「我が子バトン」 

サヨさん宅より頂いて参りましたー!
指定が一押しキャラとの事でしたので、誰にしようか悩んだ挙げ句、一押しで(←
そういや峻でバトンを答えるのは初めてだ。
キャラ口調が難しいので基本動かしてないのです、バトンとかナリ茶では。

軽くネタバレチックなの仕込んでありますので、苦手な方はご注意。


*ルール*
あなたのお子様(オリキャラ)を紹介していただくバトンです。
キャラを一人選んで、ご一緒にどうぞ。


■あなたとお子様の名前をどうぞ
柑「山里柑那ですー」
峻「…峻」
柑「機嫌悪そうだね(苦笑)」
峻「こういうのは苦手だ…」
柑「本名バラそうか?」
峻「(Σ?)あるのか?」
柑「さーどーでしょう(笑)」
峻「………」

 ※実は峻は記憶喪失とかだったりする(←Σ


■では読み方は?
柑「やまさと かんな ですぜ」
峻「シュン、…なぁ、1人で答えないか?」
柑「え、やだ」
峻「………(嫌そう)」

■名前の由来はありますか?
柑「山里は本名を弄って。柑那は、カンナってのが好きだったから」
峻「単純すぎる」
柑「好きなものを名前にして何が悪い…!」
峻「………(溜息)」
柑「ちなみに峻のは、………険しそうだった、から…?」
峻「なんで疑問系」
柑「初期設定だったしね、今じゃ性格が違ってて由来が当てはまらないのです、よ。シュンってのは何となくで、漢和辞典あさって漢字を当てはめました」
峻「後付けか」
柑「いつもの事です」

■お子様の外見をどうぞ
柑「肩過ぎくらいのストレートな蒼髪。流黄曰く、海と空の色が混じった髪、だそうです」
峻「昔の話だろ?」
柑「あとは身長175cmで細身。肩出しがポイントです」
峻「待て」

■では特技とかは?
柑「妄想トリップ」
峻「(……帰りたい)」
柑「峻は何かある?」
峻「なんで今更(作者が)聞くんだ」
柑「趣味特技はそう細かく設定してなかったもんで」
峻「…能力の殆どは使いこなせてないから特にない。あとは、計算よりは暗記が出来る」
柑「じゃあ女装は?(サヨさんとこのネタ)」
峻「無い(きっぱり)」

■趣味はありますか?
柑「妄想空創異世界トリップ、あとは書く読む歌う?」
峻「………(この作者から生まれたのか…)」
柑「はい、趣味は?」
峻「これ答えたらもう帰らせろ」
柑「ダメです」
峻「(溜息)…読書」

■ちなみにお年は?
柑「何気に10代ラストの歳」
峻「俺は22」
柑「あれ、自分から答えるなんて珍しい」
峻「早く終われ」
柑「質問増やすよ」
峻「頼むから止めてくれ…」

■そうなんですか。じゃあ誕生日とかは?
柑「はいどうぞ」
峻「8月21日」
柑「献血の日です」
峻「(Σ)」

■あ、もうすぐですね。
柑「あと4ヶ月ですねー」

■さて、もう少し広げて聞いてみましょう。
柑「はーい」
峻「もういい」
柑「大人しく最後まで答える答える!」

■お子様にお友達はいますか?
峻「友達………?」
柑「友達っていう観念はないかなぁ。仲間って事」
峻「あぁ…。流黄と閑祈」
柑「ΣΣオンリー?!」
峻「え?」
柑「他の子たちは?」
峻「あいつらは………契約相手?」
柑「それだけ聞くと激しく嫌な奴だよあなた…(苦笑)」
峻「だが全員大切な事には変わりない」
柑「おま…!」

 ※約束を交わした相手、程度に思っていただければ…(笑)


■お子様の職業は?
柑「無職」
峻「無職言うな」
柑「だってあれはお仕事ではないでしょ」
峻「……(黙る)」
柑「一応肩書きは、『Mistyという組織のリーダー』だそうで」

■そうなんだ。ちなみに収入はおいくらくらい?
峻「無い」
柑「やっぱ無職だよねー」
峻「違う」

■結構貰ってますね。ではお住まいは?
峻「だから貰ってない」
柑「せめてフリーター程度にはならないと生きてくのに困らない?」
峻「そうしたのはお前だろ」
柑「はい、じゃ、お住まいは?」
峻「……(言い返すのが嫌になった)。今は塔に住んでいる」
柑「まーた誤解を生みそうな発言を…」
峻「本編公開してないお前が何を言う」
柑「すみません…(遠い目)」

