「White world」 

書き始めてから軽く一ヶ月経ってしまいましたが(笑)
追記に突発的な小話。
本編軸なアナザで相変わらずのバカっぷり。
久し振りに本編軸の話を書くと逆に不思議になってしまうのでした。
本編軸って言うか、どう考えてもパラレルワールドなんだけど。


+++++


一面の、白。

「すっげぇ…」
 思わず感嘆の声を漏らした迅夜は次の瞬間には相方の眠る布団の上へと飛び乗っていた。
「ね、サイ、雪!雪積もってる!」


 季節毎のなにかしらのイベントの度に人が集まってしまう事にはもう慣れている。呼んだ訳ではないしそう決めている訳でもない、ただの溜り場。だから莅黄は朝起きて外の景色を見た途端に、今日一日が騒々しい日になる事を悟ったのである。何か温かいものを用意しておいた方が良いだろうか、なんて思ってしまう程には彼らが遊びに来るのを期待している自分が居るのも、もう認めてしまっている。あぁでもどうせ暴れるんだろうな、だったらいっそ冷たいものでも用意した方が良いかもしれない。いやでもそれだと暴れない人達が気の毒だろうか。ぐるぐると考え込んでいた莅黄は自分の顔がいつの間にか綻んでいた事に気付かない。


「無理、勘弁」
「なんでですか?莅黄さんが美味しいもの用意して待ってて下さってますよ」
「確実性が無い」
「温かいですよ?」
「そこに行くまでと帰る時に冷える」
「…弱気ですねぇ、らしくない」
「不可抗力には逆らわねぇ主義だ」
「そうでしたっけ」
「大体異常気象を喜べる程の感性は持ってねぇよ」
「“稀少なモノ”、“特異なモノ”が大好きな方が何を言ってらっしゃるんですか」
「…分かったら一人で行ってこいっての」
「分かりませんので黒翔さんが行く気になって下さるまで行きません」
 常々思う、何故この笑顔に逆らえずに行動を共にしてしまうのだろう、と。溜息。似合わないのは百も承知だ、無理なものは無理。外の空気はまるで肌を刺すかのように凍り付いている。


 扉が開くと同時に鳴るベルに、莅黄は顔を上げた。最初に現われるのはどちらだろう、そう思ったのだが答えはそのどちらでもなかった。そして騒動の悪化を覚悟する。
「今日は非番で…。何か温かいものは貰えないか?」
 人を追い返す事の出来ない莅黄でも思わず「帰った方が良い」と言い掛け、しかしそれよりも先にまた、扉が開いた。二対の視線の先にはやはり二対の目、軽く見開いた後に楽しげに細められるのは片方。肩から髪から、もう降っていない筈の白い雪がぱらりと落ちる。
「あれ?うっちゃんも来てたのー?!」
 嬉々とした声に表情を陰らせたのは同席者三名。


「タイミングが悪かったな」
「申し訳ありません…」
「いや、店長が謝る事ではないだろう。どう考えても」
「………はい、…あ、いいえ」
 スローテンポなローテンション。カウンターテーブルの奥に入る莅黄と、どうせなら、と共に入っている役所の受付人。当然莅黄は彼が雑用の手伝いを名乗り出た時点でその提案を断ったのだが、彼曰く、“料理や掃除をしている方が連中の騒動に巻き込まれずに済む”。思わず納得して頷いてしまった莅黄は、役人や受付人と呼ばれながらも一応軍人という肩書きを持つ彼に布巾を握らせる事になってしまった。引き返せぬ今となっては、目前に広がる喧騒から回避する為には致し方が無い、そう思う事しか出来ない。

「だからっ、なんでいっつもいっつも!」
「それはこっちの台詞だっつってんだろうが、ここはお前らの溜まり場じゃねぇっての」
「店長の店はみんなのものでしょ、俺らが居て何が悪いの!」
「だったらこっちが居ても文句言うんじゃねぇよ」
「盗人の癖に!」
「だったら捕まえてみやがれこのガキ」
「……どっちもガキだろ」
「あら、貴方も喧嘩売っちゃうんですか?」
「………。…お前には売らない」
「つれないですねぇ」
 ぎゃんぎゃんと喚く二人の傍らで絶対零度の笑みが空気を凍らす。逆らわない方が良いとは思いつつ、これでも負けず嫌いな部分のある左翊である。結果面倒を引き起こす事になろうとも何もせずに黙っているのも癪で、思わず小さく溜息を吐いた。首を傾けて疑問符を浮かべるような顔をする彼の頭の中にきっと疑問符は存在していない。

