スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「創作語りバトン」 

音桜さんから頂きましたー!有難うございますv
最近記事がバトンばかりな気がします(笑)
いやでも楽しいからいーや(←
バトンって、告白手段ですよね…!
瑠璃さんからの電波にむきゃー!とかなってました(何
あわわ好きと言うのに不審者になって、好きと言われて挙動不審になります。
なんだこの怪しい事この上ない人。

追記よりバトン回答です!

自分の漫画(or 小説)について語ってください!

01:いま連載している漫画(or.小説)のタイトルは?
連載してるのは、
「Encounter」
「Encounter -Another」
「Chestnut」
「悲しみのサイザ」
「憂き世の胡蝶」
「色彩不協和音」
下3つはほぼ停滞だけども!
あと、連載しているような感覚になるくらい公開してるのは、
「Restful」
「Reverse-Reason」

どんだけ語るつもりだ(確信犯

02:そのタイトルはどうやってつけた?
先に断っておきます。私、タイトル考えるのはもの凄く苦手です(ぇ

「Encounter」
 3代目くらいのタイトルだったりする。全く全然思い付かず、ずーっと仮タイトルのままで、英和辞典とか引っ張り出して適当に探してて、思い付いた日本語→英訳、そんな感じで探してて見付けた単語。響きが良かったからってことでコレに決定。偶然の出会いとかいう意味。
「Encounter -Another」
 ぶっちゃけた話、仮タイトルのまんまです。Enとは違う、Enの世界でのお話って事でアナザって付けてみたんだけど、他に良いものが思い付かなくてそのまま。話が出来た順番が違っていたらこのタイトルじゃなかったんだろうなぁ。
「Chestnut」
 意味は「栗」。みんな仲良く、がテーマで、それを考えてた時に浮かんだのが「大きな栗の木の下で」だったんですね。そこから来てます。
「悲しみのサイザ」
 「涙を許されない死神の話」ってことから「悲しみ」と「大鎌」を連想。で、致命的ミスを犯しつつ定着(ぇ)。英訳すれば「Scythe of sadness」。
「憂き世の胡蝶」
 友達に付けて貰いました…!ちなみに1話の「晩啾」も考えて貰いましたv
「色彩不協和音」
 諸々色んな事がごちゃ混ぜで滅茶苦茶でカオスな感じ、をイメージした結果こうなった、と。それでも綺麗に聞こえるように英語と漢字をごっちゃにしてみた。何気に、タイトル→組織名、と出来てます(笑)
「Restful」
 これもタイトル模索してて、思い付いた単語→英訳、の流れです。「安らぎを与える」とか「平和な」とか、そういう意味合い。
「Reverse-Reason」
 裏世界が舞台だからReverse、なぜ異世界に飛んでしまったのかの理由を探るからReason。んで、なんでそんな裏世界が存在してるのか、っていう隠れテーマで「裏返しの理由」。そんな感じに言うと格好いいけど実際は玉置さんの曲にハマってたからReason。しかも最初考えたのBelieverReasonだったもの(爆)

03:その作品のなかで一番気に入ってるキャラは?
「Encounter」  峻、遊
「Encounter -Another」  迅夜
「Chestnut」  峡
「悲しみのサイザ」 ルイ
「憂き世の胡蝶」  椏夢
「色彩不協和音」  咲希
「Restful」  全員…?
「Reverse-Reason」 貴紫と達人

こう見ると主人公多めでちょっとホッとした!(笑)
カラディソとリバリは若干まだ掴み切れてない所があるのでよく分かってない。
けどまあ、全員大好きではあるんですけどね(親ばか)

04:未発表作品のなかで気に入っているものを1つ。
上のResとリバリは未公開ではあるんですが(既に語り過ぎ)
それに加えて、
「R.P.G」
「Atlas」
「ミザリーウィングス」
「CLOSED VICE」
「神風」
「ハルカヨルハナガサク」
「心情的破壊心」
とかが小説になる予定で考えてる。
あ、これ気に入ってるの1つだけなんですか(ルール無視上等)

05:その作品のあらすじは?
「R.P.G」
 王が殺された。殺したのは、2人の王子。城を追われ、命を狙われる彼らは、自分たちの無実を晴らす為に奔走する。
「Atlas」
 ある日突然、黒尽くめの少女が海上保安隊、ユガの元へと転がり込んできた。捜し物を手伝って欲しいと言って、彼女は勝手に居座るのだった。
「ミザリーウィングス」
 帰る場所さえ失って、大切なものは全部亡くなった。今残っているのは、3人の友情だけ。有翼人種とエルフと人間の友情もの。
「CLOSED VICE」
 “悪魔”と揶揄される者と彼らの破壊を阻止する者達の戦い。
「神風」
 空に憧れた少年が航空士を目指す話。
「ハルカヨルハナガサク」
 記憶を無くした少年と彼の自称幼馴染みとの旅路。
「心情的破壊心」
 不意に聞こえた声につられてやって来たのは、ヒトの事を何とも思わない、人体実験の研究所だった。「壊して」の声が、少年の頭に毎日のように響く。

あらすじ………?(←
あらすじを書くのは、苦手です。
しっかし、こう並べてみると明るい話がAtlasと神風くらいです。
ちなみに心情的~は「センチメンタルブレイクハート」と読みます。
長い。

06:作品達への愛はどれくらい?
延々と語ってるのを見て分かる通り(←?)
量の単位じゃ表せないくらい。
なんかもう愛っていう範囲を超えて自分の一部だと思う。

07:バトンの中で答えた作品にイメージソングってある?
…しまった、作品を挙げすぎた(今更)
「作品」のイメージっていうと中々思い付いていないのですがー。
キャラ事には割と沢山あったりします。
作品のイメージっていうのも探してみたい…

08:お疲れ様でした!次に回す人を1人以上10人以内で。
フリーで置いておきます。
作品について語りたい方、是非どうぞ!
バトンのルールはあって無いものだと思います(コラ
いやていうか「語ってください」って書いてあるんだし。
語っても良いよね、なんて屁理屈。

バトン有難うございましたー!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saule495.blog82.fc2.com/tb.php/467-635a166a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。