「あいつがこいつにインタビュー!バトン」飛沫→迅夜 

とんでもない記事を一瞬投稿してしまった…………(滝汗)
今日はウィンドウ開きすぎです、昼間も今も(笑)
どこかにログ的なもの残ってしまってたらすみません…!

そんなこんなでアキトさんから頂いたバトンですー!
アキトさん宅の飛沫が迅夜の所にインタビューに来ました!そんな内容です。
なんかもう似非関西弁が若干違う方向に飛んでたらどうしようとハラハラ…(汗)
しかし…楽しかったです…これ、左翊とルジャ居たらもっと煩かったんじゃないかなーとかふと思いました(笑)
宜しければ追記からどうぞです!
多分、そこそこ長い(多分て)


<このバトンは、創作キャラクターが別の創作キャラクターに質問をするバトンです。
 質問をするキャラクターの口調で下の質問を回答するキャラクターに投げかけ、
 回答するキャラクターの口調でその質問に回答して、インタビューを完成させて下さい>


○質問者【飛沫】
○回答者【迅夜】

・質問者さんの所に、以下の質問が書かれたメモが届きました。

------------------------
01.簡単なプロフィール
02.家族構成
03.趣味、特技
04.好きな人のタイプ
05.恋人の有無
06.平日にすること
07.お酒、タバコはやるか
08.座右の銘は
09.将来の夢
10.幸せに感じる事
11.今欲しい物
12.最後に何か一言
------------------------

質問は、追加しても削ってもOKです!

・質問者さんは、指定された回答者さんの所に行って、この内容でインタビューをして下さい。
 宜しくお願いします。


飛沫「というワケでよろしゅーな!」
迅夜「え、何なに?これインタビューなの?っていうか誰?」
飛「まーまー細かい事は気にせんといて、質問に答えてってやぁ~」
迅「んー…、結構気になるだけど」

01.
飛「まずは!簡単なプロフィールお願いなー」
迅「んーっと、名前は迅夜、歳は20、性別は男。職業は何でも屋。そんなとこ?」
飛「えーっ、そんだけかいな」
迅「あと何言えばいいの?ってかそっちも名乗ってよ、呼びづらいじゃん」
飛「しゃーないなぁ、名前は四天王寺飛沫。これで良し?」
迅「まいっか…。んじゃ飛沫、聞きたい事聞いてよ~、プロフィールって言われても分かんないもん」
飛「プロフィール言うたら名前・性別・年齢・出身地・趣味特技…とかそういうんやないの?」
迅「それメモに書いてあるじゃん!」
飛「Σホンマや!んじゃ次いこ次~」

02.
飛「家族構成やって、迅夜は兄弟とかおるん?」
迅「ん、いるよー?妹が一人(笑顔)」
飛「なんやそんな嬉しそーにして…、もしかしてシスコン」
迅「シスコンじゃねぇよ、ちょーーっと妹が可愛すぎるだけ」
飛「それをシスコン言うんやないかい」
迅「ちーがーうー!」

03.
飛「はい次、趣味特技教えてや~」
迅「趣味なんだろ、喋る事とか?」
飛「人と?」
迅「人ともだしー、精霊とも」
飛「精霊?ファミリアみたいなもん?」
迅「んー…ファミリアがどんなのかよく分かんないけど、そんな感じなんじゃない?」
飛「なんや適当やなぁ。んじゃ特技は?」
迅「特技ねー、魔術とか」
(少し離れたところにカンペ)
飛「んー?なんや、シスコンとモンブランて書いてあるけど」
迅「え?!それ特技なの?!」
飛「わてに聞かれても知らへんよ~」
迅「モンブランは特技じゃなくて好物ー!」

04.
飛「お、」
迅「何なに?」
飛「好きなタイプやて、好きな人誰かおるん?」
迅「えーっ、そんなの妹に」
飛「たんま、妹は無しにしといてや」
迅「先に言わないでよ!」
飛「言わな妹言うんやろ、そういう答えは求めておらんのや!」
迅「なんでそんなに楽しそうなのー(頬を膨らませる)」
飛「そんな顔せんで質問に答えたってや!」
迅「…女の子らしくて、ちょっと素直じゃなくて、でも甘えてくれる子」
飛「それは妹?」
迅「理想」
飛「理想なんか」

05.
飛「理想言うてる事は今は恋人おらんのー?」
迅「ん、いなーい」
飛「んじゃ過去は?」
迅「そこまで聞くの?」
飛「ただの好奇心や」
迅「…過去もいた事ねーよ。妹より良いって思える人居ないんだもん」
飛「えらいシスコンやなぁ」