 窓の外には静かに白の世界が広がっている。一年を通して比較的温暖な気候であるシャオク大陸に雪が降る事は、そう滅多にある事ではない。中央部に位置するアクマリカも沿岸部に比べ幾分か降雪し易いとは言え、それだけである。降るのは年に一度か二度、積もるのは数年に一度有るか無いか。その数年に一度がどうやら昨夜だったらしい。辺り一面を白に染め上げた雪雲は、次第に風に押し流されていく。太陽が存在を主張し始めると共に、屋根の上の白は地面へと滴り落ち始めていた。
 扉の前に立ったままだった迅夜は、ふと気付いたように口を尖らせた。狭い喫茶店内、視線をぐるりと回してカウンター席に腰掛ける三人とその奥の二人を見やる。
「っていうか何でみんな部屋ん中に居んの?勿体ないじゃん」
 指差す方向は窓の外。店に来る途中の道端でも既に雪を握り締めたり投げたり飛び込んだりと延々はしゃいでいた相方に、いつか言い出すだろうと分かっていた左翊は溜息を零す事しか出来ない。そしてその現場を見ていない四人からも、合わせたように溜息。
「十分騒いだろうが」
「だって積もるなんて滅多に無いよ?」
「だったら一人で行ってこい」
「僕とお役人様はやる事沢山ありますから…」
「どこまでもお子様ですねぇ」
「お前は犬か」
「何、みんなして猫側なの?」
「…、誰が猫だ」
 あからさまに不機嫌な声に、一瞬で空気が変わった。全ての犬猫がそうだという訳ではないだろうが、印象としては犬は外、猫は中。恐らく今の迅夜が本当に犬だったとしたら、千切れんばかりに勢い良く尻尾を振っているに違いない。迅夜の走り回り具合は犬というより寧ろ猪だったが。座ったままの黒翔は、立ったままの迅夜を見上げて睨み付けた。
「もしかして黒翔、寒いの苦手?」
 ニヤニヤと笑みを浮かべながらからかいの声。人の弱点を見つけた時の彼の表情は新しい玩具を見つけた子供のようで言ってしまえばタチが悪い。一瞬で顔色を変えた黒翔は思わず立ち上がり、その瞬間に内心で後悔した。感情を表に出さないよう、見下ろすように迅夜を睨み付ける。
「誰が苦手だって?」
「“黒翔”が、“寒い”のが苦手?だってそうじゃん、誰も外出ないし」
「ほーぉ、俺に苦手があると思ってんのか、上等だ表出ろ」
「苦手な癖に無理しちゃってー、大丈夫?」
「今この場で息の根止めてやろうかこのガキ」
「…黒翔さん、そんなお子様の挑発に乗る事なんて無いですよ?なんなら私が」
「お前は黙っててくれると助かる」
「あら、酷いですねぇ。先に貴方から始末しましょうか?」
「あの…店内で喧嘩はやめて下さい…」
「………これ以上やったらお前ら全員連行するぞ」
 手に鮮やかな赤の光を携える迅夜と、その胸倉を掴む黒翔。互いに己の武器を取り出す左翊と影凜。この光景に見慣れてしまった自分はどうすればいいのだろうかと莅黄は一度本気で役所の受付人に相談した事があった。残念ながら明確な回答はまだ得られていない。実際に喧嘩が行われた事は幸いにもまだ一度も無いのだが、いつか現実になるのではと気が気でない。彼らが本気で暴れたら店が一溜まりもない事くらい、莅黄の想像でも分かるのだ。
 チッと舌を鳴らし、黒翔はその手を離す。口喧嘩の後の行動に発展しないのは、黒翔の場合は莅黄の存在の所為だとも言える。“莅黄の言う事なら聞く”という程ではないが、彼はどうやらこの店の店長にはあまり逆らえないようである。お陰で大体の騒動は莅黄がストップを掛ける事で粗方治まる事が多い。但し動作限定、言い争いに関してはさほど効果はない。
「連行されたら困るって、こいつら俺らが捕まえるんだから」
「だったらさっさと捕まえて連れてこい」
「捕まるかバーカ」
「捕まえるし。報奨金貰うし」
 見上げるように睨み付ける、表情は余裕。因みに莅黄の提案で、この店内にいる間は何でも屋と盗賊の追い掛けっこは“一時休戦”扱いとなっている。役所非公認、受付人除く。左翊はカウンターテーブルに肘を着き、随分と前に出された珈琲の残りを飲み干した。すっかり冷め切っており冷えた身体は温まらないが、気を落ち着かせる為には十分である。ひとまずこの店から宿へと帰る方法を考える。何となく視線をぐるりと回し、そして彼は窓の外の光景に気付いた。暫し思考回路を巡らせ、室内に差し込む陽光から経過時間をぼんやりと考えて、納得。呆れたように相方へと視線を向けた。
「迅。雪、溶けてる」
「え、うっそぉ!?」
「あらあらぁ」
 相方の発言が耳に届くと同時に、迅夜は弾かれたように窓枠へと飛びついた。窓の外は白。しかし左翊の言うように、所々にもう地面が見えていた。無理もない、出された飲み物を啜りつつケーキを食し、延々と不毛な言い争いを繰り返している内に時間は昼を回っていたのだ。曇りならばいざ知らず、天候は晴天、気温は徐々に上がってきていた。
「うっそぉ…つまんねぇ、折角降ったのにさぁ」
「お前はもう十分遊んだだろ」
「足りないって、雪合戦してねぇもん」
「……人を巻き込むな」
 窓にぺったりと張り付いたまま、口を尖らせた迅夜は盛大に溜息を溢した。一連の様子を見ていた黒翔はふぅと息を吐く。
「残念だったな、遊べなくて」
「誰も出てくんないからじゃん」
 声を掛けられ迅夜はぐるんと首を回して後方を見る。角度の所為でもあるがその視線は黒翔を睨み付けているようでもある。黒翔は再度、呆れたように大袈裟に溜息を溢した。
「っとに、ガキ」
「寒いの嫌いな奴に言われたくない」
「ガキは寒い中延々と遊ぶんだろが」
「うっさい。…懐かしかったんだもん、騒ぎたくなるじゃん」
「…は?」
 不意に小さくなった声。黒翔が疑問符を浮かべるのとほぼ同時に、迅夜はハッとして窓の外へ視線を戻した。自分は今何も言っていないと、そういう雰囲気を醸し出して。窓ガラスに映る顔は情けなく口を尖らせている。本当に、どこの子供だろうか。いきなり会話を終了させられた黒翔は首を傾げるばかりだった。

