スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

願い唄 海に浮かぶ一輪の蓮の花 

ただみつめている
キャラ語り第5弾

[海蓮 ウミハス]



小説無しの今のとこ設定とイラストオンリーのキャラ。
ブログ率は高め(笑

レネウェールの五大魔術師、シエルレーヴの1人。
有翼人種の1種、白魔空族。
性別は無性で、上も下も無い。
性格は飄々、可愛い/格好良い子好き、悟ってる、暗さを見せない、柳に風 etc...

生まれて××年な長生きさん。といっても若い方。
一般的に人間の寿命が短い方で、その他の種族は寿命が100歳越えるなんて普通だったりする。ただし寿命20歳やそこらの種族もいるにはいる。
だから誕生日を忘れてしまうのは普通な事、だが、海蓮は数字の記憶が好きらしく、年齢もしっかり覚えている。

E371.02.08.生まれ
Enの時(E495年)に124歳。因みにレーヴに入ったのはE391年、20歳の頃。

生まれた時から膨大な魔力を持っていた。
力を制御し切れず暴走する恐れがあった為、生まれてすぐ洞窟に幽閉される。
殺されなかったのは、殺した時の力の爆発を畏れた為と、族長の子だった為。
20年ほど幽閉されており、その間はまるで人形のように過ごしたらしい。

その後力を抑制する為の玉を使い、抑制に成功。
髪飾りのような8つの玉と右羽についた1つの玉がその抑制具。
力を抑制した事で幽閉は解かれ、生まれて以来初の日の光を浴びる。

しかしそれでも魔力を扱うことが出来た。
その魔力の豊富さに感心した理陸のスカウトによってレーヴに入る事に。

レーヴの中では特にエイジアがお気に入りなよう。暇あらばエイジアの名を呼んでいる。
椎葉の事はからかいの対象と見ている節がある。いい遊び相手らしい。
根は結構真面目。
メンバーに危険があったりすると一番に心配するような子。

好きな対象にアピールするも、無性である事に負い目を感じていて恋愛には至れていない。少々恋愛恐怖症に近いものがあるよう。
というわけで完全受け(笑

授業中の落書きで出来たキャラ。その時の絵は見るも無残なアンバランス(笑
なんでだったかなー
羽キャラが描きたいってだけだったっけ…?
レーヴのメンバー決めようって思って、白魔ってのが決まって、海蓮って名前決まって、それから暫く経って絵が出来たんだっけ。結構順当な流れだな。

その昔(ぇ)設定上では“白魔の老婆”が海蓮だった時期があった。
それがなんでこんなキャラになったのか今でも不思議(笑

前にも書いたけど、海蓮って名前は、社会ん時に‘海運’って黒板に書かれていたのを見間違えたとこから。
お陰で今も海運って見ると読み間違えます(笑
意外とよく見掛けるのな。

上の絵は日記帳より。アミピスタのイメージ絵。
海蓮より寧ろ遊が気に入ってるこの絵の作者(笑


こんな感じで。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saule495.blog82.fc2.com/tb.php/36-a8fb23c9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。