06.
飛「おぉ、少し路線変わったなぁ。何でも屋って平日とか休日とかあるん?」
迅「んーん、ずーっと不規則だから。平日の時はずっと平日だし、休みの日はずっと休み続くし」
飛「やったら休みの日は何してん?」
迅「休みの日ー?なんだろ、街の中散歩したりぼーっとしてみたり魔具作る手伝いしてみたり」
飛「自由に過ごしてんなぁ」
迅「飛沫は休みの日とか無いの?」
飛「ん?わては年中自由や!」
迅「年中休みなんだ」

07.
飛「お酒、煙草はやるんですか、やって。迅夜ってあんま飲むように見えへんけど」
迅「そーお?俺お酒結構飲むよ?」
飛「あ、そうなんや。強いんか?」
迅「強い…のかな、飲んでたらいつの間にか記憶飛んでるくらい?」
飛「そんなには強くないんやな。じゃ煙草は?」
迅「そっちはなしー、あれは好きじゃないもん」

08.
飛「んーっと、座右の銘はあるん?」
迅「座右の銘?…なんだろ、考えた事ないや」
飛「なんや面白うないなぁ」
迅「んじゃ飛沫はあんの?」
飛「さぁー、なんやろ」
迅「そっちもないんじゃん!んっとね、“疾風迅雷”?」
飛「それは座右の銘なんか?」
迅「ん?好きな言葉」
飛「それ座右の銘とちゃうやろ」
迅「だって分かんねーもん」

09.
飛「将来の夢は?」
迅「夢ー?将来って近い内の話でも良いの?」
飛「まーえぇんちゃう?」
迅「あのね、妹に会う事」
飛「?一緒におらんの?」
迅「今はね。だから会うのが夢っていうか、目標っていうか」
飛「まさか妄想上の妹…」
迅「それはなーいー!実在してます!」

10.
飛「なんや迅夜のシスコンっぷりは分かったから、妹以外で幸せ感じる事教えてや」
迅「えー、何その意地悪い質問」
飛「しゃーないやろ、インタビュー聞いとる人が退屈したら悪いやろ?」
迅「退屈しないって!んー…幸せねぇ、小さいのでいい?」
飛「えぇんちゃう?」
迅「モンブラン食べてる時」
飛「小さッ」
迅「小さいって言ったじゃん!」
飛「小さい言うてももっとなんかあるやろ」
迅「だって幸せなんだもん!」

11.
飛「じゃあ次。今一番欲しい物…、妹とモンブラン以外で」
迅「ねー、その指定ってメモに書いてあるの?」
飛「わいが付け足した」
迅「付け足さなくて良いよっ」
飛「せやかて指定付けんかったら同じ事ばっか言うやないか」
迅「むー。じゃあお金ー」
飛「いきなり変わったな」
迅「だって大事じゃん?」
飛「なんや迅夜ってよぉ分からん人やなぁ」
迅「飛沫もよく分かんない人って言われない?」
飛「謎なのは格好えぇやん!」
迅「んじゃ俺も謎な人でいるー、おあいこ」

12.
飛「ほな、最後。一言なんか言ってや~」
迅「一言で良いの?」
飛「別に何言でも?そない言いたい事あるんか?」
迅「んー、妹とモンブランを馬鹿にしないでね?とか」
飛「根に持っとったんかい!」
迅「あと個人的にファミリアにすごい興味あるんだよねーとか」
飛「あー、精霊がどうとか言うとったもんなぁ」
迅「俺でも使えるのかなぁとか気になっちゃって」
飛「さぁ、どないやろ。こっちにはおらんのやろ?ファミリア」
迅「うん」
飛「………」
迅「………(笑顔)」
飛「もしかしてこっち来たいんか?」
迅「行きたーい」
飛「呼び方知らんもん、自力で来ぃや」
迅「えー!」


・このバトンを回す人を5人どうぞ。
 出来れば質問者、回答者を指定して下さい。コラボでもOK!むしろ推奨!
 (例:【うちの○○が○○さん宅の○○にインタビュー】)

こ、これ凄く迷うんですが、(そして既に迅夜が行く気満々なのが申し訳ないんですが(笑))
押しつけて大丈夫だろう!という判断の下、黒翔か迅夜が、慶次か草太くんにインタビュー。
で、お願いしますー!だから宛先を書けという(笑)

アキトさんバトン有難うございましたー!そして瑠璃さんも作って下さって有難うございました…!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saule495.blog82.fc2.com/tb.php/896-9379af02