「用が済んだなら帰るか?」
 堪らず左翊は立ち上がり、迅夜に声を掛ける。会話の強制終了の直後から店内はすっかり静まりかえっていた。平和とも取れるが慣れではない。少しの間唸り続けていた迅夜も、漸く振り返って笑顔で頷いた。ほんの少し前の彼の表情は既に影も形もなく、これだから彼の考えている事が読めないと思ってしまうのだ。
「ん、もういいや。雪溶けちゃったし」
 くるんと向きを変えた迅夜はカウンター席へと寄り、ポケットに突っ込んだままでくしゃくしゃになった紙幣をひらひらと莅黄の前へと落とした。釣り銭を用意しようと慌てた莅黄に対して、迅夜は手をひらひら振って笑う。
「いつも言ってんじゃん、お釣り要らないって」
「え、いえ、でも…」
「遠慮無く受け取っとくの、そういうのは」
 ニカッと笑った顔に、莅黄は申し訳なさそうに礼を言った。いつもの事だった。今この場にいる五人に、莅黄は釣り銭を渡した事がない。僅かな差ではあるが、回数が重なればそれなりの量となる。そしてそれは悲しくも有り難い収入源だった。
 立ち上がった左翊を連れ、迅夜は扉へと向かう。雪は止み、溶けている。しかしそれでも気温が低い事には変わりなく、冬はまだまだ終わらない。扉を開けた迅夜は外気の冷たさに身を震わせた。陽射しはあるものの澄み切った空気は尚更冷気に拍車を掛ける。寒がりな割に薄着が好きな迅夜に対して、左翊は呆れたように何度か上着を投げ付けた事があった。そういえば今日に限って投げ付けていないな、と今更左翊は思い出した。
「迅」
 丁度外へ一歩踏み出した迅夜に声を掛けたのは、先程から黙ったままだった黒翔だった。寒さに顔を顰めながら迅夜は動きを止め、「何?」と面倒臭そうに振り返った。言外に「早くしてよ」と言っている。黒翔を除いた全員が、訝しげな目で彼を見ていた。座ったままの黒翔は視線を迅夜に合わせると、仕方なさそうに…という上から目線で彼を見た。
「次、雪降ったら遊んでやるよ」
「……は?」
 表情はニヤニヤとしたからかいだ、しかしどうやら本気も含まれている。それに気付かない程バカじゃない、冷静に考えた迅夜はついさっきの自分が見せてしまった表情を思い出し、軽く後悔した直後に盛大に笑い飛ばした。
「寒いの嫌いな癖に。強がり」
「嫌いとは言ってねぇだろが」


 外に出て、宿に向かう途中。道の端々に残る白には沢山の小さな足跡が残されていた。街に住む子供たちはきっと、積もった雪というものを初めて見たのだろう。今は丁度昼食の時間帯だからか、動き回る姿は少ない。しかし子供たちが声を上げてはしゃぎ回っている光景は容易に想像が付く。迅夜の口元にはうっすらと笑みが浮かんでいた。
「ねー、サイ」
 呼び掛けられ、左翊は足を止めずに視線だけ迅夜へと向けた。どこか楽しそうな彼の表情は、妙な企みや策略のない純粋な笑顔。この顔を見てしまうと、彼もまだまだ子供なんだと、そう思ってしまう。
「次雪降るの、いつだろ」
 思わず左翊は溜息を吐きたくなって、小さく笑った。


+++++

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saule495.blog82.fc2.com/tb.php/797-10b986fa