「Sacred prayer for you SideA」 

連続で突発小話。今度は現パロの方。
非常に珍しい事に(?)男が出てきていない(笑)
しかし残念ながらバレンタイン=勝負の日、となる人がほぼ居ない(…)
SideAと言う事で、もう一本あります(笑)
一つに纏めようと思ったけど思ってたより長くなってしまった…。


+++++


「バレンタインかぁ」
 ぼんやりと雑誌を捲っていた涼はそう呟いた。隣に座る光も興味深そうに雑誌を覗き込む。色や形が様々な、可愛らしくもお洒落なチョコレートの数々。人にあげるよりも自分が欲しくなるようなものばかりで、そして食べるのが勿体ないとも思ってしまうような綺麗な箱詰め。わぁ、と光は感嘆の声を上げた。
「光は誰かにあげるの?」
 自然な流れだ。年頃の女の子の会話なんて、殆どこんなものだろう。誰にあげるのか、作るのか買うのか、そして本命が義理か。
「うーん、遊と竜君と烈君にはあげようと思ってるけど…」
 涼と光、そして遊と竜は現在マンションで同居生活中であり、彼らの隣の部屋に住んでいるのが姉の真鈴と二人暮らしをしている烈斗である。光は、真鈴と烈斗の部屋にしょっちゅう入り浸っている程彼らと仲が良い。やっぱりね、と涼はくすくすと笑った。
「なんで笑うのー?」
「あはは、ごめんね。光らしいな、って思って」
「そう?」
「そう」
 笑いながら涼は、ぱらりと雑誌のページを捲る。どこを捲ってもバレンタイン特集。雑誌の中も、街中も。それを見て思うものは、人それぞれだろう。わくわくとはしゃいだり、鬱陶しいと思ったり。開いたページは、手作りお菓子の特集ページだった。涼は途端に動きを止める。一心にページを見つめ、表情はどことなく険しい。不思議に思って光は彼女の顔を覗き込んだ。
「涼ちゃん?」
 声を掛けても反応が返ってこない。ページ内容を確認した光は、二つの可能性に思い当たる。
「涼ちゃん、誰かに手作りあげたいの?」
「…っ!」
 案の定だった。二つの可能性はもしかしたら初めから一つだったのかもしれない。パッと光を見た涼の表情は、明らかに焦っていた。口をもごもごとさせ、何かを言うのか言わないのかはっきりとしない。光はそんな彼女を見つめながら、じっと返事を待った。
「あのさ、光」
 漸く彼女の口が開かれたのは、かれこれ数分の後だった。短い時間ではあるのだろうが、静まりかえった時間はその感覚を狂わせる。光は真っ直ぐ涼を見た。
「なぁに?」
「あのさ、…お菓子作るの、手伝って貰っていい?」
 不安げにぎこちない声。この家の家事は当番制で、日替わりで料理担当も変わる。しかし涼だけは料理を担当した事が無かった。忙しいから、というのも理由の一つではあるが、それとは別に彼女が料理を苦手としているというのも理由にある。不器用ではないのだから真面目に取り組めば出来るだろう、とは遊と光の意見なのだが、中々練習の時間が取れないのと彼女自身が苦手意識を強く抱いてしまっている事が原因で未だ彼女が料理をした事がない。幸いにも今日と明日は涼の仕事は休みであり、バレンタイン当日までも日数は少ない。チャンスは今しかないのだろう。それに普段からプライドの高い彼女からの頼みを、断る理由も無い。光はにっこりと笑って頷いた。
「うん、もちろん。…ね、誰にあげるの?」
 やっぱり自然な流れだ。例え出てくる名前が分かっていても聞いてしまうものである。好奇心。涼はほっとした表情を困った顔に変えて小さく笑った。
「光と同じ。あと、あっちの二人」
「霧氷さんと雨亜さん?」
「うん。一応、ね」
 涼は現在、ThreeTreeというグループ名で音楽活動を行っている。爆発的人気という訳ではないがそれなりに知名度はあるようである。遊の買っている音楽雑誌を借りて見ていても、度々記事を見掛ける事がある。グループ名が指すように三人組であり、涼は紅一点。色々な縁が重なって、光も彼らと会話した事が何度かあった。彼らの顔を思い浮かべて、光は楽しそうに少しだけ微笑んだ。微笑んで、ふと思い立った事を呟いてみた。
「ねぇ涼ちゃん、インカの人たちには渡せない?」
「あー…それは、……どうだろ」
 EncAnoter、通称インカ。涼も光も、ついでに隣人の真鈴もファンである三人組バンド(但し都市伝説では五人組)である。メディア露出がほぼ無い彼らとの接点は、ライブか下手したらファンレターだけ。同じ業界にいる筈の涼でも一度も接点を得られた事がないのだ。涼の反応を見る限り、彼女も一度は考えたのだろう。しかし結果は変わらない。
「会えるっていう確証がないしね」
「送っちゃ駄目かなぁ」
「あ、それは駄目なんだって。前に雑誌に書いてあった」
「そうなんだ…。うーん、残念だなぁ」
 雑誌のページを捲り、作るメニューを考える。美味しそうで、簡単なもの。いきなりレベルの高いものを選んでしまっては成功率が格段に下がってしまう。あれこれ二人で案を出し合い、作るものはチーズケーキと生チョコに決まった。本格的なものは難しいのだろうが、メジャーな分簡易的なメニューも多く存在していて、短時間で作る事が出来るのも決定理由だった。材料をメモし、涼と光は買い物の準備を始めた。同居人の二人はまだ帰ってくる気配がない。
「じゃ、行こっか」
「うん」
 楽しげに弾んだ声。涼と二人で出掛ける機会は休日の一致が少ない所為もあり中々無い。光にとってバレンタインメニューを作る事もあげる事も楽しみだったが、それと同じくらい涼と行動を共にする事も楽しみだった。
「美味しく作れると良いね」
 思わず光はにっこりと笑い、つられて涼もにっこりと笑い、頷いた。


+++++

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saule495.blog82.fc2.com/tb.php/798-ac2446fe