程度のやる気だったんだろうし。
只今自分に言い聞かせ中(爆)
因みにあのランキングに声優と考古学者が入ってたら、過去なりたいと思った職業全部入ってた事になります(ぇ
ころっころ夢が変わる人だったものなー…(苦笑)
しかしあの番組の構成はもうちょっと上手くできなかったんだろうか。



コントロールルームとか、ミッションとか。
なんかそういう言葉に惹かれてます。
あとパイロットとか機長とか操縦士とかメインコンピューターとか。
恐らくハマってるオンライン小説(×2)の影響かと。
好きな小説は?と聞かれたら即ファンタジーって答えるのに、ハマってるものはどこかSFちっくな物が多い気がする。機械とか好きだし。
ファンタジーの世界観とか設定とか、種族とか神とかすごーく好きなんですよね。でもそれと同じくらい、無機質な機械とかも好きなのかもしんない。かと言って機械だらけの世界が好きなのかと言ったらそれもまた違くて。………なんて言うんだろ。作り込まれた設定とか、組織とか、…いやこれファンタジーでも言えるか。語彙が少なすぎる!orz
なんかそんな事を急に思ったのでした。

それとはちょっと別に、何回読んでも飽きない物語って良いなーと思ったり。
1回読んで、ハマって、好きになる作品と、1回読んで、また読んで、ふと思い立ったときにまた読み返して、あぁこれ大好きなんだって思える作品と、色々あると思うんですけど。
少なくともRAVEは後者になるな、と。何回でも読み返せる。
西風の皇子はなんだかんだで何っ回も読み返してるなーとか、ブレイブストーリーが家にあったら何回も読み返してるだろうなーとか、小説にもそういうのがある。
1回読んでそれっきりなお話も割とあったり無かったり…
オンラインでも同じ。
伏線張りまくりだったり何回も読まないと理解出来なかったりするお話は何回も読み返すなーと思った。理解出来ないのはあれね、ただ難しいだけじゃなくて、理解しようと必死になれる程度の難しさ。意味不明な難しさだったら途中で白旗挙げそうです(ぇぇ
自分の小説をそう思って貰いたい、なんて思うのはなんか色々と烏滸がましいけど、そういう小説に出会えると幸せだなーなんて思っていた今日この頃でした。

ついでに。
自分のとこのお話をそう思って貰いたいとか思い始めたらきっと構成諸々に変更入れそうなので現存のお話では思わない事にした(ぇ
少なくとも改行とかは変更しそう。
台詞のとこに改行があるのって、読みやすいけど読みにくいと思うんだ(どっち

あ、でも自分で自分の小説を読み返すのは好きです(親☆ばか)
も一個言うと、自分で自分のサイト眺めるのも好きです(笑)


バトン回答はテスト後に一気にやりたいなーと計画中。
テスト後の記事数が増えそうな気配です。
あと更新は10月にまとめてやろうかなー……とか。
全ては予定!(何

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saule495.blog82.fc2.com/tb.php/310-24c1e6f1