「Encounter」23 

更新してきましたー。
Enの他には5月分の日記絵ログと、頂き物を…!
頂き物を更新する時って、テンションが可笑しいです。
頂いたけど載せてないっていうのが何枚かあるんですが、その辺はその、今後のテンションのために残しておくんです(←何

追記からEn23話についてですー。
また絵がないぜ(…)



現段階で誰が何をしているのかっていう整理みたいな回でした。
でも涼、竜、遊+流黄、霧雨+鈴烈、だけ。
あと3人は何をやってるんでしょーか(ぇ

涼ちゃんのとこは細かい描写がほぼありません。
曖昧です。
要するに何?って思われればそれで良いなと思って書いてます。
最近そういう書き方が多いと思ってきた今日この頃です…。

竜のとこ。
19話での涼ちゃんに引き続き、竜にも頭の中の存在的なものが出てきました。
ふと思ったんですが、この辺の人たち入れるとEnってあと5人くらい新キャラ出てくることになるんですよね。2人は出てくるのかどうか未だに謎なんですが(待て
“守護者”の口調がさっぱり定まらず悩んだんですが、ちょっと変更して押し進めました。あっちの方が自然だ、うん、自然だよね…。
竜って人付き合い下手だとか、馴れ合いを好んだりしないとか、そういう性格なんですけど別に人嫌いってワケではないし、何でもかんでも1人で抱え込もうとはしない奴なんだなーと、書きながら思いました(ぇ
意地は張るし喧嘩は売るけど、そうやっても大丈夫だと分かってる所でしか無茶はしないんじゃないかな、と。怪我する程度で済む場所になら飛び込むけど、無茶な場所には飛び込まない。そんな感じかと。負けず嫌いで1回熱が上がったら引き返せなくなるけど(笑)

遊と流黄のとこ。
やっと秦羅を流黄と呼んでも違和感が無くなる回にまで来ました(笑)
昔初めてこの回を書いた時(今回の修正の2回前くらい?)、本気でここの2人をくっつけようか悩んだ時期がありました(←
今はそうでもないんですが(笑)
閑祈がシーズ、っていうのは安直というかどんなあだ名だよとかそんなん思いましたがそのまま突っ走ってます。
因みにシーズの方が先に設定出来てました。後付けで閑祈です。
流黄が自分のことを嫌って“秦羅”を名乗っていたのと同じ感じで、閑祈も“シーズ”を名乗ってます。あの頃の自分と今の自分は違う、そういう意味合い。
今の“シーズ”に昔の“閑祈”の意識はあるのかっていうと、今後書くシーンだったりもしますがゼロではないと、それだけ。22話のラストがそれを指してます。
分かりづらいなー!(ぇー

霧雨鈴烈のとこ。
この4人て割とワンセットかも。
この辺まで来て、自分の文章のワンパターンさに気が付きました。
会話で始まる→走って終わる (笑)
23話は特にそうです。最初の涼ちゃんのが台詞で始まってないだけで。
描写スタートっていう書き方をちゃんと習得しよう。
何気なく書いたら殆ど台詞スタートになってます。うーむ。
霧雨コンビの関係とかも書きたいとは思うんですが、確実に番外編です。
Enの中に収められない(…)
真鈴と烈斗の過去とかも書こう書こうと思って中々書けずにいます。
流れが自然だったら本編に組み込みたかったけど多分こっちも番外だろうなぁ。


24話はまだ書ききっていないので、早速来週の更新が怪しげです。
ギリギリで生きていくのは大変よ!いっつもギリギリだけどな!(コラ

ここまで読んで下さって有難うございましたー!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saule495.blog82.fc2.com/tb.php/572-a9e9eb68