スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅の月日に佇むひと振りの刃鈍く 

今日は迅夜の誕生日でしたー
おめでとでしたー


以下語りになっていきます。



迅夜のコンセプトは、阿呆な天才。
裏があるひと好きなんです。能ある鷹は爪を隠す、的な。
…迅はちょっと、阿呆にし過ぎたけど…(苦笑
ギャップが凄まじい。
果てしなく阿呆なのに、シリアスシーンではきっちりシリアスになりすぎる。
アナザはギャグものだから別にあまし関係はないのだけども…!
クラロス編(仮)とかシエルレーヴ編(仮)とかだと、真面目な人になってくれる…ハズ。
クラロス編(仮)は何気に、話が出来てます(笑
アナザが終わらないと…。。

考え無しなのか計算ずくなのか、いっそ二重人格なのか、作者が分かってません(笑
多分、考える時は考えて、考えない時は考えない人なんだと思う。
そしてトラブル呼び込む人であり、修羅場に突っ込んでいく人なんだと思う。

面白いやつだと思う。こやつ。

現代パロディーでは常陸家に入り浸ってる、峻の友達…同級生だっけ。
壱明っていうバンドのメンバーでドラム担当。
黒翔とは喧嘩腰な仲。仲悪いワケではなく、ドラム教えてやってる仲。

とかそんな人。
現代パロのページ作ろうかなー…
書いてると楽しくなってくるんだけど(笑

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saule495.blog82.fc2.com/tb.php/35-371ff7f5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。