■ふーん。じゃあ近所には何かありますか?
峻「………海?」
柑「離島だもんねー。あとは木だね」

■いいとこ住んでますね。お母様(管理人さん)は?
柑「お母さん!/// ………なんでそんな嫌そうに見るの」
峻「………別に」
柑「親不孝者ー」
峻「激しくお前に言われたくない」
柑「む。 …あ、住んでるのは某国原さんが有名なとこですハイ」
峻「質問忘れてただろ…」

■そうなんですか。ではお子様に彼氏(彼女)はいますか?
柑「彼氏?」
峻「いない(即)」
柑「無自覚すぎて彼女もいないんだけどねー」
峻「何?」
柑「べーつにー」

■ほうほう。お付き合いは何年前から?
柑「8年前?11年前?」
峻「誰の事聞いてるんだ…」
柑「間取って9年半前って事にしとこっか」
峻「余計誰の事か分からないぞ」

 ※8年前に流黄、11年前に閑祈と出会っている


■そうなんだ~。で、どこまでいきました?
柑「どこまで行きました?」
峻「何がだ?」
柑「3Pで旅立ったって事にしておきますか(にこやか)」
峻「良からぬ事を発言してないかお前…?(←気付いてない)」

■まあ頑張って下さい。 さて、そろそろ終りですね。
柑「頑張って下さい」
峻「………(終わりたい)」

■お子様の夢(野望)はありますか?
峻「ゆ……め?」
柑「あー…うーんと、これから達成したい事とか、目標とか?」
峻「達成したい事………交わした約束を全て守りたい、とか」
柑「健気だねぇ」
峻「それが俺の存在理由だ」

 ※生きるという意志のため、能力暴走の楔とするため、色んな人と約束(これが契約の事)を交わしてます


■それは凄いですね。ではそれを叶えるために努力していることは?
柑「努力している事は?」
峻「生きている」
柑「そっか、そうだよね。うん、まだ未熟だけど立派になってくれたよ…(ほろり)」
峻「お前に泣かれる理由が分からない、元凶はお前だろう」
柑「あ、バレた?」

■へええ。じゃあ過去の方も聞いてみましょう。
柑「過去ねぇ…」
峻「俺は知らない」
柑「12歳以前の記憶がないんですけどね、そりゃもう、色々ありました」
峻「……色々………?」
柑「それ以降もまぁ、ごたごたはあるんですけども」
峻「思い出したくない」
柑「そりゃね」

■大変ですねぇ。それはまだあなたに何かしらの影響力をもっていますか?
峻「あるのか?」
柑「ありますねー。ホント、色々」
峻「またか」

■本当に大変ですねぇ。
柑「大変ですよ~」
峻「なんで楽しそうなんだ」
柑「だって……ねぇ~」

■最後の質問です。あなたはこれからお子様にどのような運命を背負わせるつもりですか?
柑「大丈夫、他のドロドロに比べたら全然楽だから!」
峻「何する気だ……?」
柑「過去と向き合って精算して貰うだけだと思うから多分きっと恐らく大丈夫」
峻「……………こいつ……」

■ありがとうございました。何か言いたいことはありますか?
柑「ここまで読んで下さって有り難うございました!無愛想な奴ですけど宜しくしてやって下さい^^」
峻「この作者をどうにかしてくれ」

■では回す人をどうぞ
「作者様より歳下な異性」、とだけキャラ指定して転がしておきますー☆



------------------------------------------------------------

峻は、疲れますね。下手な物言いすると返事しなくなるもんなので…
その分主人公ズ(遊、迅、ハル)はやっっっかましいから対談バトンは楽なんですよね。
3人の対談今度してみたいな。+αしないと確実に収集付かなくなりそうだけども。
ちょこちょことネタバレ仕込んでみました。
ちゃんと本編で解消したいです、えぇほんと。ちゃんとそう思ってます、よ!
無愛想ですけど、一押しという指定だったので引っ張り出してしまいました。
こう見えてイイ奴なんです、とかフォローしてみる。(笑)

コメント

なんか興味あったのでまたまた貰っていきます!
柑那ちゃんの日記は楽しくて大好きです^^

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saule495.blog82.fc2.com/tb.php/95-8b2f50c8